初めまして! 「よろず語り部 夢追人」です。

qwdfbn037.jpg
 クリスマス会に紙芝居慰問した西香川病院の傍、国市池にて...。





 初めまして!ボクのブログ、「よろず語り部 夢追人 絵本語り」にアクセスくださいまして、ありがとうございます!今後とも宜しくお願い申し上げます。

 最新記事は、★印のあるイベント告知記事の下にあります。お手数ですがスクロールしてください。もちろん、イベント告知の記事も要チェック!(告知記事は、イベント終了予定日の、未来の日付で表示されております。ご了承ください!)

  ☆印の記事は、「こんなことできたらい~な!」段階の告知です。実現に向け頑張りますので、宜しくご協力の程を!
           よろず語り部 夢追人拝



「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年8月改訂版

よろず語り部 夢追人 紙芝居寄贈プロジェクト 寄贈先一覧へ

よろず語り部 夢追人 facebook
『さぬきの国 紙芝居サミット』facebook


カテゴリー「さぬきの国 紙芝居サミット」
NEW「よろず語り部 夢追人」所蔵の紙芝居リスト
「ぶらり紙芝居屋 夢追人」訪問先=「ぶらりスポット」リスト


メディア出演・掲載関連記事へ

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年9月改訂版

w0005.jpg





 この度は紙芝居のおっさん、「よろず語り部 夢追人」に興味を持っていただいてありがとうございます!

 さて、今までと紙芝居上演のご依頼方法が変わりますので、詳細をここに書いて参りたいと思います。

 このところ、仕事(土木建築業社の社員)の方も忙しくなり、また、休日出勤の割合も増えて参りまして、イベントへの参加を事前にお約束したとしても、ドタキャンをせざるを得ない事態が出始めました。

 今後、下記の様なシステムに変わります。

 既に「よろず語り部 夢追人」に依頼したことのあるお方・お約束済みのお方であっても、改めて、改訂されたシステムに準じていただける様お願い申し上げます。

◉「よろず語り部 夢追人」は基本ボランティアです!

 これは今までと変わりませんが、ボランティアとは本来、依頼を受けてそれに応えるというものではなく、自分の意思で紙芝居を上演しに向かうというもの。

「ぶらり紙芝居屋 夢追人」がこれに当たります。

 このスタイルで活動、紙芝居を上演する場合は、訪問先との金銭の授受はございません!

 完全にボランティアです。

◉「読み聞かせ請負人 夢追人」について

 三野町図書館と仁尾町図書館にて、たまに待機している「読み聞かせ請負人 夢追人」は、図書館にご許可をいただいた状態で看板を掲示し、来館者からのリクエストに応じ紙芝居の上演、絵本の読み聞かせを行うもので、これもボランティア活動の一環であり、もちろん、リクエストいただいた方や図書館とのお金の遣り取りもございません。

◉イベントへの「よろず語り部 夢追人」への出演依頼について

 これは、ボク自身が進んで出演を希望する場合以外のお話。

 主催者さまより、交通実費と任意で謝礼金をお申し受けいたします。

 *注 市販の紙芝居を使用につき、紙芝居の上演代という名目ではお金をいただけません!

 交通費については、遠方の場合は高速代(軽自動車)も含み、駐車場代・ガソリン代などを鑑みて、不足のない様にご用意下さい。

 高速のICは、高松・徳島方面へは「三豊鳥坂インター」からの往復。

       松山・高知方面へは「さぬき豊中インター」からの往復でご試算下さい。

 *あくまで非営利という立場を貫いておりますので、こちらから金額を提示することはありません!常識の範囲で、任意にて金額をご設定いただけると幸いです。

 *いただいた交通費・謝礼金は一切自分のポケットに入れず、一度専用の口座に入金。その後、紙芝居の購入、舞台などの購入などに充てさせていただきます。

 *領収書を発行いたします。

 ★投げ銭制の導入

 主催者が十分な交通費がご用意できないとお困りの場合、あるいは、フリーマーケットなどでの紙芝居上演の場合、投げ銭制をお願いすることがございます。

 観客に任意で投げ銭をしていただくのですが、自転車の側に投げ銭箱(アルマイトのお弁当箱)を置くだけで、こちらから呼びかけたり、投げ銭箱を回覧したりすることはございません!

 さて、一番の問題点。

 イベントへの参加の確約についてですが...。

 これは現状、どんなイベント・イベント主催者が相手であっても、「身体が空いていたら喜んで!運がよければお伺いできます。ドタキャンを覚悟でよければお受けいたします。」としか、申し上げられません!


 実際にキャンセルせざるを得なかった実例が過去にございます!

 現状、日曜日のみの活動になります。

 *注 土曜日・祝日は出勤の現場に配属されました。

 しかも、日曜日も急な休日出勤の可能性があるため、土曜日の夕方にならないと、仕事のスケジュールが決まらない...。(涙)

 本当に申し訳ないとは思うのですが、家族を養って行くため、また、会社員としての立場上これは致し方ない!

 「確約を得られない様であれば、依頼はしない!」というイベント主さまには、「申し訳ないです!」としかお答えできかねます。

 悪しからずご了承下さい!

 ボクはプロの紙芝居師ではなく、あくまで非営利で演じている趣味の紙芝居のおっさんです。

 そこのところはご理解いただける様、宜しくお願い申し上げます。

                  よろず語り部 夢追人拝

備忘録 今年一杯編

◉9月分

済★3日 仕事の資格の国家試験

済★10日 次女の文化祭

  17日

  24日

◉10月分

  1日

  8日

済☆15日 仏生山大名行列「仏生山まちいち」で紙芝居

  22日

  29日

◉11月

  5日

  12日

  19日

  26日

◉12月

  3日

  10日

  17日

  24日

  30日

 ★31日 仕事の先輩の実家の「年越し蕎麦の集い」に参加

                            以上


*確定したイベントは★印になります。

 詳しくはイベント毎の告知記事で!

                     よろず語り部 夢追人拝

10月15日 「仏生山大名行列」の「仏生山まちいち」で3年目の紙芝居

_DSC0089 のコピー
 今回の実演場所 旧高尾ふとん店さん!





 随分前からの雨予報のお陰で、稲刈りは前倒しで終了。

 ということで、今回も「仏生山大名行列」での「仏生山まちいち」で、紙芝居を無事上演することができた!

 しか〜し、当然の雨模様。

 しかも、一日中...。(涙)

 紙芝居は文字通り紙なので、濡れたらアウト!

 小雨決行とは覚悟してたけれど、これほど降るとは...。

 で、昨夜急遽、「児童デイサービス・かみふうせん」さんと、「仏生山まちいち」のスタッフさんにお願いして、駐車場に駐めた車のトランクドアを屋根にした紙芝居上演と、どこかの軒先での実演場所の検討をご依頼した。

_DSC0006 のコピー
 今年もお世話になりました!「児童デイサービス・かみふうせん」さん




 「かみふうせん」さんからはすぐにOKのメッセージをいただいたので、今回も車両通行止めになる前、午前中の上演をお願いした。

 車で仏生山に到着したが、「あれ?今日大名行列だよね?」ってくらい閑散としてて、ちょっと不安になった。

 11時過ぎに「かみふうせん」さんでの上演開始!

 開始早々、一組の母子が観てくれたものの、全然人だかりができない。

 皆、雨を嫌って足早に通り過ぎて行く。

 「かみふうせん」のスタッフさんが雨の中熱心に観て下さり、写真を撮って下さっているのを心の支えに、”晴れやかな雰囲気の紙芝居”を心がけ、実演を続けた。

本日のお題(かみふうせん) 「アンパンマンとおむすびまん」「おむすびころりん」「ジュリーちゃんとミス香川物語」(香川県親善人形の会制作)「えんこうのつかい」(市原麟一郎さん採話の土佐民話紙芝居)「さぎとり」「アンパンマンとおばけさわぎ」「おむすびくん」「稲むらの火」(鎌倉の町田さんからの寄贈作品) 順不同

 「かみふうせん」さん、初回の母子さんよりそれぞれ、お菓子の差し入れをいただく。

 ありがとうございました!合間でしっかりお腹に入れましたよ。(笑)

 今回で3年目の「仏生山大名行列」での紙芝居。

 「児童デイサービス・かみふうせん」さんには三度とも午前中の上演場所をご提供いただいております!

 いつも本当にありがとうございます。

 また、ご縁がありましたら、是非!

                    よろず語り部 夢追人拝


 で、いよいよ車両通行止めにして、「仏生山大名行列」に備えるので、「仏生山まちいち」のスタッフさんが探して下さった実演場所、旧高尾ふとん店さんに移動。

 ご挨拶申し上げると、気前よく駐車場もお借りすることができ、雨の中での紙芝居道具の運搬も楽だった。

 その上、お店の土間スペースを空けていただき、バックが寂しいでしょうからと金屏風のセットまで...。

 いや〜、至れり尽くせりで、本当にありとうございました!

 どう?この雰囲気!(写真を参照)

 生憎の雨で、仏生山の人々、スタッフの皆さん、出店者の皆さん、行列参加者の皆さんにとっては散々な1日だったかも知れませんが...。

 「災い転じて福となす」(?)

 ボクには逆にラッキーな出会いだった様に思います。

 雨降らんかったら、こんな豪華な条件で紙芝居をすることはできなかったよね?

 町家の中で金屏風バック、しかも、この椅子...。

 雰囲気バッチリやん!

 何より、四代目高尾さんがしっかり観て下さったのも嬉しかった。

 *注 実際は公務員のお方だそうですが、今回はふとんの端切れをとってもお安く提供されてました。しかも、売れたお金は緑化の活動にご寄付されるそう!

本日のお題(旧高尾ふとん店) 「いわざら こざら」・「仏生山とソーメン」(仏生山オリジナル紙芝居 絵・池原昭治さん)四回づつ 「あかんぼばあさん」「花咲き山」

RIMG0006 のコピー _DSC0032 のコピー RIMG0027 のコピー RIMG0022 のコピー
                 各写真 クリックで拡大表示



 途中、大名行列が通過したのだが...。

 昨年、お姫様役で登場した地元香川出身の女優、木内晶子さんが今年はお殿様役とのことで、馬に乗って来られるものと思いカメラを構えていたのだが、雨によりまさかの徒歩で通過、思わず撮り逃がしそうになったわい!

 この雨の中、しっかりカメラ目線、皆に笑顔で手を振っておられた。

 流石、女優!

 でも、殿様役だけに男らしい(?)濃いめのメイクで、折角の美貌が...。(涙)

 また、ケーブルテレビと思しきロケ隊もやって来て、紙芝居の実演、そして四代目さんへのインタビューも...。

 これ、前々回インタビューを受けた、”あれ”かな?

 その内、ネットで視られる?

 雨もひどくなって来たし、大名行列も過ぎて客足も遠のいて来た、喉もちょっと痛かったので、今日はこの辺で撤収。

 旧高尾ふとん店、高尾さま、最高の”場”をご提供いただき、こころよりありがとうございました!

 また、機会があったら是非、宜しくお願い申し上げます!

                    よろず語り部 夢追人拝

追伸 で、「仏生山まちいち」本部席に池原さんの紙芝居をお返しに行ったら、「NPO法人子育てネットひまわり」の有澤さんからパンの差し入れ...。

 今回は随分食べ物づいてるな〜!
  
本日の投げ銭 1000円也!
 
_DSC0139 のコピー 2

10月9日 うたづ臨海公園「海ホタル」でバニラさんと、紙芝居セッション!

RIMG0431 のコピー RIMG0429 のコピー RIMG0463 のコピー
                           下段の写真はクリックで拡大表示





 ようやく、バニラさんオリジナル紙芝居・「いつまでも なかよし 〜しりとりあそびの巻〜」の完成品をお渡しすることができた!

 本当は昨日、喫茶「アレスト」での「弦遊倶楽部」に参加してるバニラさんに届けるはずだったのだけど、カフェ・カンパーニュに忘れちゃって...。(苦笑)

 本日はバニラさんの「サンセットライブ」の日!

 コラボ参加ありのライブなんで、「ボクもジョイント紙芝居を申し出よう!」ってことで...。

 今回のセッション実演を最後に、この作品はバニラさん本人にお返しし、作者ご本人による実演スタイルに移行する予定。

 もう既に第二目も完成しており、バニラさんの頭の中には、三作目のプランもでき上がっているとのこと...。

 紙芝居の活動縮小移行中のボクよりも、彼が自分自身で演じた方がいいだろうということで、意見が一致したのだ!

 ところで、この紙芝居、喫茶「アレスト」のフリーライブで二度参加者の前で完成お披露目をした以外は、まだ、子供たちの前で実演していない。

 ということで、今回が本当の意味の初お披露目!

本日のお題 植村バニラオリジナル紙芝居「いつまでも ともだち 〜しりとりあそびの巻〜」 

 少ないながらも客席には、ちびっ子の姿が...。

 まずはバニラさんの弾き語りで、紙芝居をヒューチャーして作られた、オリジナルソング「壊れたカーニバル」。

 そして、ボクが拍子木を打ち鳴らし、口上を述べた。

 さて、紙芝居「いつまでも なかよし 〜しりとりあそびの巻〜」の始まり始まり〜!

 久しぶりに演ったけれど、いい感じにできたんじゃないかな?

 バックにはバニラさんのまったりしたエレキのBGM...。

 ちびっ子も拍手してくれ、無事最終セッションを終えた。

 バニラさん、ありがとう!

 バニラさんが入院中にアップしてたイラストを見て、「紙芝居にしてみたら?」というお気軽で超適当な(?)提案を受け止め、きちんと作品に仕上げてくれて...。

 でも、本当によかった!

 作ることを楽しんでくれたみたいだし、まさか三作もできるなんて...。

 そして、一番驚いたのはご本人が上演する気になってくれたこと!

 来年の『さぬきの国 紙芝居サミット』では、見学者でも伴奏者でもなく、出演者として、紙芝居作家・演じ手の一人としてご参加下さい!

                    よろず語り部 夢追人拝

☆10月15日 「仏生山大名行列」の「仏生山まちいち」で「投げ銭紙芝居屋 夢追人」

_DSC0055.jpg
 実演場所はここになるか分かりません!




 確約はできないのだけれど、今年も「仏生山大名行列」の「仏生山まちいち」の実行委員会さんから、紙芝居のオファーを受けている。

 仕事上の”何か”がない限り、ボクは喜んでお伺いするつもりだ!

 三年目の仏生山、今年はどうなることやら。

 ☆「仏生山大名行列」での「仏生山まちいち」

 10月15日 13時〜(車両通行止め)

 大名行列が目の前を通過している時は、紙芝居はお休みです!

 *雨天中止(紙芝居)

 午前中からお伺いできる時は、児童デイサービスの「かみふうせん」さんの駐車場をお借りし、先行上演するかも知れません。

 池原昭治さん作画の仏生山オリジナル紙芝居、「いわざらこざら」と「仏生山とソーメン」今年も演れるかな?

 久しぶりのビックイベントでの紙芝居!

 お会いできるのを楽しみにしております。

                    よろず語り部 夢追人拝

9月24日 楽校の宿「あるせ」の「山茶カフェ」で1年ぶりに紙芝居

RIMG0037 のコピー RIMG0039 のコピー
 このお方が宿泊担当の時は、この階段に座って紙芝居の実演が観られるかも?





 いつ以来なんだろう?随分と有瀬にはお伺いできていない...。

 本日、やっと行くことができた!

 でも、ご存知の通り、最近ボクは紙芝居への情熱が少し冷めているので、敢えて紙芝居自転車もなにも持って行かなかった。

 行って演じる気になったら、その時は「あるせ」の紙芝居を借りればいい!

 舞台や拍子木はボクが寄贈したのがあるし、二階の図書室には、ボクがいただいた作品以外にまだ紙芝居が沢山残っている。

 たまにはそれらもお披露目してあげないと!

 ボクはそう思って、本当に手ぶらで有瀬を訪ねたのだった。

 何故なら、車のトランクには別の遊びの道具一式がぎっしり積んであったからだ!

 その詳細は下記リンクより。(笑)

「さすらいの木登り人」facebook

で、無事初◯◯を終え、イベント開始ちょっと前に宿に到着。

 本日は月に一度の「山茶カフェ」開催の日。

 で、演って来ましたよ!ちゃんと...。

本日のお題 「たべられたやまんば」「くわず女房」

 残念ながら、図書室の紙芝居までは演じられなかったけれど...。

 「たべられた」は、数組の一般来場者相手に!

 「くわず」は、土佐町からマイクロバスでお越しの、視察の団体さん相手に!

 子供の姿は全くなかったけれど、皆さん熱心に観ていただきました。

 そして、今回最も嬉しかったのが、上の写真のお方。

 「ボクが担当の日は、お風呂前後の子供たち相手に紙芝居を演ってます!」

 「マジか〜!」

 それって、ボクがそうなって欲しいと願って、古い紙芝居をいただく代わりに逆に寄贈した、前述の二作の紙芝居と舞台の正当な使い道...。

 ありがとうございます!

 よかった〜!使っていただけて...。

 宿の方が紙芝居を披露するパターンと、宿泊した親子連れが自ら自演するパターンを夢想しておりましたが、宿の方が頑張って下さって、ボクの思った通りの展開になってます。

 後は、他のスタッフの方がそれに続いて下されば、もっと嬉しい!

 どのタイミングに泊まっても、紙芝居を観ることができる様に...。

 有瀬地区には独自の”やまんば伝説”があって、そのお話と並行して紙芝居を演じてくれたらいいな〜!と、この二作を選んだのだ。

 決して上手くなくっていいと思う!

 地元有瀬のじいばあが、普段通りの言葉で語ってくれれば...。

 皆、ナイスなキャラだから、きっと味のある実演になる。

 「あるせ」名物になると思うよ!

 途中、お茶やコーヒーの差し入れをいただき、大変恐縮...。

 しかも、団体さんが帰ってからと、自分で購入の予定だった窯焼きピザまでいただいてしまう始末。

 「いや、ボクもお客さんとして、ちゃんと払わせて欲しい!」

 代わりに「茶飯のおにぎりセット」を食べた。

 有瀬産のお茶を使ったおむすびは無論美味しかったが、そば米汁がとても嬉しかった!

 ちょっと肌寒かったし、汁物は身体だけじゃなく、こころも温まるね?

 「いい出汁で、とても美味しかったです!」
 
 またその内、お伺いできると思います。

 ありがとうございました!

                    よろず語り部 夢追人拝
 
RIMG0050 のコピー RIMG0053 のコピー

心を亡くすと書いて忘れるだけれど...

_DSC0003_20170312214311c00.jpg
 もう、随分と「ぶらり紙芝居屋 夢追人」を行っていない。





既に皆さんお気付きのこととは思うけれど、ボクは最近、紙芝居への情熱を忘れている!

 以前はどんなに仕事が忙しくても、日曜に時間が取れれば色々な場所に「ぶらり紙芝居屋」として実演に行っていた。

 一週おき、あるいはほぼ毎週、ボクは紙芝居を演れる場を求めて右往左往していた。

 しかし、今、ボクは紙芝居を演じたいという気持ちになれずにいる!

 依頼があれば対応するけれど、自ら積極的に実演の場を設けてはいない。

 三野町図書館で「読み聞かせ請負人」として依頼を待ち、頼まれたら演じるくらいのテンションだ。

 このブログや、 FBの更新もおろそかになっているし、他の紙芝居師の活動をサイトへ訪問する機会も減って来ている。

 「ボクはこのまま、紙芝居を止めてしまうのだろうか?」

 幼少の頃から親しみ、人生において大きなウエイトを占めていたはずの釣りも、ここ数年、ほとんど行っていない!

 行きたい気持ちがない訳ではないが、何故かこころがそっちに向かないのである。

 「でも、ボクは紙芝居を続けたい!」

 折角、300作以上の作品を集め、色々な実演場所を開拓し、色々な人と知り合った。

 繋がった紙芝居師も増えて来たし、イベントに呼んで下さる機会も増えて来た。

 それを無駄にはしたくない!

 しかし、仕事で思う様に時間が取れなくなり、休日のイベントもキャンセルせざるを得ないことが出始めたし、体力的にも気力的にもきつくなって来た。

 そして、もう一つの大きな要因としては、長女・次女と続いて県外に進学しそうなことである。

 経済的に余裕がなくなることは、ボランティア活動をする上で大きな負担になって来るだろう!

 例え、謝礼金をいただいたイベントだとしても、それは交通費+αくらいにしかならない。

 紙芝居はあくまで身銭を切った、”趣味”なのである!

 これから、実演の機会はますます少なくなるだろう。

 その中で、ボクは紙芝居への情熱を無くさずにいられるのか?

 心を亡くさずにいられるのか?

 今まで応援して下さった皆様に、胸を張って、

 「紙芝居を忘れてないよ!」

 ボクはそう言えるだろうか?

 記事の更新は本当に少なくなるだろうけれど...。

 「よろず語り部 夢追人」の今後の活動を、これからも長〜く見守ってやって下さい!

 宜しくお願い申し上げます!

                   よろず語り部 夢追人拝

9月10日 紙芝居作家・バニラ氏、第二作目とオリジナルソング「こわれたカーニバル」を

2017091014370000.jpg _KAZ2636.jpg
 新作をチラ見せするバニラさんと、前作「いつまでも なかよし しりとりあそびの巻」。




 昨年、入院中だったバニラさんは、ベットの上でイラストを描いていた。

 それを彼のFBで見た時、ボクは「紙芝居にしてくれないかな?」と直感で思った。

 彼とは、フリーライブで何度か顔を合わせたことがある程度、知り合いというにもまだ早いくらいの関係。

 で、退院した彼が、フリーライブの舞台に復帰した際、改めて「紙芝居にしてみませんか?」と声をかけたのだった。

 彼は二つ返事で引き受けてくれ、間もなく第一作が完成した。

 そして、また新しい作品が...。

 本当は預かって帰るつもりだったのだけれど、今は仕事が立て込んでいる時期、しかもまだ残暑の名残がある。

 今回も水彩絵具での作品なので、汗を落とすとかなりやばい!

 年明けまで、保留にしていただくことをお願いした。

 ということで、皆様にお披露目できるのは、まだまだ先のお話。

 バニラさん、紙芝居制作をとっても楽しみにしてくれている様で、音楽活動と共に、生き甲斐の一つにして下さった様だ!

 そして、演じる方にも少し興味を持っていただけた様で、”紙芝居を演じる人間にリスペクトを...”的なオリジナルソング、「こわれたカーニバル」をフリーライブにてご披露!

 来年の『さぬきの国 紙芝居サミット』では、是非、一緒に舞台に立ち、彼の新作とこのオリジナルソングを唄いたいそうだ。

 さあ、中々盛り上がって来ました!

 今後どういう展開をしていくのでしょうか?

 皆様、第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』をお楽しみに!

                     よろず語り部 夢追人拝

2017091014380000.jpg
 オリジナルソング「こわれたカーニバル」を唄うバニラさん。

9月10日 ◯◯高校文化祭にて、放送部主催の「アフレコ体験」を今年も!

2017091318210000.jpg
 写真は全く関係のない、本日の夕景。(9月13日)





 ちょっと前になるのだけれど...。

 今年も、次女の通っている◯◯高校の文化祭に行って来た。

 次女は生徒会活動が忙しく、会っても相手にして貰えないので、もっぱらの楽しみは、昨年も体験した放送部の「アフレコ体験」!(次女は全く別の部)

 放送部の教室に入ると、既に何組かの生徒たちがアフレコ体験ブースに...。

 ボクは黒板に掲示された今年のメニューをチェック。

 これまた去年演った「千と千尋の神隠し」以外は、全く観ていない作品ばかり...。

 *注 夢追人家にテレビはない!(本当)

 「君の名は」の主人公とか、「妖怪ウォッチ」とか全然分からないし、キャラクター設定に想像がつかない。

 「また今年も『千と...』か〜?」と考え込んでいると、放送部顧問の先生が...。

 「去年も来て下さいましたよね?今年もやりますよね?」って...。

 顔覚えられてるよ...。

 「いや〜、去年やったの以外全く知らないんで...。今年はやらんよ!」

 その後、演劇部の劇が始まる時間になってしまったので、まずはそちらへ...。

 ここではその話を書かないけど、結構頑張って演ってたと思う。

 さて、一時間の舞台観劇を終え、再び放送部の教室へ!

 「やっぱ、今年はやめとくかな〜?」と思いながらしばし佇んでいたら、黒板の隅に、

 「お一人の方は、放送部員をご指名下さい!相手役をさせていただきます。」

的な書き込みが...。

 「やろう、女子高生と共演じゃ!」

ということで、顧問の先生にお願いし、「千と千尋の神隠し」のアフレコ体験をすることに。

 もちろん、千(千尋)は女子放送部員にお願いし、ボクは湯婆婆役を!

 昨年はやる気満々だったので、もの凄くガチでやったのだけど、今年はちょっとテンション低め。

 お陰でセリフの出が遅くて、タイミングが合っていなかった。

 折角、女子が相手役をして下さったのに、残念!

 でも、顧問の先生より、「流石!」のお褒めのお言葉をいただきました。

 共演の女子も、周りも皆笑顔!

 どうも、日曜日は終了が13時だったらしく、ボクが最後の体験者ということに...。

 「最後を締めていただきました!」と顧問の先生。

 来年は次女も三年生で受験生。

 三年生は文化祭に参加できない学校なので、ボクも行かないと思うけれど...。

 娘とは関係なしに、放送部主催の「アフレコ体験」だけのために、行っとこうかな〜?

 皆様、お世話になりました!

                     よろず語り部 夢追人拝

9月3日 三野町図書館で「読み聞かせ請負人 夢追人」は会社の作業着姿で

2017090318070000 のコピー
 燧灘の夕日





 本日は仕事の資格の国家試験で、午後から善通寺で重機の実地試験。

 昨夜は遅くまで「よろず歌唄い 夢追人」で出かけていたので、朝はゆっくりまったりとしてるはずだったのだけど...。

 試験を前に落ち着かないよね?

 で、さっさと作業着に着替えて三野町図書館へ!

 今回、初の仕事着での「読み聞かせ請負人」。

 その後、兄弟?姉妹?親戚?

 そこそこの人数の子供のグループがご入館!

 しばし依頼への躊躇い等を経て、やっとこさリクエストが...。

本日のお題 「ザリガニつり」

 読み始めた途端、ボクの声色に対しての笑い声がひっきりなしに...。

 いや!そこは笑かすために変に声色使ってない!

 ただ、父子の会話をリアルに表現してるだけ。

 でも...。

 最近、図書館で見る限り、親子の会話は物凄く淡々と行われていて、ボクほど臨場感たっぷりに、感情を入れてセリフを読むと違和感があるご時世に突入しているのかも知れない。

 笑わそうとちっとでも思ってないシーンで、変な笑いが起こるると、こっちも違和感があるよね?

 紙芝居も読み聞かせも難しい!

 リアルってなんなんだろう?

                    よろず語り部 夢追人拝

備忘録 夏一杯まで!

◉5月分

済★7日 第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』

済☆14日 讃岐源之丞保存会さんの公演の撮影(午前中)

済☆14日 喫茶アレスト「弦遊倶楽部」でバニラさんオリジナル紙芝居お披露目(午後)

済☆21日 地元小学校運動会

済☆28日 吹奏楽団WEST定期公演観覧


◉6月分


 ☆4日

済☆11日 総本山善通寺「弘法大師御誕生会」で投げ銭紙芝居屋

済★18日 仕事の資格試験

 ☆25日


◉7月分


済★2日 「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」チャレンジ部門参戦

 ☆9日

 ☆16日

 ☆23日

済☆30日 豊中町桑山「帰来昭和会」さんの納涼会にて紙芝居(四回め)


◉8月分


 ☆6日

 ☆13日

済☆19日 観音寺市大畑自治会「夏祭り」で紙芝居

 ☆20日

×☆27日 全国紙芝居まつり 長野大会参加(?)


                         以上



*確定したイベントは★印になります。

 詳しくはイベント毎の告知記事で!

                     よろず語り部 夢追人拝

8月27日 三野町図書館で「読み聞かせ請負人 夢追人」はホームラン!

RIMG0705 のコピー
「陸上自衛隊第14音楽隊 三豊市サマーコンサート」で、歌姫・緒方さんに贈ったバラの花束





 本日、朝7時より、地元小学校の奉仕活動で草刈り!

 その後、チビの修学旅行説明会。

 で、何とかスタート前に駆けつけた「三豊発!!さぬき軽トラ市」の「ヘタッピー楽団」さんのライブ観覧。

 午後は、マーガレットホールで「陸上自衛隊第14音楽隊 三豊市サマーコンサート」の観覧。

 本日のメインエベントが済んだところで、やっと紙芝居の時間です!

 三野町図書館に着くと、既に沢山のちびっ子の姿が...。

 一組の兄妹が紙芝居に興味を持ってくれ、またまた図書館スタッフの T さんがトスを上げて下さった!

 「あのおじさんに『読んで!』って持ってくと、読んでくれるよ!」って...。

本日のお題 「アンパンマンとごりらまん」「ニョキニョキおばけ」「ぼくは」(絵本)「ぞうさんのおとしあな」(絵本)

 途中、この兄妹のお友達の母子も来館して、子供たちのテンションも上がり、ボクは「おばけ物」をディスプレー。

 もちろん、すぐに食いついてくれた。

 「さて、あんまり一編に読んでも、他の来館者に迷惑だし...。」と、次をディスプレーせずに空けといたのだが...。

 ボクが漫画を読んでるテーブルまで絵本を持って来て、「読んで!」って...。

 「もう既に、システムを理解している?」ちびっ子は習得が早いな〜!

 で、久々におでこもくっつかんばかりの距離で、絵本2冊を読み聞かせ。

 3歳くらいのチビに、絵本を読んでやってた頃を思い出す。

 この距離感こそが、絵本の読み聞かせの醍醐味。

 紙芝居とはまた違った味わいですな〜。

 頼んでくれた子たち、ありがとうね〜!

                   よろず語り部 夢追人拝

8月19日 観音寺市大畑自治会の夏祭りで紙芝居(二回目)

_DSC0002 のコピー
 照明を当てて貰って、頭にはヘッドランプ!





 大畑自治会の世話役の方から、随分前にお話をいただいてたのだけど...。

 現場が忙しくて、出演を確約できなかった!

 盆明けの土曜日は出勤日。

 残業にならないことだけを願って、出勤時に紙芝居自転車と道具一式、法被などを積み込んで出発!

 ありがたいことに仕事は定時に終了。

 現場事務所でクールダウンしている先輩方を尻目に、いそいそと帰り支度。

 会社に戻り、車の陰でまっぱになって着替えも終了。

 自分の車に乗り換え、法被姿でタイムカードを押す!

 「今、その格好でなくても...。」と言われたけど...。

 「いや、現地に着いてからでは着替えるところがないきん!」

 そう答えたけど、それもあるが、既に気持ちは紙芝居のおっさんに切り替わっていて、テンションが上がってるんだよ!

 挨拶もそこそこに、大畑自治会場に向け出発。

 中略

 着くと既に尽誠学園高校の和太鼓演奏が始まっていた。

 去年も共演したのだけれど、この一年合わなかったのに、女の子何人かの顔を覚えていた。

 いや〜、いい顔つきで夢中で太鼓を叩いているから、印象に残ってたんだろうな?

 今回もいい笑顔を見せてくれました。

 最後に子供たちや地元の方を交え、太鼓を叩く体験があったのだけど、その間に自転車をセッティング。

 挨拶の時に邪魔になってしまい、申し訳ない!

 さて、いよいよボクの出番。

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「きつねの盆踊り」「くもの糸」「夏のおもてなし」

 結果から言うと、今回はかなり滑り気味。

 空回りしちゃってた。(涙)

 子供たちの後ろに、おばあちゃん連中が座ってらしたので、つい、「きつねの盆踊り」を選んだのだけど、ちびっ子には難し過ぎたみたいで...。

 波が引いていくのがよく分かった!(苦笑)

 で、本当は「小僧さんの地獄めぐり」を演るはずだったのだけど、これも長いし難しいかな?と思い、「くもの糸」をチョイス。

 しかし、これも裏目に出た様な...。

 ブルーシート席の子供たちがほとんどいなくなったし、その後ろのおばあちゃんたちも気もそぞろなので、早めに引き上げようと思ったのだが...。

 後の進行もあるので、進行役の方から、「もう一作!」の声がかかった。

 「いや〜!これほど苦しい実演は中々ない。テレビで滑ってる若手芸人の心境。」

 苦し紛れに「夏のおもてなし」を選んだが、何人観ててくれてたことやら...。

 冷や汗もんで、舞台を降りた。

 「 T さん、申し訳ない!今回は子供たちの盛り上げ役を全うできなかった。」

 「来年もお願いします。」と言って下さったが、リベンジを果たすことができるだろうか?

 さて、その後の「さぬき踊らんな連」さんの舞台は、写真でお楽しみ下さい!


RIMG0439 のコピー RIMG0446 のコピー RIMG0449 のコピー RIMG0455 のコピー RIMG0478 のコピー RIMG0486 のコピー RIMG0495 のコピー _DSC0090 のコピー _DSC0100 のコピー _DSC0119 のコピー RIMG0505 のコピー _DSC0104 のコピー
 尽誠学園高校の和太鼓と観音寺市の「さぬき踊らんな連」さん クリックで拡大表示

 ボクも連の男衆に引っ張り出されて、踊りに加わってはいたのだけど、写真を撮りたかったので、踊りに併せて移動しつつ輪に加わっていた。

 地元の方を交えての総踊り(?)の時は盛り上がっていたね〜!

 ボクは新築の家の足場を拝借して、上から写真を撮らせていただきました。

 ボクは踊る阿呆ではなく、元々撮る阿呆ですから!(笑)

 うどん、お好み焼き、飲み物...。

 差し入れも一杯ありがとうございました!

 来年、もし、またお声がけいただけたら...。

 今度は、子供に焦点を絞って、きっちり盛り上げますんで、今後とも宜しくお願い申し上げます!

                    よろず語り部 夢追人拝

_DSC0027 のコピー
 舞台を引っこ抜いて、客席に乱入!「くもの糸」

8月14日 会社の先輩の実家のBBQで紙芝居

RIMG0405 のコピー




 「◯◯、明日空いとんか?」

 「え〜、午前中に家族で墓参りツアーするぐらいじゃけど。」

 「実家でBBQするんじゃけど、お前、来るか?」

 「まあ、この前世話になっとるきん、行けたら行くけど...。」

という遣り取りがあったのが、昨日の夕方。

 で、行って参りました!先輩の実家。

 ここはいつも年末に「年越し蕎麦の集い」をやっていて、毎年呼んでいただいている。

 もちろん、持って行きました!紙芝居...。

 で、もちろん、演って参りました!

本日のお題 「金色夜叉」「続金色夜叉」「夏のおもてなし」

 先輩のお孫さん達がいるのは想定内だけど、このお家は常にいろいろな訪問客がいらしゃるので、今回は敢えて大人用の紙芝居、しかも新作「金色夜叉」を投入!

 まあ、メインのお客さんは先輩であり、そのご両親だと思ってるので...。

 ちびっ子達、今回はお子様用なしでゴメンね。

 何と今回は、結婚を控えた親戚筋のカップルと新郎のお父さんがいらっしゃって...。

 いきなり始まった紙芝居にびっくりしながらも、喜んでいただけたみたいです。

 次は年末、「年越し蕎麦の集い」で!

 また、お世話になります。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

                      よろず語り部 夢追人拝

図書館考

 「図書館て、いつから受験勉強する場所になったんだろう?」



 前々から疑問に思っていたんだけれど...。

 図書館内のテーブル席って、いつから勉強場所になってしまったのだろう?

 そりゃ〜、確かに館内の本を調べたり、参考書を借りることもあるだろう。

 でも、勉強道具一式を持ち込んで、受験勉強やテスト勉強をするのが当たり前になってる!

 いや、してはいけないと言っている訳じゃない。

 でも、”勉強のため”という大義名分を味方につけて、やりたい放題という風にお見受けできるし、スタッフを含め、周りが必要以上に気を遣って、腫れ物を触る様に扱うのもどうかとボクは思う!

 彼らは本を読みに来ているのではなく、勉強場所として図書館を二次利用しているに過ぎない。

 特別扱いをする必要はないのではないか?

 住宅事情的な理由、家庭の状態、冷房のあるなしなど、家庭が勉強に適さない場合もあるだろうが、本来、図書館は勉強のためにあるスペースではないはずだ。

 読み聞かせなどをしている場合に、

 「勉強をしている学生もいますので...。」という文言をよく聞くけど、

 逆に言えば、ここは公共のスペースなので多少物音がするのは仕方がないことだ!

 静かに勉強を集中してしたければ、個人の空間でやればいい!

 以前、ある図書館で、新聞を読んでいる人からクレームが出て、館内で「おはなし会」ができなくなった話を書いたが、

 静かに新聞を読みたければ、自分で購入して家で読めばいい!

 「公共の場所なのだから静かにしろ!」という論理が通るのであれば、

 「公共の場所なのだから、多少の雑音は仕方がない。静かな空間が欲しければ、個人でどうにかしろ!」という論理も成り立つ。

 特に小さな子供が来館している時には、保護者がどんなに頑張っていても、少しは騒がしくなるものだ。

 *注 親が少しも注意せず、”放し飼い”状態であるとすれば、話は別。

 それに目くじらを立てて、「静かにしろ!」と怒る人もいるが、ボクは言ってやりたい。

 「子供はそんな生き物だ!静かなところで読みたければ、借りて帰ればいい。ここはあなたの書斎ではない。」

 話は変わるが、先日、とある町の図書館に立ち寄った。

 最近(とは言っても築3年くらい?)建ったところの図書館で、ガラス張りの「おはなし部屋」がある。

 「わ〜、これは凄い!ここなら思いっ切り紙芝居ができるな〜。」

 そう思って上を見上げたら、天井は吹き抜け。

 音は筒抜け...。

 折角お金をかけてガラス張りにしても、防音ガラスではないし、天井も筒抜け...。

 見かけ倒しでもったいない!

 どこの図書館だって、一般の保護者の読み聞かせにせよ、「おはなし会」にせよ、騒音問題は無縁ではないはず。

 折角「おはなし部屋」を設えるのであれば、防音設備にも気を遣って欲しいものだ!

 或いは、学習室を別に作るか、閲覧室を別に作るか...。

 もちろん、予算の都合もあるだろうけれど...。

 自分の紙芝居実演に限らず、読み聞かせボランティアさんの「おはなし会」でも、一般の保護者による読み聞かせでも、読んでる側が肩身の狭い思いをせねばならない状態はなんとかして欲しい!

 もちろん、子供達が騒ぎたい放題、読み手が声を張り放題がいいと言っている訳じゃない!

 でも、本当の静けさを求めるのであれば、個人でなんとかするべきだとボクは思う。

 ボクたちは、受験生を抱えた親ではない!

 どうして、腫れ物に触る様にあなたたちを扱わねばならないのか?

 ここは公共スペースですよ!

 天下の往来となんら変わりない。

 必要以上にうるさくしてはいけないけれど、必要以上に静かにする必要もないとボクは考えます。

                     よろず語り部 夢追人拝

8月11日 雲母書房のイベント参加キャンセル → 三野町図書館で「読み聞かせ請負人」

 灼熱の現場からひとときの逃避。

 例年に比べて長い、五日間の盆休みに突入!

 本日が初日。

 まず、送られて来ていた、雲母書房からのイベント参加登録済みの通知を持ってコンビニへ...。

 4月30日に東京でも同じイベントが開催されていたが、もちろん遠いので、9月3日にある大阪の方を楽しみにしていた。

 雲母書房さんのFBページを通じて、参加を表明していたこのイベント...。

 「介護レクに紙芝居大会」

 残念ながら、行けなくなった!

 仕事の国家資格の試験日とかぶってしまったのだ。

 この前、学科試験合格の通知が来ていたが、追って実技試験の日程が送られて来た。

 開ける前から嫌な予感はしていた。

 こういう時の予感て、当たるんだよね?

 もろかぶりである!

 大阪と香川に同時には存在できない!

 で、キャンセルのFaxを送信。

 悲しいね。

 スタッフの方御免なさい。

 さて、会場で買うつもりだった同社の紙芝居。

 「金色夜叉」・「続金色夜叉」・「曽根崎心中」については仕方がないので、ネットで発注済み。

 作者さんや、この前「ぬまづ」でお会いした三橋とらさんにお会いできるのを楽しみにしていたのに...。(涙)

 ところで、五連休初日の計画は、兎に角、身体を休めること!

 この後、温泉に入って、露天風呂で小一時間ゆっくりして来た。

 隠れていた疲れが顕在化して来て、現在は却ってしんどいけれど、今日一日ゆっくりしていれば、後半には遊べるだろう?

 今回、特に大きな紙芝居のイベントは入れてない!

 休める時は休もう!

 で、午後ゆっくり目に三野町図書館に行って、「読み聞かせ請負人 夢追人」として待機。

 早速お声がかかった!

本日のお題 「ぼくはかぶとむし」

 男の子が入館してくるなり、舌足らずな声で、

 「カブトムシの本が...。カブトムシの...。」

ってやってたから、すかさず同作をディスプレイ。

 狙い通り、一撃でした!(笑)

                     よろず語り部 夢追人拝

8月5日 三野町図書館で「読み聞かせ請負人 夢追人」

RIMG0021 のコピー
 相変わらず、崖の写真で済まん!






 朝、5時半に家を出て、久々の崖。

 午後は、死にそうな暑さの中、三野町図書館へ涼みに...。

 いや、「読み聞かせ請負人 夢追人」として、待機しに!

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」

 実は、兄弟が興味を持ってくれてたのだが、お母さんが気づいてなくて...。

 図書館スタッフの T さんがお母さんに進言して下さって、改めてご依頼が!

 特にお兄ちゃんの方が喜んでくれてたみたい。

 T さん、ナイスアシスト!

 後でお礼を言いに行ったら、「お母さん、気づいていなかったのかな?」って T さん。

 「いや〜、もし気づいていても、中々、『うちの子にこれ読んでいただけます?』って、声をかけるのは勇気のいるもんですよ!」

 その後入って来た母子は、今度はお母さんが乗り気で子供たちに薦めて下さったのだけど、子供がママの読み聞かせの方がよかったみたい。

 「いいの、いいの!どっちが読んだって、紙芝居に興味を持ってくれれば、ボクの待機している意味はあるのだから...。」

                     よろず語り部 夢追人拝

7月30日 三豊市豊中町「帰来昭和会」さんの夏祭りで紙芝居

_DSC0026 のコピー
 「くもの糸」のワンシーンより




 本日は、豊中町の帰来自治会の「帰来昭和会」さんの夏祭り。

 本当は早朝から、崖に行くつもりだったのだが、全身筋肉痛で断念。

 午前中は三野町図書館で「読み聞かせ請負人」として待機。

 昼もラーメンを食べに出るくらいで、一日惚けて過ごした。

 まあ、無理をすると明日に差し支えるので...。

 休日は、身体を休めないと。

 さて、西日がまだ力を残してる16時半、家を出た。

 お祭り開始は17時からだが、ボクは暗くなってからの外での怪談を想定していたので、ゆっくり目の到着でいいかと...。

 ところが、会長さんのご挨拶、子供たちのダンスに続いての出番の予定になっていた。

 「あれ?話が違うじゃん!」

 ってことで、ボクの後の出番の「オリエント・アド・リバー」さんたちに先に演奏をしていただき、ボクは少しでも暗くなってからの登場を熱望。

 ちょっと我儘を言わせていただく。

 彼らの演奏については、ここでは書かない!

 さて、まだまだ暗くなってないけれど、とうとう出番が回って来た。

本日のお題 「きつねの盆踊り」「くもの糸」「どっかーん」

 もっとどっぷりと怪談にするつもりでいたのだが、全然暗くならないし、同じ町内で開催されるはずだった花火大会が、件の花火工場の事故で中止になってしまい...。

 上のラインナップにする。

 「オリエント」さんのダンスのスペースの都合と、ボクの外で演りたいの我儘で、今回、メインステージがクーラーの効いたお遊戯室ではなく、外のブルーシートの上になったのだが...。

 やはり、外での実演は喉が保たない!

 もう一作くらい演るつもりでいたのだけれど、本日は三作で終了。

 まあ、余りしつこく演っても、飽きられるだけなので...。

 O さま、6年目、4度目のご依頼ありがとうございます。

 実演前後のノンアルコールビールや焼き鳥、うどんのお接待も嬉しいです。

 今回は元々、よろず歌唄いとして知り合いである、メリーズ坂本(ヴァイオリン)さんの参加されてる「オリエント・アド・リバー」さんとの共演ということで、大変楽しみにしておりました。

 控え室での打ち上げ飲み会(ノンアル)も、とても楽しかったです!

 子供たち、怪談もだけど、中止になった花火大会の花火紙芝居、喜んでくれたかな?

                    よろず語り部 夢追人拝

7月23日 シャワークライミングでマイナスイオンを浴びた後は、三野町図書館で「請負人」

RIMG0022 のコピー
 轟の滝にて




 午前中はシャワークライミング!

 ず〜っと灼熱地獄で仕事をする毎日なので、本日は涼みに行って参りました。

 その後温泉に入り、十割蕎麦を食べて...。

 癒される〜!(笑)

 夕方、久しぶりにチビを伴って、三野町図書館で「読み聞かせ請負人 夢追人」。

 入館してすぐにお客がついた!

 多分、この前頼んでくれた姉妹。

 ボクの顔を見るなり、パパに「紙芝居観る〜!」って...。

 おお、もう常連さんだね?

本日のお題 「おひさま、あけましておめでとう!」

 って、思いっ切り、年越しの紙芝居ですが、いいんですか〜?(笑)

 お姉ちゃん、笑顔で「ありがとう!」って帰って行った。

 本日はこの一作で終了だったけれど、ボクの顔を覚えてくれてる子供がいるってのは心強いね。

                     よろず語り部 夢追人拝

7月16日 三野町図書館で「請負人」→喫茶「アレスト」で紙芝居→「請負人」再び

RIMG0014 のコピー
 バニラさんオリジナル紙芝居「いつまでも なかよし 〜しりとり遊びの巻〜」 撮影 堀江さん





 本日、早朝から崖詣でを目指していたが、全身筋肉痛で断念。

 朝から畑の草刈、トラクター作業を経、無人精米機で自家用精米作業。

 空いた時間は、三野町図書館で「読み聞かせ請負人」!

本日のお題 「ふーちゃんのおつかい」

 一作リクエストをいただけたが、後は梨の礫。

と言うか、ボクがディスプレーしておいた、「アンパンマンとおばけさわぎ」「おばけやしき」を使っての、母子の「おはなし会」がスタート。

 「済みません!待ってました?」って問われたけど、

 「いや、どうぞどうぞ!」と、そのままに任せて置いた。

 お母さん、張り切って紙芝居二作を演じ、その他にも絵本をかなりの数読み聞かせていた。

 まあ、出番はなかったけれど、ボクがセンタリングを上げ、お母さんがゴールした感じで...。(苦笑)

 「ナイスアシスト!」

 誰も言ってくれないから、自分で言うね。

 さて、そうこうする内に、喫茶「アレスト」に向かう時間が...。

 本日は、植村バニラさん作・絵のオリジナル紙芝居、「いつまでも なかよし 〜しりとり遊びの巻〜」を持参。

 バニラさんが来られたら、ジョイント上演を打診するつもりなのだ。

 バニラさんから即OKがいただけたので、二番手で紙芝居を投入!

本日のお題 「いつまでも なかよし 〜しりとり遊びの巻〜」(エレキギター伴奏 植村バニラ)

 同じ喫茶「アレスト」での、「弦遊倶楽部」では既に、お披露目済みだが、「アフタヌーンライブ」では今回初上演!

 バニラさんも喜んで下さった様だ。

 「バニラさま、次はうたづ臨海公園『海ホタル』での上演だ!」

 また、ギターで併せて下さいね。

                    よろず語り部 夢追人拝

 さて、フリーライブ終了後は再び、三野町図書館で「請負人」。

 でも、今度は空振り...。(苦笑)

 また懲りずに待機してます!

 遠慮しないで、気軽にリクエストしてね。

                   よろず語り部 夢追人拝

☆8月19日 観音寺市大畑自治会「夏祭り」で紙芝居、再び

jhgv0055.jpg





 長い間、ブログを放ったらかしにしてる...。

 いや〜!も〜、仕事がキツくて...。(涙)

 暑い!忙しい!バタバタ!

 で、本日はイベントでの紙芝居のご依頼です。

 ☆8月19日 夕方〜夜

 観音寺市大畑自治会の「夏祭り」

 昨年もお声がけいただいたのだけど、「今年も是非!」のラブコールをいただいた!

 でも...。

 この日、土曜日なんだよね...。

 基本、暑い時期は土曜は休みなんだけど...。

 今の現場に休みはない!

 土曜も祝日も、現場は動く。

 ということで、5時までは現場、それから事務所で日報や報告書の作成...。

 で、現着7時が精一杯なんじゃなかろうか?

 「それでもよかったら...。」と、お返事差し上げたら、折り返し電話がかかって来て、「では、それで!」というお話になった。

 オレ、生きてるかな?その時期まで...。(苦笑)

 この夏は、そうとうにキツイ夏だと思う!

  T さま、なんとかお伺いできる様、体調調整いたします。

 宜しくお願い申し上げます!

                    よろず語り部 夢追人拝

7月2日 第6回「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」に参加して(あっさり編)

_DSC0101 のコピー RIMG0030 のコピー _DSC0009 のコピー
 記念写真はふじいはじめさんと、劇団どろんこ座さんと!(撮影 発酵案内娘さん)



 「兎に角、報告記事を上げないと...。」そう思って書き始めてはみた...。

 でも、まだ疲れが取れてない!

 いや、あれから仕事の現場も忙しく、台風や大雨の影響もあり、ゆっくり休めない毎日が続いている。

 でも、流石に放ったらかしにはできないので、まずはプレレポートを上げよう!

 仕事を終えた7月1日(土)、ボクは既に車に積み込んであった紙芝居自転車、道具一式を携えて沼津を目指した!

 片道700キロくらいだろうか?

 着いたのは午前3時。

 寝酒を飲んで、コンビニの駐車場でそのまま仮眠3時間半...。

 起きて朝飯、沼津駅を目指す。

 会場である商店街を横目に見ながら、駐車場を物色していると主催者の三ツ沢グッチさまが...。

 車上でご挨拶をし、大会用に借りている駐車場を教えていただいた。

 朝の商店街は「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」の会場設営で大忙し。

 ボクもちょこっと荷物を運ぶ手伝いをし、開会式を待つ。

 ネットでお顔を拝見したことのある紙芝居師が、大型のトランクなどを引き摺りながら続々と集まって来る。

 既に繋がっている紙芝居師同士が、再会のハグを交わしている横で、新参者のボクはちょっぴり控えめ。(笑)

 でも、リアルには繋がっていないけれど、ネットで繋がってる演者さんが声をかけて下さった!

 「やっと会えましたね〜!」

 会うのは初めてだけれど、お互い顔見知りのオフ会状態。

 記念写真の撮り合いなどもあり...。

 中略(全部書いてたら、あっさり編にならんな)

 さて、ボクの出番は14時より、仲見世商店街南会場にて...。

 ボクの前の出番は、プレミアム部門のガンチャンさん!

 大いに盛り上がって、さあボクの出番というタイミング、ガンチャンの紙芝居でお腹一杯になったか?それとも、次の会場にお目当の紙芝居師がいるのか?観客席は一旦無人、更地の状態に...。(涙)

 「こりゃ〜、全くの新参者のボクには、とてつもないアウェー感だな〜!」(苦笑)

 でも、演らないことには、誰も寄って来ない!

 持ち時間はたったの30分。

 3作品演るのが精一杯の時間。

本日のお題 「うどんくんとおそばちゃん」(讃岐うどんと富士そばちゃんバージョン)「うらしまたろう」(地元、香川県三豊市が舞台の昔話 「海の声」桐谷健太の歌唱付き)「どっかーん」

 まあまあの盛り上がりといったところでしょうか?

 でも、「うどん好きな子、手を挙げて〜!」にはちゃんとリアクションがあったし、「どっかーん」も言ってくれてた!

 そして、今回も懲りず、「海の声」の歌唱、しかも歌詞カードを配って、観客にも参加していただいての大合唱!

 うん、ちゃんと歌声も聞こえてた!

 ありがとう、皆!

 そして、お会いできて光栄です!全国の紙芝居師さんたち。

 そして何よりもありがとう!暑い中準備から当日の運営、片付けまで頑張って下さった、三ツ沢グッチさんを始めスタッフの皆さん。

 家に帰り着いたのは月曜の午前1時、会社に出勤する6時間前のことでした!

 途中、睡魔と戦いながらなんとか無事にたどり着いてよかった!

 もちろん、ちゃんと毎日仕事をこなし、今に至っております。

 本当に疲れたけれど、本当に楽しかった!

 行ってよかった!

 今はネットを通じて、参加者さんとの思い出話で盛り上がってる感じ。

 皆様、今後とも「よろず語り部 夢追人」のことを、宜しくお願い申し上げます!

                     よろず語り部 夢追人拝

追伸 落ち着いたら詳しいレポートを書きたいと思います。

 乞うご期待!

_DSC0048 のコピー

6月25日 フリーライブ参戦前に、坂出市子育て支援センター「まろっ子ひろば」で紙芝居

RIMG0009 のコピー
 「まろっ子ひろば」で写真を撮るには保護者の方々の許可がいるので、フリーライブの写真で!





 雨の日曜日、今日のメインイベントは高松のサードストーンでの「フリーライブ」参戦!

 で、その道中にある、坂出市の子育て支援施設「まろっ子ひろば」に、紙芝居乱入を決行。

 随分お伺いしてないけれど、結構、施設の前までは行ってる。

 でも、子供たちがいないタイミングじゃ引き上げるしかないしね...。(苦笑)

 今日は運良く、一組だけだけど、兄弟連れのお母さんがおられた。

 受付で入場をお願いすると、いぜにただいたID証が更新時期を過ぎていたらしく、改めて再申請。

 スムーズに手続きは済み、園庭で遊ぶ彼らの前に...。

 一組だけだから、「紙芝居要りません!」と言われればそれで終了なんだけど、お母さんちゃんと頼んで下さった。

本日のお題 「アンパンマンとばいきんまん」「おばけちゃんとことこ」「おむすびくん」「どろんこおばけ」「アンパンマンとマジカちゃん」 順不同

 結局、演じ始めたら次々新しいお子様が入って来て...。

 皆、水たまり遊びに夢中で、気はそぞろではあったけれど、拍子木も叩いてくれたし、舞台を使ってお子様の記念写真を撮って帰られたお母さんも!

 相変わらず突然の訪問で失礼しましたが、また、立ち寄りますので宜しくお願い申し上げます。

                    よろず語り部 夢追人拝

★7月2日 「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」チャレンジ部門に参戦

19427682_1533063643404316_2126041829_n.jpg 19416062_1533063553404325_873474378_n.jpg
                               クリックで拡大表示。





 さあ、近づいて参りました!

 「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」

 ★7月2日 10時〜

 静岡県沼津市駅前商店街

 詳細、フライヤーの写真を参照のこと

 全国各地の紙芝居師が集まる一大イベント!

 ネットでは顔見知りのあのお方たちと、やっとリアルにお会いできるチャンス。

 名古屋は「マーガレット一家」のたっちゃんとの、三度目の再会も楽しみにしております!

 そしてなにより、このイベントの仕掛け人、三ツ沢グッチさんにやっとお会いすることができる。

 去年は怪我をして、急遽参加をキャンセルをした経緯がありますので...。

 今年こそは!

 さあ、スケジュールを見ての通り、なんとも濃密でぎっしり予定が詰まった1日ですので、全員分の実演を観ることはとても叶わないのですが...。

 自分の持ち時間の30分以外は、目を皿にして皆さんの紙芝居を楽しみたいと思います。

 それにしても、なんという顔ぶれでしょう?

 香川では暴れん坊な演じ手の私めではございますが、この中ではきっとおとなしい演者で淡々と演じる方。

 フリートークもほとんどできないし...。

 まあ、でも臆することなく、いつもの様に演るだけさ!

 「ちょいとお客さん、ボクの出番になった途端、席を立たないでいてやっておくんなせい!」

 折角、香川から行くんですぜ!

 ご出演の皆様も、宜しくお願い申し上げます!

 とか書いておきながら、此の期に及んでも絶対行けるとはお約束できない...。

 悲しき土建会社勤め人の性にございます。

 大雨とかで現場がどうにかなると、休日出勤になることもありますんで...。(苦笑)

 でも、きっと仕事終わりに徹夜で車を走らせ、眠気まなこで会場入りしたおっさんが現れることでしょう。

 なんとか打ち上げの一次会までは参加させていただくつもりです!

 次の日の仕事は地獄でしょうが...。(涙)

 兎に角、宜しく、宜しくお願い申し上げます!

                      よろず語り部 夢追人拝

6月11日 総本山善通寺「弘法大師御誕生会 大師市」にて「投げ銭紙芝居屋 夢追人」

_DSC0097 のコピー
 今年は金堂脇の楠の根元で紙芝居を演じることができました!








 正直お伺いできるかどうか危惧していたのだけれど...。

 休日出勤にはならなかったし、田植えの準備も午後遅めのスタートだったんで、お伺いすることができました!

 そして、雨もなんとか降られずに済んで...。

 善通寺着、8時半。

 ここ数年、ボクが紙芝居自転車をセッティングしていた、金堂脇の楠の根元には、露天商の発電機が置かれることが多く、その音の所為で、ボクは別の場所に移動せざるを得ない事態が続いていた。

 で、今年こそは、その場所を確保しようと、早めに出張って言った訳。

 でも、危惧に終わった!

 露天商の数は減り、楠の前には植木屋の老夫婦がいるだけ...。

 静かでいいけれど、寂しくなったな〜!

 大坊市でも毎年お会いしていた、土佐刃物の露店も既に店を畳んで久しい。

 何軒かのテキ屋さんには顔見知りの姿が見受けられたが...。

 さて、流石に早過ぎるので、まずはいつもの様に、金堂で読経!

 最近、ちゃんと念珠と経本を持参していないから、ちょっと不安な状態で四国八十八箇所巡り用のお経を順番に全て唱える。

 やはり、自信がないから、自然声が小さくなるよね?

 自転車の所に戻って、しばらく様子を伺っていたが、演らないことには何も始まらない!

 無人状態で紙芝居実演を開始。

本日のお題 「あかんぼばあさん」「アンパンマンとおばけさわぎ」「アンパンマンとマジカちゃん」「アンパンマンとばいきんまん」二回「さらやしきのおきく」「ねずみきょう」「うどんくんとおそばちゃん」「あんもちみっつ」「きつねの盆踊り」「どっか〜ん」「おりょうりだいすきエプロンさん」「なんにもせんにん」 順不同

 段々、段々来場者が増えて行き、観客の数も増えて行き...。

 メインステージのイベントが始まるちょっと前、昨日、突然競演のオファーをいただいた「鶯のjoe」さんが登場!

_DSC0067 のコピー _DSC0082 のコピー _DSC0080 のコピー
 消防車と警察車両をバックに実演。





 「Joe」さんは客席用のシートなどをご持参ではない様なので、ボクと並びで実演をしていただくことに。

「鶯のjoe」さんのお題(把握しているだけ) 「黄金バット ナゾー編」「注文の多い料理店」「安珍清姫物語」「金色夜叉」「続金色夜叉」「やいてたべようか にてたべようか」「さらやしきのおきく」などなど 順不同

 「joe」さん、ボクが田植えの準備で帰った後も16時まで、6時間耐久で紙芝居を演じ続けてたらしい!

 タフだな〜!(笑)

 さてさて、メインステージでは何かヒーローショーが始まっちゃって、子供たちを一気に持ってかれちゃって、また、その後には「いろは音頭」を踊る白装束の集団も行き過ぎ、その上、メインステージでは子供たちのヒップホップ系のダンスユニットの発表が続いて...。

 マイクを使わず生声で演ってるボクはとても太刀打ちならず、「鶯のjoe」さんを楠の根元に残し、すごすごと退散!

 御影堂へ続く参道の空きスペースに舞台を移す。

 で、これが正解!

 ここでもスピーカーから流れ続ける大音響は聞こえていたけれど、観客には落ち着いて紙芝居を観ていただくことができた。

 最後の「どっか〜ん」、いい感じに盛り上がって本日の上演は終了!

本日の投げ銭 1737円也。

 まあ、十分でしょう!

 途中、一人の男性が熱心に観て下さり、幕間に話しかけてくれた。

 「どうやって連絡を取れば?」

 「...?」

 「いや、紙芝居を頼む時はどうすればいいですか?」

 「ああ〜、ブログとfacebookをやってるんで、『よろず語り部』で検索していただければ...。」

 いや、この方子供連れでもなかったので、まさか上演依頼の意味で聞かれてるんだと思わず...。

 どうも同郷の方らしいので、きっとまたご縁が繋がることでしょう!

 「鶯のjoe」さんとの競演も、思いがけず果たすことができ...。

 2年ぶりの善通寺さんでの紙芝居、盛り沢山な内に終了!

 雨も降られずに済んだしね...。

 さて、11月3日の「空海まつり」には、お呼びの声はかかるだろうか?

 本日はありがとうございました!

                   よろず語り部 夢追人拝

_DSC0094 のコピー _DSC0130 のコピー

6月10日 蔦島で「瀬戸内Dayout」を楽しんだ後は、三野町図書館で「読み聞かせ請負人」

RIMG0195 のコピー
 蔦島で開催されている、「瀬戸内Dayout」。




 本日は朝から、蔦島で行われている「瀬戸内Dayout」を楽しみに...。

 で、真っ黒に日焼けして帰って来て、着替えてすぐに向かったのは、三野町図書館!

 空振り覚悟だったけれど、館長さんのお薦め(?)で、姉妹が頼んでくれたよ。

本日のお題 「できるかな?じしんのひなんくんれん」「アンパンマンとそっくりぱん」(追加上演)

 もう一人、別の女の子も乗っかってくれて、三人への実演。

 「アンパンマン」はサービス追加上演。

 前のがちょっと短かったからね〜。

 日焼けで身体が火照ってて、ちょっと落ち着かない上演だったかも知れないけれど...。(苦笑)

 楽しんでくれたかな?

 さて、明日の善通寺さんの大師市での紙芝居、「鶯のjoe」さんとジョイント(?)公演になりそうです。

 本日オファーを貰いました。

 「鶯のjoe」さん、再会を楽しみにしております!

                     よろず語り部 夢追人拝

★6月11日 総本山善通寺「弘法大師御誕生会」の大師市で二年ぶりに紙芝居

oen048.jpg
 一昨年は金堂脇の楠の下ではなく、御影堂へ続く参道の脇での上演だった。




 さあ、午後から雨の予報なんだけど...。

 二年ぶりの総本山善通寺での「投げ銭紙芝居屋 夢追人」は、実演できるのだろうか?

 ★6月11日(日) 10〜13時くらいまで

 総本山善通寺 「弘法大師御誕生会」の大師市にて

 金堂脇の楠の木の下で

 *注 露店の発電機が楠の下に設置されている場合、別の場所の可能性もある

 小雨決行(自転車紙芝居ではなく、三脚&舞台でラミネートされたA3判の作品の上演のみ)

 雨天中止

 リクエスト大歓迎!

 折角、善通寺さんの広報の方からお電話でご依頼いただいたので、実現したいのですが...。

 どうなる?

                      よろず語り部 夢追人拝

6月4日 三野町図書館での「読み聞かせ請負人」は空振りも、ちょっといい話

RIMG0029 のコピー
 爺神山の山頂から見下ろした我が町三野町。




 夕方、いつもの様に三野町図書館に「読み聞かせ請負人 夢追人」として待機してたんだけど...。

 敢え無く空振り〜!

 何か、ボクが到着するちょっと前までは沢山の親子連れで賑わっていたらしい。

 館長さんからは、前回のご依頼の子供たちの反応を見たからか、

 「いつもありがとうございます。いつでも来て下さい!」

と手厚い歓迎の辞をいただける様になった。

 なのに、タイミングが悪かったみたいだね、残念!

 でも、今回はそれはそれで面白い出会いがあった。

 とある男性が、

 「読み聞かせの本は...?小学三年生に読むんだけど...。」

と図書館スタッフの T さんに話しかけておられた。

 T さんが、ちらりとボクの方を見た。

 「ん?それ、ボクに提案しろって合図?」

ということで、「いちにちぶんぼうぐ」「いちにちおもちゃ」などの「いちにちシリーズ」、長谷川さんの絵本、大型絵本で「くものすおやぶんとりものちょう」と「おこだでませんように」をお薦めした。

 まあ、男性が読むのだから、余り女性が選ばない様な奴。

 そして、男性にとって読み易そうな奴をセレクト。

 後で聞くところによると、彼は小学校の先生だったらしく、自分の担任のクラスではなく、敢えて交代して当番で読み聞かせをすることになったらしい!

 いいよね、いつもの先生ではなく、また、性別が違ったりして、新鮮な感じでの読み聞かせ。

 さて、彼は結局その場では一つに選ばず、ボクがお薦めした絵本を全て借りて帰ったらしい。

 さあ、結局本番ではどれを選んだのだろう?

 再びお会いする機会はないかも知れないが、図書館スタッフさんにまた後日談を聞かせていただくことにしよう!

                     よろず語り部 夢追人拝

5月28日 吹奏楽団「WEST」定期公演観覧 → 三野町図書館「読み聞かせ請負人」はヒット

170528_134414.jpg





 本日、午後はマリンウェーブのマーガレットホールで、吹奏楽団「WEST」の定期公演に!

 まあ、ここではそれについては書かない。

 ご興味のある方は、こちらから!

アカペラ&アンプラグドライブ 『密会』のfacebook

 さて、終演後ボクが向かったのは三野町図書館。

 懲りずに待機します!「読み聞かせ請負人 夢追人」

 で...。

 やっとご依頼がありました!

本日のお題 「あかずきんちゃん」「おばけやしき」

 お父さんに連れられた女の子が、セッティングされた三脚&舞台を見つけて、

 「今日は『おはなし会』があるの?」

って興味を持ってくれて...。

 やっと、やっとです!

 館長他、スタッフさんがなかり入れ替わって、新体制になった三野町図書館。

 誰も来館者がいない時に、新館長さんへのデモ実演はしたことがあるけれど....。

 ちゃんとご依頼を請けて、子供が観てくれてる状態での実演は初めて!

 館長さん、大変喜んで下さって、

 「今後とも宜しくお願いします!いつでもまた、来て下さいね。」

とお言葉をいただいた。

 依頼者の女の子、大変食いついてくれて、随分かぶりつきで観てくれてたな〜!

 紙芝居のおっさん冥利に尽きます。

 ありがとうね〜!

 やっと空振りの連続記録がストップしたよ...。

 ボクの顔を見かけたら、遠慮しないでバンバン頼んで下さいね。

                    よろず語り部 夢追人拝
ご挨拶

 よろず語り部 夢追人

Author: よろず語り部 夢追人
香川県三豊市在住。

 非営利で、紙芝居と絵本の読み聞かせパフォーマンスをしている、ひげのおっさんだよ。よろしくね!十八番は、かがくいさんの作品。ばいきんまんの声色、鬼や、閻魔や、やまんばなどの怖いもの系!がらの悪い坊さんとか...。

追伸 ボランティアではありますが、イベント出演を依頼された場合、交通費と任意で謝礼金をいただいております。これは活動への協力応援金として受け取り、専用口座に一度入金した後、紙芝居の購入などに充てております。一切自分の懐には入れていません。

 有料での紙芝居上演・公演には当たらないという認識でおります。

 ご理解いただけると幸いです!

   よろず語り部 夢追人拝

新ネタ
新コメ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お品書き
よろず語り部の伝言板
メール(ご意見・イベント出演依頼)

名前:
メール:
件名:
本文:

おっさんの仲間
夢とも会員申請フォーム

この人とブロともになる

ジョーのクロスカウンター
昔の記事も見て頂戴!

全ての記事を表示する

月別一覧