初めまして! 紙芝居のおっさん「よろず語り部 夢追人」です。

_KA20080.jpg
 徳島県三好市西祖谷村有瀬地区にて





 初めまして!ボクのブログ、「よろず語り部 夢追人 絵本語り」にアクセスくださいまして、ありがとうございます!今後とも宜しくお願い申し上げます。

 最新記事は、★印のあるイベント告知記事の下にあります。お手数ですがスクロールしてください。もちろん、イベント告知の記事も要チェック!(告知記事は、イベント終了予定日の、未来の日付で表示されております。ご了承ください!)

  ☆印の記事は、「こんなことできたらい~な!」段階の告知です。実現に向け頑張りますので、宜しくご協力の程を!
           よろず語り部 夢追人拝



「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年8月改訂版

「よろず語り部 夢追人」所蔵の紙芝居リスト

よろず語り部 夢追人 facebook

『さぬきの国 紙芝居サミット』facebook

NEW

「瀬戸内 紙芝居サミット」facebook

ブログの新カテゴリー 「瀬戸内 紙芝居サミット」

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年9月改訂版

w0005.jpg





 この度は紙芝居のおっさん、「よろず語り部 夢追人」に興味を持っていただいてありがとうございます!

 さて、今までと紙芝居上演のご依頼方法が変わりますので、詳細をここに書いて参りたいと思います。

 このところ、仕事(土木建築業社の社員)の方も忙しくなり、また、休日出勤の割合も増えて参りまして、イベントへの参加を事前にお約束したとしても、ドタキャンをせざるを得ない事態が出始めました。

 今後、下記の様なシステムに変わります。

 既に「よろず語り部 夢追人」に依頼したことのあるお方・お約束済みのお方であっても、改めて、改訂されたシステムに準じていただける様お願い申し上げます。

◉「よろず語り部 夢追人」は基本ボランティアです!

 これは今までと変わりませんが、ボランティアとは本来、依頼を受けてそれに応えるというものではなく、自分の意思で紙芝居を上演しに向かうというもの。

「ぶらり紙芝居屋 夢追人」がこれに当たります。

 このスタイルで活動、紙芝居を上演する場合は、訪問先との金銭の授受はございません!

 完全にボランティアです。

◉「読み聞かせ請負人 夢追人」について

 三野町図書館と仁尾町図書館にて、たまに待機している「読み聞かせ請負人 夢追人」は、図書館にご許可をいただいた状態で看板を掲示し、来館者からのリクエストに応じ紙芝居の上演、絵本の読み聞かせを行うもので、これもボランティア活動の一環であり、もちろん、リクエストいただいた方や図書館とのお金の遣り取りもございません。

◉イベントへの「よろず語り部 夢追人」への出演依頼について

 これは、ボク自身が進んで出演を希望する場合以外のお話。

 主催者さまより、交通実費と任意で謝礼金をお申し受けいたします。

 *注 市販の紙芝居を使用につき、紙芝居の上演代という名目ではお金をいただけません!

 交通費については、遠方の場合は高速代(軽自動車)も含み、駐車場代・ガソリン代などを鑑みて、不足のない様にご用意下さい。

 高速のICは、高松・徳島方面へは「三豊鳥坂インター」からの往復。

       松山・高知方面へは「さぬき豊中インター」からの往復でご試算下さい。

 *あくまで非営利という立場を貫いておりますので、こちらから金額を提示することはありません!常識の範囲で、任意にて金額をご設定いただけると幸いです。

 *いただいた交通費・謝礼金は一切自分のポケットに入れず、一度専用の口座に入金。その後、紙芝居の購入、舞台などの購入などに充てさせていただきます。

 *領収書を発行いたします。

 ★投げ銭制の導入

 主催者が十分な交通費がご用意できないとお困りの場合、あるいは、フリーマーケットなどでの紙芝居上演の場合、投げ銭制をお願いすることがございます。

 観客に任意で投げ銭をしていただくのですが、自転車の側に投げ銭箱(アルマイトのお弁当箱)を置くだけで、こちらから呼びかけたり、投げ銭箱を回覧したりすることはございません!

 さて、一番の問題点。

 イベントへの参加の確約についてですが...。

 これは現状、どんなイベント・イベント主催者が相手であっても、「身体が空いていたら喜んで!運がよければお伺いできます。ドタキャンを覚悟でよければお受けいたします。」としか、申し上げられません!


 実際にキャンセルせざるを得なかった実例が過去にございます!

 現状、日曜日のみの活動になります。

 *注 土曜日・祝日は出勤の現場に配属されました。

 しかも、日曜日も急な休日出勤の可能性があるため、土曜日の夕方にならないと、仕事のスケジュールが決まらない...。(涙)

 本当に申し訳ないとは思うのですが、家族を養って行くため、また、会社員としての立場上これは致し方ない!

 「確約を得られない様であれば、依頼はしない!」というイベント主さまには、「申し訳ないです!」としかお答えできかねます。

 悪しからずご了承下さい!

 ボクはプロの紙芝居師ではなく、あくまで非営利で演じている趣味の紙芝居のおっさんです。

 そこのところはご理解いただける様、宜しくお願い申し上げます。

                  よろず語り部 夢追人拝

備忘録 秋まで

◉7月分

  1日

  7日

❌★8日 第7回「にっぽん全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」チャレンジ部門参戦

  15日

  16日

  21日

  22日

 ★27日 徳島県三好市池田の保育所納涼会にて紙芝居

 ★28日 豊中町桑山地区帰来自治会の納涼会にて紙芝居

 ★29日 鎌倉の町田さんとジョイント紙芝居(丸亀通町商店街→うたづ臨海公園)


◉8月

  4日

 ★5日 雲母書房主催「介護レクに紙芝居大会大阪」の観覧

  11日

  12日

  13日

  14日

  15日

 ★18日 観音寺市大野原町花稲地区夏祭りで紙芝居 → 大畑自治会夏祭りで紙芝居

  19日

  25日

  26日


                            以上

*注 新年度より、会社が週休二日制になりました。ただし、休日出勤の可能性があります。

 確定次第、個別にイベント告知記事をアップします。

 確定イベントは★印になります。

備忘録 夏まで

◉4月分

  1日

  7日

済★8日 よろず歌唄い 夢追人としてシャープ&フラット主催「アフターコンサート」出演

  14日

  15日

済★17日 FM SUN「Weekdayみっくす火曜日」生電話出演

  21日

  22日

  28日

済☆29日 「よしづ花まつり」で「投げ銭紙芝居屋 夢追人」

  30日



◉5月分

  3日

  4日

済★5日 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』開催

  6日

  12日

  13日

  19日

  20日

  26日

  27日


◉6月分

  2日

  3日

  9日

  10日

  16日

  17日

  23日

  24日

  30日


◉7月分

  1日

  7日

 ★8日 第7回「にっぽん全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」チャレンジ部門参戦

  15日

  16日

  21日

  22日

  28日

  29日


                            以上

*注 新年度より、会社が週休二日制になりました。ただし、休日出勤の可能性があります。

*確定したイベントは★印になります。

 詳しくはイベント毎の告知記事で!

                     よろず語り部 夢追人拝

「DUCKSOUP」製組み立て式舞台改を、三脚に乗せてみた!

RIMG0715 のコピー
 「山田さま、如何でしょう?」





 木工用ボンドも乾いた様なので、本日初めて三脚に乗せてみた!

 「山田さま、如何でしょう?」

 まあ、プロ仕様の三脚なんで無骨だけど...。

 新しく取り入れた補助材はそんなに目立たないと思う。

 今は新しい材だから白いけど、すぐに飴色に焼けて来る。

 くるみ材の肌色とそんなには違わないし、元々陰になる部分なので...。

 演じ手の方はより目立つのだけど、観客からは見えないし...。

 ちなみにこれは樫材の斧の柄を切って角を面取りしただけなんで、微妙に左右で厚さが違う...。(苦笑)

 まあ、その辺りはご愛嬌ということでお許し下さい。

 工作も雑なので、少し右側の隙間も気になりますか?

 三本のダボと木工用ボンドで固定してあるのだけど、樫材の穴空けが結構難しくて...。

 インパクトドライバーが垂直に入んなくて、微妙に傾いたんだな...。(苦笑)

 ところで、写真の紙芝居作品は、山田さんと同じ北海道は旭川の作家さん、あべ弘士さんの新作です!

 リニューアルした組み立て式紙芝居舞台、今回は「ニッポン全国街頭紙芝居大会 in ぬまづ」と雲母書房さん開催「介護レクに紙芝居大会 大阪」に連れて行くつもり!

 まあ、ぬまづでは自転車紙芝居だから、メインの実演では使わないんだけど、懇親会とかでねチャンスがあれば...。(笑)

 そして、大阪も実演の機会は与えられていないのだけど...。

 ええんすよ!紙芝居好きが集まったら、いつでもどこでも実演が始まるだろう?

 休憩時間とか、隣の公園とか、終わった後の打ち上げとか...。

 兎に角、すぐに組み立ててすぐに演じられる!

 しかも嵩張らない!

 例え実演の機会がなくても、この舞台だけでも見せびらかせる!

 いや、「DUCKSOUP」さんの宣伝ができる!(笑)

 買ったばかりの雲母書房の新作をディスプレーするだけで、紙芝居好きと紙芝居談義が始まるだろう!

 まあ、コミュニケーションツールですよ!

 それで、そちらに注文が殺到したら...。

 それはそれで楽しいじゃないか?

 ということで、実演のあるなしに関わらず、ボクはこの子を連れて参りますので、両イベントにご参加の方々、この子を見て触ってやっておくんなさい!

 一緒に楽しいひとときを過ごそうではありませんか!

                    よろず語り部 夢追人拝
 
RIMG0711 のコピー

「DUCKSOUP」製組み立て式舞台改造&ミニ拍子木製作

RIMG0703 のコピー
 左は余った部品。また、樫材が手に入ったら、相棒を作って...。





 随分前、「DUCKSOUP」製の組み立て式舞台には三脚に素早く取り付けられる様、クイックプレートを付けたのだけど...。

 ネジ一本で固定のため、強度不足だった。

 で、今回、樫の木の補助材を間に挟み、大きめのクイックプレートを付けられる様に改造!

 ホームセンターで買った樫の木の柄は2600円と結構高かったけれど...。

 ミニ拍子木一セットと半分ができたから好しとするか?

 これでしっかりと組み立て式舞台が三脚に固定される!

 以前のは軽くて、コンパクトでよかったのだけど...。

 重い紙芝居作品を入れると、ひっくり返そうで...。

 近々デビューの予定あり!

 乞うご期待!

                   よろず語り部 夢追人拝

★7月29日 鎌倉の町田さん来県!丸亀通町商店街とうたづ臨海公園でジョイント紙芝居

_DSC0420 のコピー
 いよいよご本人の前で「稲むらの火」を実演か?





 何度かご紹介した、「稲むらの火」をお贈りいただいた鎌倉の町田さんが、とうとう来県されることに!

 本当は第4回『さぬきの国 紙芝居サミット』にエントリーのつもりだったのだが、別件が入って参加を見送り、「自分は行けないけど...。」と「稲むらの火」を含む三作の紙芝居を贈って下さったのだが...。

 いよいよご本人との対面である!

 ★7月29日 

 ◉丸亀市通町商店街「秋寅の館」前にて

      11時〜15時 (途中昼食を挟む)

 ◉うたづ臨海公園遊具広場

      16時〜19時

 *注 「秋寅の館」前は雨天決行

 *注 うたづ臨海公園は雨天中止

 『さぬきの国 紙芝居サミット』参加経験者に限り、実演参加者・交流希望者募集!

 *注 今回は事前エントリー制で飛び入り実演はお断りします。(ゲスト優先のため)

 まあ、折角鎌倉から来られて雨天中止ではあんまりなので、二会場で保険をかけさせていただくのだが、両方にお客さんが来て下さると嬉しいな!

 町田さん、前日は徳島県阿南市の児童施設&老人介護施設で紙芝居をした後、坂出で一泊してのご参加。

 しかも、気が向けば翌日は高知県入りというハードスケジュール!

 東北に震災のボランティア訪問を重ねておられる町田さんが、西日本でも津波などの注意喚起活動をご希望で実現する今回の紙芝居行脚。

 是非、香川県の皆様にも観ていただきたい!

 ボクも実演はするけど、あくまでもホスト役に徹するつもりです。

 通町商店街関係者の皆様、突然の無理な申し出を温かく迎え入れて下さり、本当にありがとうございます!

 宜しくお願い申し上げます!

_DSC0048.jpg
 「秋寅の館」前、実演中の「鶯のジョー」さん

6月24日 西祖谷村有瀬地区の楽校の宿「あるせ」、「山茶カフェ」で紙芝居

RIMG0363 のコピー RIMG0362 のコピー RIMG0371 のコピー





 楽校の宿「あるせ」にお伺いしたのは、昨年の秋、半年ぶりだったろうか?


 先月は三女の運動会の翌日でへばっていた様な...。(笑)

 丁度、「あるせ」の運営に携わっている柏木さんから、三好市池田町内の保育所の納涼会への紙芝居を頼まれたタイミングでもあり、また、高校時代の恩師であり、「五郷里づくりの会」の徳善先生も来られるということで、再会を楽しみにお伺いさせていただいた。

 前日の雨が嘘の様に晴れ渡った、梅雨の間の晴天!

 それでも有瀬では、朝まで雨が降っていたらしいが...。

 吉野川沿いの国道32号線は、妙に空いてて気持ち良くドライブできた。

 予定より早く着いたので、上有瀬に上がってブログ&FBのカバー写真を撮影!

 これまた、その間誰にも会わず...。

 茶畑の緑が目に眩しい!

 さて、そろそろ「あるせ」に向かおうと山を降りる。

 「あるせ」では、既に二組の家族が食事を楽しんでおられた。

 挨拶代わりに紙芝居の始まり、始まり〜!

本日のお題 「おだんごころころ」「くれよんさんのけんか」「たべられたやまんば」「じごくのそうべえ 前編」「じごくのそうべえ 後編」「ごきげんのわるいコックさん」

 本日は大型紙芝居特集!











 途中で家族が入れ替わったけど、今までに比べ結構子供連れが多い回で、皆ノリノリで酸化してくれたので面白かった!

 拍子木叩き隊も結成され、賑やかな紙芝居上演となった。

 実は楽校の宿「あるせ」にも、紙芝居の演じ手がいらっしゃるのである!

 平松さんは自分が宿泊客のお世話担当の日は、子供たちを相手に紙芝居を演じて下さっている。

 一度ボクも観てみたいのだが...。

 「宿泊のお子さん限定です!」(笑)

と照れて拒否られてしまった。

 ボクは観ることができないけれど、興味のある方は是非、担当者ご指名で宿泊を!

 さて、今回、スタッフの皆さんから寸志をいただいた。

 ボクは「あるせ」から、小学校時代の紙芝居を多数いただいているので、そのお礼のつもりもあって当地を訪れているのだが...。

 「ガソリン代もバカにならないから...。」

とおっしゃって、辞退したのに聞き入れてくれなかった。

 折角なのでありがたくいただき、親族一同にこんにゃくと干し芋・お茶のお土産を大人買い!

 できたてのこんにゃくのお刺身、とても美味しくいただきました!

 徳善先生ご夫妻ともゆっくりとお話ができ、今回の有瀬詣でも楽しい一日となりました。

 楽校の宿「あるせ」の皆様、またまたお世話になりました!

 末長くお付き合い下さい。

                    よろず語り部 夢追人拝


RIMG0375 のコピー RIMG0366 のコピー _KA20085.jpg

6月9日・10日 「瀬戸内Dayout」にて「押しかけ紙芝居屋 夢追人」

34847116_1056726047815392_8830750994515099648_n.jpg
                        写真 高知からお越しのhataさまより





 今年も「瀬戸内Dayout」に行って来た!

 参加の目的は「さすらいの野遊び人」として、ツリークライミング体験だったんだけど、ヘタッピー楽団さんの演奏も見たいし...。

 ってことで前日に現地入りで、テント泊を決行!

 無人島の夜は長いので、紙芝居&組み立て式舞台を持参。

 スタッフの一部や参加者の一部は同じく現地泊なので、キャンプファイアを囲んで紙芝居を披露する機会があるかも?という助平心で...。(笑)

 まあ、公式行事にして貰うのもなんだし、仕事で行けない可能性もあったので、あくまで「押しかけ紙芝居 夢追人」としてサプライズでの紙芝居上演!

 最後の渡し船が行ってしまった後、蔦島は残った宿泊の方でまったりモードに...。

 空も次第に暮れて来て...。

 兎に角、電灯がないところなので、まずは顔見せ興行!

本日のお題 「さらやしきのおきく」「きつねの盆おどり」「アンパンマンとおばけさわぎ」「うどんくんとおそばちゃん」「うらしまたろう」

 ちょこちょこ場所を変えながらの上演

 今回の紙芝居も、真の目的はイベントスタッフに随行しているお子様たちの慰労。

 何と言っても、準備から本番、後片付けまで島漬けな日々。

 保護者は忙しくて構ってあげられないだろうし...。

 ちっとはお慰みになったかな?

 もちろん、スタッフの方、出店者の方、お泊りの参加者さんにも観ていただくことができた。



 ランプの光で観る「うらしまたろう」如何でしたか?

 ボクは次の朝に予約してあるツリークライミング体験のため、夜早めに寝たのだけど...。

 夜中には強風が吹き始めた。

 で...。

 残念ながら、イベント自体が中止に...。(涙)

 木に登らずじまいで終わった。

 始発の帰りの船を待っている間、テントなどの撤収を手伝う。

 と...。

 高知から来てるという男の子が、

 「ボク、一つしか紙芝居観てない!後はいつ演るの?」って...。

 で、「瀬戸内Dayout」二日目中止残念記念(?)、お礼&関係者励まし紙芝居として、お別れ上演!
 
本日のお題 「どっかーん」



 最後に一花咲かせて帰りました。(笑)

 「押しかけ紙芝居屋 夢追人」の紙芝居を観て下さった皆様、ありがとうございました!

 また、写真をFBからお贈りいただいたhataさま、貴重な写真となりました。

 ありがとうございました!

 来年も、宜しければ乱入させて下さい!

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0221 のコピー
 皆、「どっかーん」と言ってくれてありがとうね!

久しぶりに、新しい紙芝居を購入

 昨日は仕事の国家資格の試験のため、日曜日の高松へ!

 試験は午前中で終わり、午後は崖遊びのつもりだったが、その前に久しぶりに宮脇書店総本店に寄ってみることに...。

 かつて、ここの3階、絵本や紙芝居が置いてあるフロアーで、「創作あそび 紙芝居」のコーナーを担当してた時期があった。

 前任者の『劇団まる』さんが広島に帰り、その後を引き継いだ方も続かず、ボクがアシスト的にシフトに入ってたのだ。

 そこそこ通った。

 そして、それでいただいた謝礼金は、全て当日紙芝居を買って帰り、1円もポケットに入れないというポリシーで演ってた。

 引退してからは、最初何度かは後任の方の様子を見に行っていたのだが、いつしか足が遠のいていた。

 で、本当に久しぶりの宮脇書店総本店だった!

 運が良ければ「創作あそび」のタイミングとかち合うかも?と期待したが、「創作あそび」は「おはなし会」に名を変え、また、毎週開催だったのが月に一回のイベントになっていた。

 次回は6月17日の様だ。

 そして、店員さんも顔見知りは一人しか残っていなかった。

 しばし思い出話に花を咲かせ、また、最近の「おはなし会」の近況を聞き...。

 折角だから、紙芝居を一作購入して帰って来た。

 童心社 「チンパンジーのおんがくかい」

 本当は松谷みよ子さんの「やまんばのにしき」も欲しかったのだけど、今回は予算が足りず...。

 さあ、いつデビューさせようかな?

 宮脇書店スタッフさま、ありがとうございました!

 また、お会いしましょう!

                      よろず語り部 夢追人拝

6月2日 ふれあいパークみのにて「ぶらり紙芝居屋」『紙芝居サミット』ぶりに紙芝居を!

_KA20010.jpg
 「うどん好きな子、手を挙げて〜!」





 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』以来、久しぶりに紙芝居を!

 仕事が忙しかったのもあるが、ここのところ、土日は歌か崖か...。

 意識的に紙芝居を遠ざけて来た気がする。

 三野町図書館での「読み聞かせ請負人」が終焉してしまったのもあるが、一山越えてしまった気がする。

 でも...。

 今日は久しぶりにふれあいパークみのに行ってみる気になった!

 ここに行くのも久しぶりなら、「ぶらり紙芝居屋 夢追人」を演るのも久しぶりだ。

 午前中は畑の草刈、そしてツリークライミング。

 午後一は明日の国家試験の勉強!

 そう、なんと言っても明日は、仕事の資格を取るための試験なのだ!

 紙芝居演ってる場合か?

 でも、いい気分転換になったよ!

本日のお題 「おむすびころりん」「うどんくんとおそばちゃん」「アンパンマンとおばけさわぎ」「おむすびくん」「まんまるまんま たんたかたん」「どっかーん」「かっぱのすもう」「あんもちみっつ」

 演った数は少なかったけれど、沢山のちびっ子が熱心に観てくれ、また、鳴り物叩きタイムにも喜んで参加してくれたので嬉しかった。





 それにしても、暑かった!

 一応、観客席は木陰にしたのだけど...。

 皆、暑い中観てくれてありがとう!

 市内図書館での紙芝居実演の場を失い、ちょっと落ち込んでたところも正直あったのだけど...。

 ボクには青空の下、沢山の子供たちと出会えるホームグラウンドがあったのだ!

 久しぶりにふれあいパークみのを訪れて、改めてそれを思い出した。

 今後とも、宜しくお願い申し上げます!

                    よろず語り部 夢追人拝

『さぬきの国 紙芝居サミット』は「瀬戸内 紙芝居サミット」に名称変更いたしました!

RIMG0255 のコピー
 もう既にポスター・フライヤーの写真は決定してます!(笑)




  第一回「瀬戸内 紙芝居サミット」(第六回『さぬきの国 紙芝居サミット』)企画草案

◉日時

 2019年5月5日

  10時〜16時

◉場所

 うたづ臨海公園内各所、海ホタル内ホール

◉出演対象者

 誰でも(学生・プロ・アマチュア・初心者・未経験者・男女・年齢を問わず)

◉出演エントリー

 ブログ「よろず語り部 夢追人 絵本語り」のメールフォーム及びコメント

 「よろず語り部 夢追人」facebookのコメント及びメッセージ

 「瀬戸内 紙芝居サミット」facebookのコメント及びメッセージなどから

  *当日の飛び入り参加も大歓迎!

◉スケジュール

 10時~12時 開会宣言・自己紹介・デモ実演・交流会(海ホタル内ホールにて)

 12時〜13時 食事休憩(各自) 

  *そのままフリータイム実演に入るのもOK

 13時〜16時 園内各所でフリー実演

 16時 流れ解散

 16時〜 繁盛(反省)会(海ホタル内ホールにて 希望者のみ)

  *全てのスケジュールにおいて途中参加、途中退席自由

◉参加費・観覧料

  完全無料

   *公の施設なので、物販・投げ銭など来園者との金銭の遣り取りは禁止です

◉広報活動

 よろず語り部 夢追人撮影の、第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』開催時の写真を使用し、ポスターとフライヤーを製作

 県内のマスメディアのイベント情報コーナー向けに、リリースを送付

  *当日取材大歓迎!

 参加者及び希望者には、データをメールにて送ります。配布自由!

◉当日のレポート

  よろず語り部 夢追人がブログ・facebook上でレポートをアップ

◉参加者による活動記事について

  それぞれが各自のサイトなどで、レポートをアップしていただいてOK

   *ただし写真の掲載は、演じ手以外の肖像権に配慮すること!(ピントをぼかす・後ろ姿・遠景など)

                          以上

 まだ、草案なので、参加予定の方の希望・要望などに応え、改善できるものは対応して参ります!

 忌憚のないご意見を。

 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』出演者の皆様、本当にありがとうございました!

 また来年も宜しく!

                    よろず語り部 夢追人拝

レポ#23 「瀬戸内紙芝居」河野さんのデッサンのご紹介

 レポ終了を宣言してしまったけど、一つ忘れてた。

 「瀬戸内紙芝居」河野さんが、FBのコメントであの時のデッサンを送って下さったのだ!

 上手くダウンロードできなかったので、埋め込み機能で添付する。

 上手く表示されるかな?





 これ、ボクやな?





 『劇団まる』さん




 人形劇団やじろべえさん





 植村バニラさん





 鶯のジョーさん





 いっしーさん(名古屋)





 小林繁さん





 左が『劇団まる』さんで、右は小林繁さんだろうか?(下のデッサンは鶯のジョーさんだけど...。)





 左は? 、右は鶯のジョーさんかな?

 切り絵にするとこんな感じになるみたいです!

 「瀬戸内紙芝居」河野さま

 ありがとうございました!

 これで、本当にレポは全て終了です!

 皆様、長々とお付き合い下さりありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝

レポ#22 最終章 第六回『さぬきの国 紙芝居サミット』に向けて

RIMG0255 のコピー
 もう既にポスター・フライヤーの写真は決定してます!(笑)




  第六回『さぬきの国 紙芝居サミット』企画草案

◉日時

 2019年5月頃

  10時〜16時

◉場所

 うたづ臨海公園内各所、海ホタル内ホール

◉出演対象者

 誰でも(学生・プロ・アマチュア・初心者・未経験者・男女・年齢を問わず)

◉出演エントリー

 ブログ「よろず語り部 夢追人 絵本語り」のメールフォーム及びコメント

 「よろず語り部 夢追人」facebookのコメント及びメッセージ

 『さぬきの国 紙芝居サミット』facebookのコメント及びメッセージなどから

  *当日の飛び入り参加も大歓迎!

◉スケジュール

 10時~12時 開会宣言・自己紹介・デモ実演・交流会(海ホタル内ホールにて)

 12時〜13時 食事休憩(各自) 

  *そのままフリータイム実演に入るのもOK

 13時〜16時 園内各所でフリー実演

 16時 流れ解散

 16時〜 繁盛(反省)会(海ホタル内ホールにて 希望者のみ)

  *全てのスケジュールにおいて途中参加、途中退席自由

◉参加費・観覧料

  完全無料

   *公の施設なので、物販・投げ銭など来園者との金銭の遣り取りは禁止です

◉広報活動

 よろず語り部 夢追人撮影の、第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』開催時の写真を使用し、ポスターとフライヤーを製作

 県内のマスメディアのイベント情報コーナー向けに、リリースを送付

  *当日取材大歓迎!

 参加者及び希望者には、データをメールにて送ります。配布自由!

◉当日のレポート

  よろず語り部 夢追人がブログ・facebook上でレポートをアップ

◉参加者による活動記事について

  それぞれが各自のサイトなどで、レポートをアップしていただいてOK

   *ただし写真の掲載は、演じ手以外の肖像権に配慮すること!(ピントをぼかす・後ろ姿・遠景など)

                          以上

 まだ、草案なので、参加予定の方の希望・要望などに応え、改善できるものは対応して参ります!

 忌憚のないご意見を。

 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』出演者の皆様、本当にありがとうございました!

 また来年も宜しく!

                    よろず語り部 夢追人拝

レポ#21 アナザーストーリー うたづ臨海公園元スタッフ O さんとの再会

_DSC0035 のコピー
 このどこかに写っておられます!(笑)





 ボクがうたづ臨海公園で紙芝居をさせていただく様になって、何年経ったろうか?

 そして、『さぬきの国 紙芝居サミット』を開催して4年半経った。

 その当初より、申請書の受付担当は O さんのことが多かった。

 遊具広場で紙芝居を演ってると、たまにそ〜っと現れて、パシャりと写真を撮って行かれる。

 気がつくと道の駅のサイトなどで紹介されていたりする。

 「よろず歌唄い 夢追人」の方でも大変お世話になりました。

 彼女は今年の三月末、つまり年度末でうたづ臨海公園のスタッフを辞したのだ。

 「最後の一仕事として、『さぬきの国 紙芝居サミット』の告知を頑張ります!」

と、FM Sunのプロデューサーに紹介してくれたり、いろいろと便宜を図って下さった。

 ボクは彼女とのお別れに際し、誠に勝手ながら、「仰げば尊し」を贈ったのだった。

中略

 その彼女が、今回『さぬきの国 紙芝居サミット』を覗きに来て下さった!

 「O さん、お久し振りです!」

 「いつもスタッフとして、遠目からこのイベントを眺めていたけど...。今回、仕事ではなく、観客として紙芝居を改めて観たら...。いいな〜、これ、子供たちも喜んでるし。◯◯さん、続けないかんで!」

 そう言い残して帰って行かれた。

 O さん、行けるとこまで続けます!

 また遊びに来て下さい。

 今まで、本当にありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝

レポ#20 アナザーストーリー 「ごめんね!銭形千春さん。」

 開会式の始まる前、『劇団まる』さんのところに観音寺のミュージシャン・銭形千春さんが挨拶にいらした。

 『まる』さんは高松在住時代、紙芝居の演じ手同士ではなく、地元ミュージシャンに混じってイベントなどで紙芝居を演ってたので、物凄くミュージシャンに顔が広いのだ!

 そして、彼の人柄のせいで、『さぬきの国 紙芝居サミット』に彼を訪ねてくる人も多い!

 広島に帰ってしまった今だからこそ、確実に再会できるこのイベントは、『劇団まる』さんに会うための集いイベントの役割も果たしている。

 それは大変素晴らしいことなんだけど、今回はちょっとトラブルになりそうな予感を感じていた。

 『劇団まる』さんの実演を待っている間、海側のホールで歌を唄ってるというのだ。

 正直、それは勘弁して貰いたい!

 『まる』さんも危険を察知して、苦笑いしながら、「小さめにお願いします!」とは言って下さったのだが...。

 ボクも「よろず歌唄い 夢追人」として、この海ホタル内で歌を唄っているから知っているのだが、ここは音響がよ過ぎて、ホール間の音は全て筒抜けになってしまう。

 小さな声なんてのは、無理に決まってる!

 だから、朝の映画のロケでは、ボクは大変な気の遣い様だったのに...。

 ボクは銭形さんとは面識がないので、取り敢えずは様子を見てみることにした。

 でも...。





 やはり恐れていた状態になってしまった。

 自分の実演を終えてすぐ、ボクは彼のところに行って、

 「銭形さん、申し訳ないけど、音がかぶるので勘弁して下さい!動画の撮影もしてるし、声の小さな方もおられるので...。ボクはこのイベントを半年前から準備して来たんです!」

 彼は、すぐ

 「分かった!外で演るわ。」

と出て行かれた。

 ボクは申し訳ない気持ちもあったけど、主催者としては絶対ここは譲れない!

 折角集まって下さった演じ手の皆様に、少しでもいい環境で紙芝居を演って欲しいし、もちろん観客の方々にもいい状態の実演を観て貰いたい!

 そのためには、ボクは鬼にでも修羅にでもなる!

 事なきを得たけれど、余りに映画のロケが押していたら、ボクは毅然と抗議しに行っていたであろう。

 それに...。

 銭形さんだって、自分のしっとりとした歌声に紙芝居の音がかぶるのは嬉しくないだろう?

 中略

 フリー実演になり、身体が空いた時点でボクが向かったのは、聖地のオブジェの前で唄ってた銭形千春さんのところ。

 彼はその名の通り、松山千春さんをリスペクトしておられ、モノマネというのでもなく、彼の歌を唄っておられる。

 力任せに唄ってるボクとは全く違い、そん美声は多くの人に響くと思う!

 ボクは改めて彼に謝りに行った。

 「さっきは済みませんでした!」

 「いいよ!気にしてない。分かってるから...。」

 銭形さんが真っ黒に日焼けした顔で笑ってくれた。

 その笑顔で、ボクも許された気がした。

 ボクだって、人が歌を唄ってる横で紙芝居を大声で演じようとは思わない。

 同じパフォーマー同士、そこは譲り合い、助け合っての舞台だと思ってる。

 これで、またどこかで彼と会っても、笑顔でご一緒することができる。

 その時は、ボクは紙芝居のおっさんじゃなくて、「よろず歌唄い 夢追人」としてかも知れないね。

 銭形千春さま

 またどこかでお会いしましょう!

 ありがとうございました。

                      よろず語り部 夢追人拝

レポ#19 アナザーストーリー 「海のくまさんず」

RIMG0351 のコピー RIMG0354 のコピー RIMG0339 のコピー
 今回も沢山のちびっ子たちが集まってました!





 「『さぬきの国 紙芝居サミット』のレポに、何故紙芝居じゃないのが投稿されるの?」

そう不思議に思う方もおいででしょうが、彼ら、「海のくまさんず」とよろず語り部 夢追人の繋がりは古い!

 そして、大概、『さぬきの国 紙芝居サミット』の開催日には、彼らも子供たちとのセッションを楽しんでいる。

 まあ、ある意味、仲間みたいなもんです!

 ボクもたまに拍子木で参加してるしね...。(笑)

 そもそも、「海のくまさんず」って名前も、その誕生にはボクが関係してるのだ!

 元々、彼らにはユニット名は存在しなかった。

 で、紙芝居をしに行く様になって彼らと出会った際、ブログで紹介したいからと声をかけ、名前を聞いたらないと言う。

 そんな遣り取りの後、彼らが選んだのが「森のくまさんず」という名前だった!

 だから、過去のボクのブログでは、彼らは「森のくまさんず」という名前で登場している。

 が、同じ名前のバンドが既に存在してるらしく、折角臨海公園で演ってるのだからと、「海のくまさんず」に改名したのだ!

 ギターの彼とは「よろず歌唄い 夢追人」の方で、「田園」(玉置浩二)と「アナと雪の女王」の主題歌「ありのままで」(松たか子)をセッションしたことがあるしね...。(笑)

 この日も沢山のちびっ子が集まっていた。

 彼らの最大の特徴は、アニメソングを中心に、子供たちに唄って貰い、カホンやシンバルや、沢山の鳴り物を一緒に叩いて貰ってセッションするというもの。

 ギターの彼が一応はボーカルだけど、子供たちがノッて来るとメインボーカルを譲り、サブに回る。

 かくして、子供たちの歌声が、遊具広場の片隅に響き渡る。

 彼らはこんな活動を既に5年以上続けてる。

 たまに高校生になった子が、昔を懐かしんで挨拶に来るらしい!

 彼らは、子供たちの笑顔を糧に活動をしているという意味で、ボクたちの仲間だし、同志だと思う!

 また、ご一緒しましょう!

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0349 のコピー

レポ#19 実演のレポは終わったけれど...

_DSC0058.jpg
 「瀬戸内紙芝居」河野さんが、記念にと紙芝居自転車を並べてくれました!





 事実、今まで五回『さぬきの国 紙芝居サミット』で、演じ手の方々の実演レポを書いて来たけれど...。

 ボクの稚拙な文章では、伝え切れない、内容が薄い...。(涙)

 今回は動画も添付してあるけど、やはり、伝え尽くせはしない!

 やっぱり目の前で、観客席で観ていたがかないと...。

 だから、やはり『さぬきの国 紙芝居サミット』に実際足を運んで、青空、蒼い海、緑の芝生、頬を撫でる風、子供たちの嬌声などに囲まれて、それぞれの演じ手の前に座って欲しいのだ!

 ボクのレポなど、そこに皆さんを導くための、誘い水にしか過ぎない。

 興味を持って貰うための、布石に過ぎない!

 願わくば、FBで「いいね!」やコメント・シェアなどをして、この『さぬきの国 紙芝居サミット』の存在を、むしろ紙芝居とご縁のないであろう、市井の人に拡散して欲しい!

 「紙芝居など、子供の観るもの。わざわざ足を運ぶに値しない!」

そう思っている人が大半であろう?

 ボクも自分が始めるまで、全く関心を持っていなかった。

 でも、ハマった!

 紙芝居と”出逢った”からだ。

 紙芝居の面白さと”出逢って”いただくには、兎に角観ていただくしかない。

 ボクたちの紙芝居を観た人の中から、一握りでもいい、紙芝居に関心を持ってくれる人が現れれば幸いだ!

 「自分も演じてみたい!」

そう思ってくれれば最高だ!

 ボクは夢見る。

 紙芝居自転車がずらっと並んだ光景を!

 ボクのレポはシェアフリーです。

 お好きな様に拡散して下さい。

 そして、紙芝居好きな人との交流をもっと楽しんで行こう!

                  よろず語り部 夢追人拝

レポ#18 フリー実演その六 よろず語り部 夢追人

_DSC0044.jpg
 階段のところで演らせて貰いました!





本日のお題(フリー実演) 「アンパンマンとマジカちゃん」「アンパンマンとばいきんまん」「まいごのこいのぼり」(二回)「さらやしきのおきく」「おむすびころりん」「花嫁さん」「ごきげんのわるいコックさん」「おおきないわがど〜ん」「うらしまたろう」(「海の声」の歌唱付き)「かっぱのすもう」 順不同

 あれ?こんなもんだったっけ...。

 もう忘れてるよ!(笑)

 昼食を終え、皆さんのところを回りながら、合間に階段のところに置いといた紙芝居自転車で気まぐれに上演し、また、皆のところを回る。

 そんなことを繰り返していた。

 常に演じ手がいる訳ではないので観客不在なスタートが多かったが、カフェのテイクアウトコーナーに並んだ人や、上演する声に魅かれてやって来る人もいて、集客には事欠かなかった。

 本当は駐車場側の石畳のブルーシートで演るはずだったのだけど、風が強過ぎてすぐに撤収!(苦笑)

 銀マットも敷けず、階段に直に座らせて申し訳なかった。

 芝生広場からは鶯のジョーさんの歌声が聞こえ、また、恋人たちの聖地のオブジェのところからはギター弾き語りのストリートミュージシャンの歌声も聞こえて来る。

 本当に風がちょっと強くらいで、のどかな1日だった。









 たまに海ホタルには入ると、小林さんが実演を続けておられる。

 「ボクも、一作だけ中で演ろうかな?」

って、間に「花嫁さん」を挟ませて貰った。

 観客は小林さんと『劇団まる』さんのお母さんだけだったけど、そんなことは気にしない!

 小林さんは、「花嫁さん」を出している雲母書房の介護紙芝居を得意とされているので、ボクも一作観ていただきたかったのだ。

 そして、結婚式に唄う「高砂」の話になったり、「愛染かつら」に出て来る「旅の夜風」の話などをした。

 やがて、紙芝居マン☆ジョウくんや、「瀬戸内紙芝居」河野さんが引き上げて行ったので、最後はいつもの遊具広場で〆た。

 子供たちの姿も少し減ってはいたが、それでも何作か楽しむことができた。




 あ〜あ、時間も経っちゃったし、自分のことは余り書くことはないな〜!

 兎に角、実演関係のレポはこれでお終いです!

 あ〜、疲れた!

 やっと終わった。

 でも、第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』のレポはまだまだ終わった訳じゃない!

 もうしばらく続くので、もうちょっとお付き合いのほどを!

                    よろず語り部 夢追人拝

_DSC0067.jpg

レポ#17 フリー実演その五 小林繁さん

RIMG0333 のコピー
 ちゃんとイベント終了の16時まで、こつこつと実演を続けてた...。本当に凄い!





 今回の『さぬきの国 紙芝居サミット』、フリー実演を唯一海ホタルで続けたのは小林繁さん!

 昨年は遊具広場でボクの自転車を使っての実演もあったのだが...。

 やはり、83歳になり足の調子がよくないので、外に出てはキツかったらしい。

 同じく、『劇団まる』さんのお母様も、ホールのソファーにかけたままで1日を過ごされた。

 小林さんの一番の観客は、『まる』さんのお母様だったことだろう。

 それにしても、小林さん本当に頑張って実演を続けてた!

 持って来た作品は全て演り尽くし、二度目を演じたものも多かったのではないか?

 いくら声の通るホール内だったとしても、紙芝居を多数演じるには体力と気力が要る!

 流石、地元老人介護施設などへの慰問紙芝居を100回・50回達成しただけのことはある。

 「今年で引退です!」とおっしゃっておられたが、本当に来られる限り、いつまでも参加して下さい!

 なんなら、車で迎えに参ります。

 高知には90歳を超えてまだ現役の、市原麟一郎さんもご健在です!

 小林さんの紙芝居、また観せて下さい。

 さて、いろいろな演じ手のところを周り歩き、その間に自分も実演を重ね...。

 会期終了を迎え、海ホタルにボクが帰ってみると...。

 既にソファーが並び直され、仮設の縁台もバラして片付けてあった。

 これ、ひょっとして小林さん一人で片付けたの?

 あちゃ〜、大変えらい目をさせました。

 そのままにしておいて下さって良かったのに...。

 大変申し訳ございませんでした!

 お陰様で、後片付けが随分楽になりました。

 また、讃岐源之丞保存会さんの公演会でお会いしましょう!

 ありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝
 

レポ#16 フリー実演その四 『劇団まる』さん

RIMG0304 のコピー
 『まる』さん、新しい場所の演り心地はどう?





 一緒にお弁当を食べた後、『まる』さんは自分に会いに来てくれた方との交流に、いつもちゃんと時間を取ってから、午後のフリー実演に入る。

 本当に律儀な人だよ!

 『劇団まる』さんの人柄のよさが、沢山の親衛隊を生むんだろうな〜。

 さて『まる』さん、いつもの場所で紙芝居マン☆ジョウくんが演ってたからか、新しい場所を試してみたかったのか、ボクが今回新設したブルーシートのところで演ってた。

 まあ、兎に角日差しが眩しいし、暑いので日陰に何箇所か舞台をセッティングしてた訳だ!

 で...。

 レポなんだけど...。

 写真はこれしかない!

 もう、『まる』さんとは長い付き合い。

 ツーカーの仲!

 そ〜っと寄って行って、パシャりと撮って、そのまま立ち去るだけ。

 完全に丸投げ!(『まる』さんだけに...)

 紙芝居ってのは、基本そんなものでしょう?

 完全なる、自己完結な表現!

 それでいいのだ!

 『紙芝居サミット』ということで、演じ手を沢山寄せ集めたけれど、最後は皆、独立した一人づつのアーティスト。

 その活躍を、ちょっと離れて見てるのがいい!

 それで十分にこのイベントを企画した意味がある。

 『まる』さん、いい顔してるでしょう?

 このひとときのために、北広島から日帰りで来て下さってるんだから...。

 余り茶々を入れるのは無粋です!

 『劇団まる』さま

 お帰りなさい!

 そしてありがとう!

 貴方がいなければ『さぬきの国 紙芝居サミット』は誕生しなかったでしょう。

 願わくば、「瀬戸内紙芝居」河野さんとジョイントで、『あきの国 紙芝居サミット』を開催して欲しい!

 その時は、今度はボクが日帰り参加しますよ!

 いや、テントで泊まるかも知れないけれど...。(笑)

 お母様も、ありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0297 のコピー

レポ#15 フリー実演その三 紙芝居マン☆ジョウさん

RIMG0327 のコピー
 子供たちとの近さ、これが紙芝居マン☆ジョウくんの距離感!





 ボクが「稲むらの火」のデモ実演を終え、『まる』さんが残り時間を使って再上演をしてるタイミングだったか、紙芝居マン☆ジョウくんがすっと寄って来て、

 「遊具広場のいつもの木の下のブルーシート、使ってもいいんですよね?」

って...。

 おお、ランチも摂らずにそのままフリー実演始めちゃうつもりだな〜?

 「ああ、いいよ!後から『まる』さんが行くかも知れないから、その時は譲り合って演ってくれれば...。ボクはこっちで演るんで!(石畳)」

 紙芝居マン☆ジョウくんは、早く子供たちと遊びったくってしょうがないんだな〜?

 勢いよく出て行く後ろ姿が、とっても嬉しそう!

 で、ボクは『まる』さんたちとお弁当をいただいて、その30分後くらいに遊具広場に行ってみた。

 楽しそうに演ってます!

 のどかな光景じゃありませんか。


RIMG0288 のコピー


 なんだろうね?この落ち着いた感じ...。

 まあ、紙芝居マン☆ジョウくんの心の中では、いろいろ葛藤とかもあるんだろうけど...。

 子供たちの寛いだ感じは、誰にも真似できない!

 流石、「ゆらぎ整体」と名乗って、身も心も寄り添う仕事を始めただけのことはある。

 彼の作品は、完全なる子供参加型。

 彼はナビゲーター的存在であって、あくまでも主役は子供たち!

 それが、子供たちに素直に自分を出せる裏付けとなっているのだと思う。

 見知らぬおじさん(もう、彼もそこそこの歳らしいし)に、こんだけ素を見せられるってのは、安心して心を許してる証拠。

 ボクも、かつて写真家として子供たちを撮ってた時はその力があった。

 今は随分薄れてしまったけれど...。

 「お子様ホイホイ」は実は、ボクの得意技でもあったのだ!

 今は、彼には敵わない。

 紙芝居マン☆ジョウくん、子供たちとの蜜月を心ゆくまで楽しんで下さい!

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0314 のコピー RIMG0313 のコピー

レポ#14 フリー実演その二 「瀬戸内紙芝居」河野さん

RIMG0252.jpg
 「瀬戸内紙芝居」には、やはり蒼い海がよく似合う!





 今回、「瀬戸内紙芝居」河野さんが参加して下さるというお話をいただいた時、真っ先に浮かんだのは海をバックに紙芝居をしている映像だった!

 それを目の当たりにできて、本当に呼びかけ人のボクとしても感無量だった。

 当日、芝生広場や遊具広場にブルーシートを敷いている時、「海際にも一枚...。」と心の中では思っていた。

 しかし、この日は風が強かった!

 芝生の上にペグ打ちしたブルーシートでさえ、飛んで行きそうな風。

 実はボクも、いつもの場所じゃないところで演ってみたくて、海ホタルの南側にブルーシートを敷いてはみたのだった。

 そこは石畳で、ペグを打つ訳にいかないから、紙芝居のぎっしり詰まった市場かごを重しにしておいたのだが、午前中のデモ実演を終える頃にはぐじゃぐじゃになっていた。

 自転車が倒れても危ないし、紙芝居は紙だから、風に当たると折れてしまう!

 これでは、河野さんに「海際で演って欲しい!」とは、とても言い出せなかった。

 しかし、思うところは同じだったみたいで、彼も海際での実演を目指していたのだ!

 ただ、ボクが他の人を観ている間に、既に一作目の「かもめ」の終盤まで進んでいた。

 だから、動画は最後の最後しかない...。(涙)

 思わずボクは、

 「もう一作演って〜!」

とリクエストした。

 そして彼は、「アビの話」を演ってくれたのだ。

 いや〜、この光景、青い空、蒼い海、瀬戸大橋バックに黄色い舞台、切り絵の紙芝居...。

 これは、本当に呼びかけ人冥利に尽きる!

 この光景を見ることができただけでも、第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』を開催したい意義はあった!

 





 今回は、フリー実演の動画は録らないって決めてたけど...。

 思わず録ってしまったよ!

 いや、これは録らずにはいられまい?

 河野さんも大変喜んで下さった。

 こういったサプライズがあるから、実演場所を決め、出演順を決めた、きっちりしたイベントにしたくないのだ!

 何が起こるか分からないドキドキ!

 臨機応変、千差万別、百花繚乱...。

 兎に角、『さぬきの国 紙芝居サミット』は自由だ!

 この光景を見ることができた、数少ない観客たちよ。

 その邂逅の真の価値が分かるのは、随分後の話かも知れないが...。

 いや〜、たまんないっす!

 「瀬戸内紙芝居」河野さま

 ボクもその一人です!

 大変にありがたかったです!

 いい瞬間にでくわせて、ボクも幸せ者です。(笑)

                 よろず語り部 夢追人拝

RIMG0281.jpg

レポ#13 フリー実演その一 鶯のジョーさん

RIMG0196 のコピー
 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』のポスターの再現!(笑)




 さあ、野外に出て最初に見つけたのは、鶯のジョーさん!

 今年のポスターの写真の、あの場所に朝イチからテント張ってたね?(笑)

 ここは、鶯のジョーさんが『紙芝居サミット』に参加される限り、彼のための場所です。

 なんせ彼の紙芝居は大掛かり、そして、間違いなく電源が要る。

 この石の舞台脇にしか電源はないので、ジョーさんは暑かろうが寒かろうが、ここで演るしかないんだよね。(笑)

 結果、今回着ぐるみに着替えての寸劇はなかったのだけど、鶯のジョーさんの紙芝居は、また一段とパワーアップしてた。

 機材もますます大掛かりになって来てるし、紙芝居ではなく、最早音楽イベントみたいだよ。

 フェス!

 今回、ボクは残念ながらフリー実演では動画を録っていない!

 そこまでやると自分が紙芝居を演じる暇がなくなるし、後のレポも仕事量が半端なく増えるので...。

 が、鶯のジョーさん、ちゃんと自分で動画を上げてくれてます。


 


 ボクもず〜っと彼の前でいた訳じゃないんだけど、遠くにいても彼の歌声はよく届いた!

 おいおい、全ての紙芝居にテーマ曲を当てがって、全部唄ってるんじゃないのか?

 すげ〜な〜!

 『サミット』終了後、後片付けをしてる彼に労いの言葉をかけに行くと、鶯のジョーさん、真っ赤に日焼けしてた。

 ほとんど休みなしに演ってたよね?

 鶯のジョーさん

 くれぐれも無理をなさらずご自愛下さい!

 そして、一日中、それこそ彼がデモ実演をしてた間も、機材やテントの番をして下さってたお母様。

 本当にお疲れ様でした!

 『劇団まる』さんもお母様を同伴されてましたが、母の愛は偉大ですね?

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0329 のコピー RIMG0244 のコピー

レポ#12 お昼休み 『劇団まる』さん親衛隊の方のお弁当をいただく

RIMG0184 のコピー
 『劇団まる』さん親衛隊のお二人、後ろ姿で申し訳ない!





 エントリー者8名と、飛び入りの1名のデモ実演が無事に終了した。

 これからお昼休みで、13時から園内各所でのフリー実演となる。

 しか〜し、もちろん、もう、外で紙芝居をしたくてしたくてウズウズを止められず、外に飛び出して行った方々も!

 鶯のジョーさん、紙芝居マン☆ジョウ共に別々の場所に散って行った。

 「オイラ、ちょっくら休憩を取ってから外に出るから、取材と写真は後でね〜!」

 まずは海ホタル内の片付け。

 ほとんどの演じ手が屋外に出てしまうので、ある程度は片付けておかないと!

 そんなこんなの内、海際のスペースでは、『劇団まる』さん母子、小林さんがお弁当を食べてる。

 ボクはうたづ臨海公園での昼食は、大概、カフェのハンバーガーのテイクアウトで済ますのだけ度...。

 「夢追人さんのもありますよ!さあ、どうぞ食べて下さい。」

って、『劇団まる』さんの親衛隊(?)の方から、今年もお赤飯とゆで卵の差し入れが!

 「うわ〜、ボクもいいんですか?いつも済みません!」

 ゆで卵に添えられてたのは、梅酢を染み込ませたお塩。

 とっても手が込んでる、愛情弁当!

 さらに、大きなお餅も一つづつ配られて...。

 ボクのは柑橘系の味だったけど、ピンク色のもあった。

 何味なんだろう?

 このお二人、元保育園の先生らしく、

 「紙芝居はそれこそ沢山、沢山読んだ!お陰で声がかすれちゃって...。」(笑)

 後で考えたのだけど、折角だから、紙芝居を演じて貰えばよかった。

 昔取った杵柄、きっとブランクがあっても上手いんだろうな〜?

 来年頼んでみよう!

 お二人さま

 ボクの分までお弁当を作っていただいてありがとうございました!

 いや〜、温かい、こころもあったかいお弁当でした!

 『まる』さんのお母様はもちろん、小林さんも随分昔からの友達の様に寛いでお弁当を食べてる。

 こんなアットホームな交遊も、『さぬきの国 紙芝居サミット』効果か?

 さあ、お腹も一杯になったことだし、これより、午後のフリー実演のレポが始まります。

 乞うご期待!

                   よろず語り部 夢追人拝

レポ#11 アーティストとしての「瀬戸内紙芝居」河野さん

RIMG0181 のコピー RIMG0171 のコピー RIMG0172 のコピー RIMG0173 のコピー
 紙芝居を演じていなくても、そこにあるだけで存在感を遺憾なく発揮するこの自転車。





 「あ〜、この人、紙芝居の人ではあるけど、アーティストだな?」

って思ったのは、自転車を一目見たときもそうだけど、他の演じ手のデッサンをする彼を見た時。

 その後ろ姿は、なんか、ドラマ「裸の大将」で有名になった、山下清画伯を思わせた。

 ボクも他の人も、写真を撮ったり動画を録ったりしてたけど、彼一人だけソファーにちょこんとかけて、さらさらさらっと小さなスケッチブックに素描をしている。(下の写真参照)

 い〜な〜、こういうの!

 覚書き的なものかも知れないけど、いつか公開してくんないかな?

 「それ、ボクのもある?」(笑)

 そもそも、彼自作の紙芝居は切り絵だし、色を塗ったのは幼稚園の子供たちだとおっしゃっていた。

 幟もデザインは彼だけど、知り合いの女性に方に作って貰ったと...。

 自転車の「風」の字も、誰かに書いて貰ったらしい!

 アイディアを出して、それを他の人の手を借りながら作品に仕上げる。

 そういう、巻き込み型のアーティストもおられる。

 ボクは演じ手であって、紙芝居の制作まではできないけれど、オリジナル紙芝居を作ってる皆は、もちろん演じ手であるが、もう一面、アーティストの顔を持っている!

 そういうことを考えさせるきっかけとなった。

 実演中は短い時間で引き抜かれてしまう絵だけれど、じっくり見たら、また違ったものを感じられるのかも知れない。

 「瀬戸内紙芝居」河野さま、ありがとうございました!

                    よろず語り部 夢追人拝 

RIMG0089 のコピー RIMG0129 のコピー

レポ#10 デモ実演その九 よろず語り部 夢追人(鎌倉の町田さんの代演) 

_DSC0420 のコピー
 鎌倉の町田さんから寄贈された紙芝居




 紙芝居道場「こめ蔵」のまさちゃんがいらっしゃらなかったので、最後に「稲むらの火」を演じさせていただいた。

 昨年もお披露目させていただいたのだが、鎌倉市在住の町田さんからの寄贈作品だ。

 いつか瀬戸内海沿いを旅してこの作品を上演し、地震や津波の恐ろしさを啓蒙して回りたいというお方で、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』への参加を計画していたのだが、「行くことができないので作品だけ送ります!」と、ボクに託されたのだ!

 子供向けの楽しい紙芝居は、午後から青空の下なんぼでも演じることができる。

 ここは「稲むらの火」の代演を務めよう!

 ということで、町田さんにも視ていただくために、動画もしっかり録画した。(途中でバッテリーが切れたけど...。 苦笑)

 町田さん、如何だったでしょうか?

 いつか、町田さんによる実演を観せて下さいね?

 この後、12時まで少し時間があったので、「再演したい人!」と募ったら、やはり真っ先に手を挙げたのは『劇団まる』さんだった!

 流石だね?そのハングリーぶり。

 これで、午前中のレポは終わり。

 これでレポ#10...。

 まだ半分以下だね...。(涙)

 第五回『さぬきの国 紙芝居サミット』の事業報告はまだまだ続きます!

 今後とも宜しくお願い申し上げます!

 朝起きて朝食前に。

 会社から帰って、寝るまでず〜っと!

 書いても書いても終わらない。(笑)

 動画のアップ、写真のアップ、記事の文章を考えてブログに上げて、facebookにリンク貼って...。

 結構大変なんだぜ〜!

 これ以上エントリー数が増えると、とてもじゃないがフォローし切れない!

 紙芝居を演じてる写真は、自分自身では撮れないだろうけど...。

 各自、『さぬきの国 紙芝居サミット』関連のレポート記事を上げてくれると助かるのだが...。

 皆、活動報告とか余りしないのかな〜?

 ボク目線じゃない『さぬきの国 紙芝居サミット』のレポ、写真一枚でもいいので待ってます。

 『さぬきの国 紙芝居サミット』のfacebookにシェア・リンクさせていただきますので、宜しくお願い申し上げます!
 
                     よろず語り部 夢追人拝

レポ#9 デモ実演その八 小林繁さん 

RIMG0158 のコピー
 メガネの奥で光る鋭い眼。





 トリは『さぬきの国 紙芝居サミット』最年長、83歳の小林繁さんです!

 「すっかり足が悪くなってしまって...。今年が最後です!」

そう宣言してのエントリーだった。

 でも、声にはハリがあり、開会前には「瀬戸内紙芝居」さんの幟を抱えて園内をふれ歩いた。

 小林さん、まだまだ現役でいて下さいよ!

 さて、実演の動画を視ていただこう!

 







 ね〜?マイクなしでこれだけの声量ですよ!

 そして、今回選んだ作品がまた渋い!

 「季節外れだけど好きなので...。」と演じ始めた「あとかくしの雪」。

 円熟の技ですね?

 ボクが演ったら、絶対にこんなしみじみした感じにならないです。

 人形浄瑠璃の義太夫さんに通づる。

 小林さんとボクは、いつも人形浄瑠璃の「讃岐源之丞保存会」さんの公演でお会いする。

 彼は熱心な人形浄瑠璃(関東では文楽)のファンなのだ!

 その語りにはあい通づるところがあるのだろう。

 長い人生経験に裏打ちされた人情噺。

 生半可には真似できません!

 ボクもいつかそんな紙芝居ができる様になるだろうか?

 小林さま

 来年もお待ちしております!

 舞台に上がれる限り、いつまでも紙芝居の演じ手であり続けて下さい!

 車の移動が大変であれば、お迎えに参ります。

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0142 のコピー RIMG0144 のコピー  これ、筆書きのお品書きです!          クリックで拡大表示

レポ#8 デモ実演その七 いっしーさん(名古屋よりの飛び入り参加者)

RIMG0138 のコピー
 普通の来園者・観光客だと思ったんだよね...。




 とうとうと言うか、いよいよと言うべきか...。

 『さぬきの国 紙芝居サミット』に飛び入り参加者出現!

 第一回開催時より、ポスターやフライヤーには「飛び入り参加大歓迎!!」の文言を入れていた。

 実際にイベントなどで、「私も演ってみたい!」って申し出る子供もいるので、そういう希望者の受け皿も用意しておきたいというのと、

 お忍び(?)で様子を伺いに来た関係者、例えば読み聞かせボランティアさんとかで、「やっぱり演じたい!」って気になった人にはどんどん舞台に上がって貰おう!

 そんな趣旨で、「飛び入り参加大歓迎!!」を宣言してる訳です。

 また、予定が立たずにエントリーを仕損なったという演じ手もいらっしゃるでしょう?

 兎に角、堅いことを言わずに、演りたい人にはどんどん演じて貰う!

 それが、ボクのもっとうですから。

 さて、このいっしーさん、次に登場する小林さんと親しげに話していらっしゃるので、ボクはてっきり小林さんの知人だと思っていた。

 ところが、小林さんの紙芝居と舞台を借りて、「飛び入り出演したい!」と言って来た!

 それはもちろん大歓迎なのだが、この後に及んでも、ボクはまた彼が地元、香川の人だと思っていた。

 「ああ、小林さんの知り合いが、演じてみたい気持ちになって下さったのだな。」

 そう思っていたのだ、彼の実演を観るまでは...。







 「ああ〜、これは演じ慣れていらっしゃる!これは、素人じゃないな。」

って...。

 で、後でお話をお伺いすると、名古屋から来られた方で、普段は図書館などで紙芝居を演じておられるらしい。

 名古屋の「マーガレット一家」たっちゃんの話も出て、昨夏長野で行われた、「全国紙芝居まつり」にも参加されたし、なんと「全国街頭紙芝居大会 in ぬまず」にも来られていたらしい!

 「ボク、チャレンジ部門に参加してたんですよ!」というと、彼もびっくりしてた。

 ニアミスだったんだな?

 で、この後に及んでもまだ、たまたま観光に来ててこのイベントに出くわしたくらいに考えていたのだけれど...。

 何と、「とらまるパペットランド」と『さぬきの国 紙芝居サミット』観覧を主たる目的に、わざわざ名古屋からお越しだったらしい!

 いや〜、大変光栄なことです!

 昨年はこれまた遥々出雲よりの観覧者もおられたことだし...。

 『さぬきの国 紙芝居サミット』は、呼びかけ人であるボクが想定している以上に、広がっていっているみたいだね。

 そして面白いのは、紙芝居と人形劇の関係性!

 トップバッターである、九州からの人形劇団やじろべえのお二人は、もちろん人形劇関係者。

 『劇団まる』さんは、とらまる公園で開催されている人形劇フェスティバルで毎年紙芝居を演じて来たし、人形劇関係者との交遊も盛んだ。

 で、実はボクと小林さんも、人形劇ではないが、人形浄瑠璃の「讃岐源之丞保存会」の公演で毎回顔を合わせる仲。(笑)

 まあ、ボクは演じ手でも観覧者でもなく、準サポートスタッフ、写真撮影担当としての参加だけれど...。

 紙芝居と人形劇、なんか深い関連があるんすかね?(笑)

 いっしーさま

 本当に、本当に飛び入り参加ありがとうございました!

 いぶし銀な実演、かっこよかったです。

 自分の演じる「へっこきよめさま」と頭の中で比べながらの撮影でした。

 人それぞれ違って、本当に紙芝居は面白い!

 大変参考になりました。

 ありがとうございます!

                     よろず語り部 夢追人拝

RIMG0131 のコピー

レポ#7 デモ実演その六 紙芝居マン☆ジョウさん

RIMG0125 のコピー
 縦長バージョンに続き、今度は横長バージョン!





 紙芝居マン☆ジョウ君との出会いを思い出して、第一回『さぬきの国 紙芝居サミット』のレポを紐解いたのだけど...。

 初回、彼は丸亀の読み聞かせ団体、「図書館うさぎ」さんの一員ということでのエントリーだったみたい。

 余りに彼の個性が際立っているので、レポは「図書館うさぎ」さんとは別枠で取り上げていた。

 そもそも、彼を知ったのはこれまた別の読み聞かせ団体の方のfacebookだった。

 彼のFBの記事をシェアし、『紙芝居サミット』への参加を呼びかけたが反応がなく、最終手段として彼が活動している児童館にポスターを持参していた。

 オレ、押しが強いな〜?

 で、その思いに応えてくれたのか?紙芝居マン☆ジョウは、一回友人の結婚式でお休みしただけで、後は毎回参加いただいている!

 ボクが彼につけたあだ名は、「お子様ホイホイ」!

 まるで吸い寄せられるかの様に、ちびっ子が前に前に寄って行く。

 オリジナルの立体絵本というべきか?パネルシアターというべきか?

 かなり独自性の強い作品を数多く携え、子供参加型、クイズ形式だったり、子供にストーリーの案を出して貰って、即興劇の様な物語が語られて行く。

 彼はナビゲーター的な存在であって、あくまで主役は子供たちだ!

 学校の先生の前では挙手して答えを発表しないだろう引っ込み思案な子供であっても、彼の前なら、自分を積極的に出して行ける。

 挙手をする勢いが違う!(笑)









 ボクが最初に会った頃、彼は児童介護施設に勤めていた様に覚えているが、現在、彼は「ゆるぎ整体」なるものを始め、心だけでなく、身体も人に寄り添い癒すことを仕事としている。

「紙芝居マン☆ジョウ」ことひらおか君のfacebook

 たまにイベントでの整体の情報がアップされている。

 興味ある方は、是非彼の施術をお試しあれ!

 因みに紙芝居マン☆ジョウの普段の活動の場は、丸亀市飯山町の「東小川児童センター」さんです。

 丸亀市民の方は、是非是非覗きに行ってみて下さい!

 紙芝居マン☆ジョウさま

 久しぶりに福山雅治の声が聴けて嬉しかったです。

 たまには第一回の時の様に、ギター弾き語りも披露して下さい!

 ◯さまにも宜しくお伝え下さいね。

                  よろず語り部 夢追人拝

RIMG0116 のコピー
ご挨拶

 よろず語り部 夢追人

Author: よろず語り部 夢追人
香川県三豊市在住。

 非営利で、紙芝居と絵本の読み聞かせパフォーマンスをしている、ひげのおっさんだよ。よろしくね!十八番は、かがくいさんの作品。ばいきんまんの声色、鬼や、閻魔や、やまんばなどの怖いもの系!がらの悪い坊さんとか...。

追伸 ボランティアではありますが、イベント出演を依頼された場合、交通費と任意で謝礼金をいただいております。これは活動への協力応援金として受け取り、専用口座に一度入金した後、紙芝居の購入などに充てております。一切自分の懐には入れていません。

 有料での紙芝居上演・公演には当たらないという認識でおります。

 ご理解いただけると幸いです!

   よろず語り部 夢追人拝

新ネタ
新コメ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お品書き
よろず語り部の伝言板
メール(ご意見・イベント出演依頼)

名前:
メール:
件名:
本文:

おっさんの仲間
夢とも会員申請フォーム

この人とブロともになる

ジョーのクロスカウンター
昔の記事も見て頂戴!

全ての記事を表示する

月別一覧