初めまして! 「よろず語り部 夢追人」です。

qwdfbn037.jpg
 クリスマス会に紙芝居慰問した西香川病院の傍、国市池にて...。





 初めまして!ボクのブログ、「よろず語り部 夢追人 絵本語り」にアクセスくださいまして、ありがとうございます!今後とも宜しくお願い申し上げます。

 最新記事は、★印のあるイベント告知記事の下にあります。お手数ですがスクロールしてください。もちろん、イベント告知の記事も要チェック!(告知記事は、イベント終了予定日の、未来の日付で表示されております。ご了承ください!)

  ☆印の記事は、「こんなことできたらい~な!」段階の告知です。実現に向け頑張りますので、宜しくご協力の程を!
           よろず語り部 夢追人拝



「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年8月改訂版

よろず語り部 夢追人 紙芝居寄贈プロジェクト 寄贈先一覧へ

よろず語り部 夢追人 facebook
『さぬきの国 紙芝居サミット』facebook


カテゴリー「さぬきの国 紙芝居サミット」
NEW「よろず語り部 夢追人」所蔵の紙芝居リスト
「ぶらり紙芝居屋 夢追人」訪問先=「ぶらりスポット」リスト


メディア出演・掲載関連記事へ

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

「よろず語り部 夢追人」にイベント出演依頼をお考えの方に 2016年9月改訂版

w0005.jpg





 この度は紙芝居のおっさん、「よろず語り部 夢追人」に興味を持っていただいてありがとうございます!

 さて、今までと紙芝居上演のご依頼方法が変わりますので、詳細をここに書いて参りたいと思います。

 このところ、仕事(土木建築業社の社員)の方も忙しくなり、また、休日出勤の割合も増えて参りまして、イベントへの参加を事前にお約束したとしても、ドタキャンをせざるを得ない事態が出始めました。

 今後、下記の様なシステムに変わります。

 既に「よろず語り部 夢追人」に依頼したことのあるお方・お約束済みのお方であっても、改めて、改訂されたシステムに準じていただける様お願い申し上げます。

◉「よろず語り部 夢追人」は基本ボランティアです!

 これは今までと変わりませんが、ボランティアとは本来、依頼を受けてそれに応えるというものではなく、自分の意思で紙芝居を上演しに向かうというもの。

「ぶらり紙芝居屋 夢追人」がこれに当たります。

 このスタイルで活動、紙芝居を上演する場合は、訪問先との金銭の授受はございません!

 完全にボランティアです。

◉「読み聞かせ請負人 夢追人」について

 三野町図書館と仁尾町図書館にて、たまに待機している「読み聞かせ請負人 夢追人」は、図書館にご許可をいただいた状態で看板を掲示し、来館者からのリクエストに応じ紙芝居の上演、絵本の読み聞かせを行うもので、これもボランティア活動の一環であり、もちろん、リクエストいただいた方や図書館とのお金の遣り取りもございません。

◉イベントへの「よろず語り部 夢追人」への出演依頼について

 これは、ボク自身が進んで出演を希望する場合以外のお話。

 主催者さまより、交通実費と任意で謝礼金をお申し受けいたします。

 *注 市販の紙芝居を使用につき、紙芝居の上演代という名目ではお金をいただけません!

 交通費については、遠方の場合は高速代(軽自動車)も含み、駐車場代・ガソリン代などを鑑みて、不足のない様にご用意下さい。

 高速のICは、高松・徳島方面へは「三豊鳥坂インター」からの往復。

       松山・高知方面へは「さぬき豊中インター」からの往復でご試算下さい。

 *あくまで非営利という立場を貫いておりますので、こちらから金額を提示することはありません!常識の範囲で、任意にて金額をご設定いただけると幸いです。

 *いただいた交通費・謝礼金は一切自分のポケットに入れず、一度専用の口座に入金。その後、紙芝居の購入、舞台などの購入などに充てさせていただきます。

 *領収書を発行いたします。

 ★投げ銭制の導入

 主催者が十分な交通費がご用意できないとお困りの場合、あるいは、フリーマーケットなどでの紙芝居上演の場合、投げ銭制をお願いすることがございます。

 観客に任意で投げ銭をしていただくのですが、自転車の側に投げ銭箱(アルマイトのお弁当箱)を置くだけで、こちらから呼びかけたり、投げ銭箱を回覧したりすることはございません!

 さて、一番の問題点。

 イベントへの参加の確約についてですが...。

 これは現状、どんなイベント・イベント主催者が相手であっても、「身体が空いていたら喜んで!運がよければお伺いできます。ドタキャンを覚悟でよければお受けいたします。」としか、申し上げられません!


 実際にキャンセルせざるを得なかった実例が過去にございます!

 現状、日曜日のみの活動になります。

 *注 土曜日・祝日は出勤の現場に配属されました。

 しかも、日曜日も急な休日出勤の可能性があるため、土曜日の夕方にならないと、仕事のスケジュールが決まらない...。(涙)

 本当に申し訳ないとは思うのですが、家族を養って行くため、また、会社員としての立場上これは致し方ない!

 「確約を得られない様であれば、依頼はしない!」というイベント主さまには、「申し訳ないです!」としかお答えできかねます。

 悪しからずご了承下さい!

 ボクはプロの紙芝居師ではなく、あくまで非営利で演じている趣味の紙芝居のおっさんです。

 そこのところはご理解いただける様、宜しくお願い申し上げます。

                  よろず語り部 夢追人拝

備忘録 第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』まで

◉3月分

済★11日 西香川病院の入院病棟に慰問紙芝居

 ☆12日

 ☆19日

済★20日 「讃岐源之丞保存会」さんの定期公演撮影

済☆26日 「宗吉史跡まつり」で「投げ銭紙芝居屋 夢追人」(?)


◉4月分


済★2日 シャープ&フラット主催「アフタヌーン コンサート」に「よろず歌唄い 夢追人」で出演

 ☆8日

 ☆9日

 ☆15日

 ☆16日

 ☆22日

 ☆23日

 ☆29日 「よしづ花まつり」で「投げ銭紙芝居屋 夢追人」(?) 午前中

 ★29日 FM SUN「LOVE・サタデー」に生出演。『さぬきの国 紙芝居サミッ』の告知(夜)

 ☆30日


◉5月分

 ☆3日

 ☆4日

 ☆5日 五郷へ!

 ★7日 第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』開催

 
                          以上

 *確定したイベントは★印になります。

 詳しくはイベント毎の告知記事で!

                     よろず語り部 夢追人拝

第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』エントリーリスト

w0005.jpg

★エントリーNO.1

 よろず語り部 夢追人(『さぬきの国 紙芝居サミット』呼びかけ人)

ブログ「よろず語り部 夢追人 絵本語り」
よろず語り部 夢追人 faceboook
『さぬきの国 紙芝居サミット』 facebook



3ef020.jpg

★エントリーNO.2

 『劇団まる』(広島県)

 言わずと知れた、『さぬきの国 紙芝居サミット』の皆勤出場者!長年住んだ高松から郷里広島県に帰るも、日帰り出張で第二回・第三回にもご出演。『紙芝居サミット』の要的存在!

ブログ「紙しばいの『劇団まる』」



app-072943000s1485599460.jpg
 ブログ「四国フォーク村かわらばん」さんの記事から、写真を転載

★エントリーNO.3

 鶯のジョー(香川県)

 ブログ「四国フォーク村かわらばん」で発見した、謎の紙芝居の演じ手。丸亀市通町商店街で行われている「みたから市」での、四国フォーク村さんのライブに飛び入り参加し、紙芝居を上演。歌も唄われるとのこと...。正直それ以外は全く謎の未知なお方。情報が入り次第、プロフィールを追加記載いたします。しばしお待ち下さい!

鶯のjoe facebook

 追伸 こんなメッセージをいただきました!

 「去年後半から仕事の傍ら、ボランティアグループで施設等を慰問して、紙芝居をしたり、歌を歌っています。何をしたら喜ばれるのか?どうすれば楽しんでいただけるのか?日々試行錯誤です。だけど一番楽しいのは、そうしている時!面白いことが大好きです。」(鶯のジョー)


17092380_1876421865948163_1434159228_n.jpg

★エントリーNO.4

 人形劇場たけのこ(香川県)

 『劇団まる』さんの香川時代のお仲間で、普段は人形劇をされておられる池原さんだけれど、今回は紙芝居”も”持って来て下さるみたいで...。”もちろん”人形劇も観られるでしょう!(笑)以前、ボクに会ってみたいとFBでご連絡いただいたことがあるのだけれど、中々機会に恵まれなくて...。さあ、初顔合わせ、どんな紙芝居が観られるのでしょうか?

池原さんのfacebook


as244.jpg

★エントリーNO.5 

 高松桜井高校放送部の大山君(香川県)

 「香川県親善人形の会」の会員である、山地先生に引率されて参加の高松桜井高校放送部。大山君は今回で三回目のご出演となる。「うたづの町家とおひなさん」会場で会った時、「今年も行くつもりです。」との言葉をいただいた。「香川県親善人形の会」は今期で解散となるし、彼は三年生なので部活も引退が近い。”高松桜井高校放送部の”と書いたが、ひょっとすると大山君の個人参加となるかも知れない。しがらみから解放された彼が、何を演じ、どの様なパフォーマンスをするのか?逆に楽しみでもあります。


w0131.jpg

★エントリーNO.6

 小林繁さん(香川県)

 第三回『さぬきの国 紙芝居サミット』に飛び入り参加いただいた、サミット参加者最高齢、観音寺市在住の82歳!マイクを使わずに実演するも、矍鑠としてハリのある声での好演。「讃岐源之丞保存会」さんの定期公演でお会いした際、「今年も『さぬきの国 紙芝居サミット』やります!」とフライヤーをお渡ししたら、「都合をつけます!」とおっしゃって下さいました。きっと、来て下さると信じております。


woaejh007.jpg

★エントリーNO.7

 紙芝居道場「こめ蔵」まさちゃん(香川県)

 第三回『さぬきの国 紙芝居サミット』は地元の水路掃除とバッティングし、来られなかったのだが...。今回も、水路掃除とかぶりそうなタイミング...。さあ、どうなるでしょうか?是非、「鶯のジョー」さんと「黄金バット ナゾー編」を演じ比べて欲しい!まさちゃん、再会を楽しみにしております。


_DSC0016.jpg
ちえみちゃんは左の和装のお方、右は絵を描いた十河さん

★エントリーNO.8

 ちえみちゃん(香川県)

 どろんこ亭で出会った、元気一杯の紙芝居オバチャン(?)。素敵なイラストを描いていらっしゃる十河さんの絵で、オリジナル紙芝居「おやじウサギくんと海」を制作。主な活動はどろんこ亭だけらしいが、余りのはっちゃけた実演に、思わずスカウト。午前中だけの参加だけど、乞うご期待!見逃せません。

ちえみちゃんのfacebook


qwe153.jpg

★エントリーNO.9

 紙芝居マン★ジョー(香川県)

 とうとうエントリーしてくれました!紙芝居マン★ジョー。オリジナル立体紙芝居を引っ提げての登場。今回はギター演奏もあるのかな?型にはまらない、自由な作風が信条。今回はどんな新作をぶつけて来るんだろう?

「紙芝居マン★ジョー」さんのfacebook





                     以上

 今後、ご出演のお申し出がありましたら、エントリー順に随時更新して参ります!

 皆さまのご参加をこころよりお待ちしております。

                  よろず語り部 夢追人拝

4月22日 「みたから市四国フォーク村ライブ」→うたづ臨海公園で「ぶらり紙芝居屋」

_DSC0007 のコピー
 結構な人数が集まってくれました!大好物。(笑)





 朝一の崖行を終え、うどんを食べて向かったのは、丸亀の通町商店街。

 月一の「みたから市」で続けれれている「四国フォーク村」さんのライブ見学に...。

ブログ「四国フォーク村 かわら版」

 で、「紙芝居演りませんか?」とお誘いがあったので、もちろん飛び入りで演って参りました!(想定内 笑)

本日のお題 「おっぱい山」



 本日、ちょっぴりエッチな紙芝居。

 観客が皆、ちょいと昔のお嬢さん、お兄さんばかりだったので...。(笑)

 時たま女子高生が通行していたが、まあ、お許し下され!

 明るいエッチな作品ですから...。

 で、イベント終了後、今度はうたづ臨海公園へ!

 本当にお久しぶりの、「ぶらり紙芝居屋 夢追人」。

 やっぱ青天での紙芝居はいいよ!

 沢山の子供たちが集まってくれた。

本日のお題 「まいごのこいのぼり」「アンパンマンとおばけさわぎ」「じごくけんぶつ」「あかんぼばあさん」「うどんくんとおそばちゃん」「となりのさくら」 順不同





 喉の様子をみながら、休み休み演ったのだけど、ず〜っとへばりついてる娘もいてそこそこ演ったな〜。

 砂場で作った泥団子を持って来て、わざわざ持たせてくれた娘もいた。(苦笑)

 天気さえよければ、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』はこんな雰囲気の中できるはず!

 参加予定の皆様、お楽しみに!

 さて、サンセットタイムは海ホタルの中で「よろず歌唄い 夢追人」として、久しぶりの『密会』を開催。

 珍しく拍手とコメントをいただきました。



 サテライトスタジオの中では、ベティさんが「LOVE・サタデーナイト」の準備中。

 来週生出演予定なので、笑顔で手をふって、うたづ臨海公園を後にした。

                     よろず語り部 夢追人拝

☆6月11日 総本山善通寺「弘法大師御誕生会」にて「投げ銭紙芝居屋 夢追人」

oen048.jpg
 これは一昨年の写真だな〜。





 本日(4月20日)お昼休み、現場事務所で寝ていたら、総本山善通寺の A さんから電話が!

 「◯◯さん、今年は『御誕生会』に来て、また盛り上げていただけますか?6月の11日なんですが...。」

 「休日出勤にならなければ...。去年は行けませんでしたからね...。」(苦笑)

 そう、昨年の「お誕生会」は怪我で...。

 11月の「空海まつり」は仕事で...。

 まるまる一年休んだのだ。

 3・4年は続けてお邪魔してたのに...。(涙)

 さあ、今年は行けるかな?

 正直、「期待しないで待ってて下さい!」としかお答えできない。

 今準備中の現場が本格的に動き出して、やっと一ヶ月くらいのタイミングなんだよな〜。

 でも、久しぶりの善通寺、楽しみにしております!

 広報担当の A さん(もちろん僧侶)、お声がけありがとうございました。

                     よろず語り部 夢追人拝
 

「よろず語り部 夢追人」に演らせてみたい紙芝居作品、随時募集中!

w0005.jpg





 ボクは紙芝居の演じ手であって、紙芝居作家ではないので、自作の紙芝居というものを持っていない。

*注 絵のない朗読紙芝居は一応存在する(オリジナル紙芝居「おにとやまんば」)

 そして、これからも制作することはないであろうと思われる。

 ミュージシャンにシンガーソングライターと、唄う方だけの人、また作詞・作曲だけの人が存在する様に、紙芝居にもその三様の立場の方がいらっしゃる。

 ボクは、誇りを持って演じ手に徹したい!

 でも...。

 市販の紙芝居だけを演じたい訳でもない。

 現在、いろいろな方面の方々から上演をお許し戴いた状態で、複製版をお預かりしている作品が多数ある。

 また、作品自体はお預かりしていないが、イベントがある度に、上演を依頼されるオリジナル作品もある。

 ボクは、いろいろな作品を演じてみたいし、例え、どんな作品を演じても自分のものにできると考えている。

 紙芝居はもちろん作者のものであるが、ボクが演じれば、”「よろず語り部 夢追人」の紙芝居”。

 ◯◯さんが演じれば、”◯◯さんの紙芝居”と言えると考える。

 どの紙芝居を誰が演じるか...。

 それで印象も全く違うし、面白さのポイントも、作品の持つ雰囲気すら変わってしまう。

 まあ、ある意味、紙芝居は演劇な訳で、誰が演じるか?は物凄く大きなファクターなのだと思う。

 だからボクは、「『よろず語り部 夢追人』にこの作品を演じてみて貰いたい!」ってお声がかかるのを、こころ待ちにしている!

 同じ様な記事を書くのは、実はもう何度目かなのだ...。

 紙芝居作家であり演じ手である人は、もちろん、自分自身が演じるためにその紙芝居を制作している訳だけど...。

 「自分以外が演じたら、一体どうなるのだろうか?」って、好奇心が湧いたりしないのだろうか?

 また、市販の紙芝居であっても、「他の人が演じたら?」って想像を逞しくしないのだろうか?

 また、なんらかメッセージ性のある作品の場合、中々自分が出向いて行って、実際に演じることのできない離れたところ、また、一人でも多くの人に自分の紙芝居を届けたいという欲求にかられないのだろうか?

 もちろん、動画などで実演の様子をネット上に流すという手もある。

 でも、紙芝居の一番の魅力は、目の前で生きた人間が唾を飛ばし、汗をかきながら、自分に何かを伝えようとすることにあるのではないだろうか?

 まあ、小難しく書いてるけど、要は、

 「誰か〜、あなたの書いた・描いた紙芝居、ボクに演じさせてみませんか?」

ってなお話。

 なんの金銭的なお礼も、みかえりも返せないけれど...。

 知的好奇心は満たせると思うよ!

                     よろず語り部 夢追人拝

バニラさんオリジナル紙芝居「いつまでもなかよし〜しりとりあそびの巻〜」原画完成!

_KAZ2636.jpg
 お見せできるのは、最初の一枚だけ...。(笑)




 さあ、バニラさん作、オリジナル紙芝居「いつまでもなかよし〜しりとりあそびの巻〜」の原画が上がって来ました!

 とはいっても、ここまでには一つのドタバタがございまして...。

 いや、バニラさんにではないのです!

 ボクが大失態をやっちまったのです。

 4月9日には、丸亀の喫茶「アレスト」で、放坊さん主催のフリーライブ「弦遊倶楽部」が開催されたのですが、その場にボクも、「よろず歌唄い 夢追人」として参加しておりました。

 バニラさんからは事前に連絡があって、原画が完成したので持参するとのことだった。

 で、二人とも自分の出番を終えまして、ボクもお預かりした原画の入ったファイルを持って帰宅という流れのはずだったのですが...。

 音楽仲間との別れの挨拶をし、車検のための代車を返す時間を気にして、足早に店を後にした結果、そのファイルを店に忘れて帰るという...。(苦笑)

 自分の車に取り替えて、家に帰ってようやく気がついた。

 それからは、打ち上げ中の放坊さんたちに連絡を取り、次に喫茶「アレスト」が使われる、ゴスペルグループ「スパークルジャイブクワイア」さんの練習日(火)に、仕事帰りに乱入し回収するという、ドタバタ劇が繰り広げられた訳でございます。(涙)

 作者のバニラさんはもちろん、多方面の方々に多大なご迷惑、ご心配をおかけしたことを、こころよりお詫び申し上げます。

 済みませんでした!

 で、無事回収した原画12枚、一昨日の夜、即日中に複写を終えました。

 後はト書きの編集、写真の画像処理、印刷作業、ラミネート作業と続き、完成まではまだまだ..。

 是非、次回の「弦遊倶楽部」には間に合わせたい!

 バニラさん、初お披露目の背景に、エレキで伴奏して下さるそうで、「弦遊倶楽部」の仲間たちも、その日を心待ちにして下さっていると思います。

 さあ、頑張って仕上げないと!

 バニラさん、しばし待ってね。

                    よろず語り部 夢追人拝

追伸 これに乗じて、鎌倉の町田さんからお預かりした、「稲むらの火 浜口五兵衛」と、「青の洞門」・「つるときつね」も複写いたしました。

 折角、印刷、裏書きの厚紙の貼り合わせをして下さった力作だけど、このままオリジナル(複製)を使うと、いずれ傷んでしまうので...。

 町田さん、勝手に複写してしまったけれど、原版保存のためご了承下さい!

_DSC0420 のコピー

「かみありづき」(出雲)の国より、『さぬきの国 紙芝居サミット』の見学者さんが?

gf30100.jpg



 本日、仕事から帰ったら、『さぬきの国 紙芝居サミット』のfacebookページのメッセンジャーを通じて、出雲市に在住の女性からメッセージが届いていた。

 なななんと...。

 はるばる出雲市から、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』を母子で見学に来られるというのである!

 もう、既に宿も予約されたのだとか...。

 凄い凄〜い!

 いや〜、遠いよね?

 うちの妹が鳥取に嫁いでいるのだけれど、家族揃っての里帰りは結構大変そうだ。

 ましてや、ゴールデンウィーク最終日...。

 本当にありがとうございます!

 こころを込めておもてなしいたします。

 主催者ですから、バタバタしててそうもいかないかも知れませんが...。

 O さんは小学生の息子さんと紙芝居を演じるらしいのだが...。

 ”歌う系”の紙芝居だそうで、「今回は伴奏者がいないので見学になります。」とのこと...。

 いや〜、折角、出雲から来て下さるんだから、市販の紙芝居でもいいから、実演して帰りませんか?

 道具はボクのを使って下さって結構ですから。

 まあ、無理強いはいたしませんが、多分、人が演ってるのを観てたら、演りたくなると思うよ!(笑)

 その時は遠慮しないでおっしゃって下さいね。

 実はボク、カメラマンとして一度だけ出雲を訪問したことがある。

 松江経由、出雲大社プラスαくらいで、そんなには回ってないのだけれど...。

 また、長野ヒデ子さん監修の、かみありづきさんの「日本の神話」の舞台も出雲だしね。

 出雲はご縁のある土地なのかも?

 兎に角、嬉しい!

 さあ、『さぬきの国 紙芝居サミット』参加者の皆さま、こうやって遠方よりわざわざ足を運んで下さるお方もおいでです。

 めい一杯楽しんで演りましょう!

                      よろず語り部 夢追人拝

今回、読み聞かせ団体さんには、『紙芝居サミット』の参加案内を送付しませんでした...。

サミットgu





 今まで、香川県内の読み聞かせ団体さんには、『さぬきの国 紙芝居サミット』の参加案内を送付させていただいていたのですが...。

 今回から、ご案内を見合わせいたしました。

 何故なら、ご参加いただくどころか、残念ながら今まで全く何のリアクションもなかったからです。

 印刷コストも、封筒代も、切手代もポケットマネー!

 費用対効果の薄いところは削らざるを得ません。

 申し訳ないけれど、案内状の送付は割愛させていただきました。

 でも、決してご参加を求めていない訳じゃない!

 団体としてでも、個人でも、参加を希望して下さる人がいたら、大歓迎です!

 読み聞かせ団体の活動の中心は、紙芝居ではなく絵本である。

 それは重々承知しております。

 でも...。

 彼女たちは、「おはなし会」のプログラムの中に、大概一作は紙芝居を組み込んでいらっしゃる。

 だから...。

 紙芝居を演じるのが得意な人、好きな人も絶対おられると思うのだ。

 まあ、「出演するのは流石に...。」とおっしゃる方もおられるでしょう。

 では、遊びに来て下さいよ!

 なんらか発見があるでしょう。

 なんらか、学びがあるでしょう。

 そして、反面教師でもあるでしょう。

 同じ紙芝居を、いろいろな演じ手がそれぞれの演り方で演じ、そして、その実演への子供たちの反応がつぶさに見れる。

 こんな機会は中々ないのではないでしょうか?

 是非是非、覗きにおいでになって、そして、演りたくなったら、気軽に声をかけて下さい!

 当イベントは、飛び入り出演大歓迎です!

 紙芝居の舞台も、作品も、そして、ご希望なら自転車もお貸しできます。

 青空の下、紙芝居を演るのも楽しいですよ。

 読み聞かせボランティアの方に限らず、学生だろうが、アマだろうが、プロだろうが、全くのど素人だろうが、皆大歓迎!

 『さぬきの国 紙芝居サミット』は紙芝居の技を競う場ではなく、紙芝居が好きな仲間が、同じひとときを共に楽しむイベントです。

                     よろず語り部 夢追人拝

鎌倉の紙芝居ボランティア・町田さんより、紙芝居届く!

_DSC0420 のコピー




 元々はネットサーフィンで見つけた、町田さんのブログにボクがコメントを入れたのがきっかけだった!

ブログ「虹のひきだし」

 町田さんは鎌倉市在住の方で、地元の介護施設での紙芝居の他、津波の被災地、宮城県石巻市にも足繁く通い、紙芝居を含むボランティア活動を続けておられる。

 何度かブログのコメントや、FBでメッセージの遣り取りをさせていただいた。

 やがて、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』にも興味を持って下さる様になり、一時はエントリーを考えておられたのだが、どうしてもお忙しいタイミングで今回は参加を見合わせられた。

 しかし、「自分は行けないけど、作品を送ります!」とのお申し出があったのだ。

 そして、その紙芝居三作品が、昨日届いた!

 「稲むらの火 浜口五兵衛」
 「青の洞門」
 「つるときつね」

 「インクジェットプリントで...。」とお伺いしていたので、ボクはてっきりA3判だと思っていたのだが...。

 童心社さんの紙芝居舞台にピッタリサイズ、B4変形判だった。

 町田さま、わざわざ自家印刷された、しかも、厚紙にト書きを印刷した裏貼りまでしてある、手間暇のかかった作品をお贈りいただいて、本当にありがとうございます。

 「稲むらの火」は18枚、「青の洞門」は24枚の大作ですよ!

 実は昨日、早速演じてみた。

 これ、難しいね!

 いきなり登場人物の漢字が読めなくて...。

 「青の洞門」は有名な話なので、ボクが無知なだけなのだけど、人名、地名など、どう読んでいいのか分からない漢字が一杯出て来て...。(苦笑)

 地名などは、固有の読み方なんかもあるので、下手に発声できないんだよね...。

 例えば、島根県の用瀬は”ようせ”ではなく、”もちがせ”と読むんだよ!

 *「香川県親善人形の会」さんのオリジナル紙芝居、「おひなさんの話」に出て来るんだけど、知らずに”ようせ”と読んで恥かいた...。(苦笑)

 「稲むらの火 浜口五兵衛」も生半可には人前で演じられそうもない。

 こりゃ〜、実在の人物、実際の地名などが出て来る作品は危険だぞ!

 ちゃんと調べてから、稽古して舞台に立たないと...。

 今までの紙芝居は、下読みもせずに演れてたんだが...。

 町田さん、今しばらく、実戦投入は控えさせていただきます。

 きっと、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』には間に合わせて、どれか一作だけでも会場で演じてみます!

 素敵な贈り物ありがとうございました。

 そして、ひょっとしたら、夏休み前半に香川を含め、西の方においでになるかも知れないとか...。

 その際は是非、『さぬきの国 紙芝居サミット』の会場であるうたづ臨海公園で、「稲むらの火 浜口五兵衛」を演じて行って下さい!

 ボクもご一緒いたします。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

                      よろず語り部 夢追人拝

4月2日 「よろず歌唄い」でフリーライブ参戦も、紙芝居のリクエストを!

_DSC0405 のコピー
 Satoshi Maekawa!





 昨日の午後は、旧善通寺偕行社での 「アフタヌーンコンサート」(主催 シャープ&フラット)に、「よろず歌唄い 夢追人」として参加。

 礼服に真紅の蝶ネクタイ姿、アカペラで「宇宙戦艦ヤマト」を唄って参りました!



 そして、夜は音楽酒場ブギナイトの「ギターズトーク」に、これまた「よろず歌唄い」として参戦。

 紙芝居にはご縁のない一日のはずだった。

 ところが、「アフタヌーンコンサート」でもご一緒だった、ギター弾き語り・Satoshi Maekawaさんのリクエストで、急遽紙芝居を演じることに...。

 でも、流石に礼服姿だし、そのままの流れでのフリーライブ参戦だったので、紙芝居を車に積んでいなかった。

 そこは、近所の強み!

 一回家に紙芝居を取りに帰り、作務衣に着替えて再び入店。

 で、演って参りました!

本日のお題 「ねずみきょう」(「まんが日本昔ばなし」のOPの歌唱付き)



 前川さま、熱烈なリクエストありがとうございました!

 求められての紙芝居上演は、本当に嬉しいものです。

 また、よかったら頼んで下さい。

 車には積んでおきます!

                    よろず語り部 夢追人拝

第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』、マスコミでの告知状況

s009.jpg
 これは前回、 FMサンの「LOVE・サタデー」に出演した時の写真。






 第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』を一ヶ月後に控え、そろそろ、マスコミ各社にお送りしたリリースへの反応が返って来始めました!

 ❤️FMサン「LOVE・サタデーナイト」 4月29日(土) 19時半〜 生出演予定

   *第二回より、3年連続生出演でのご紹介、ありがとうございます!

 ❤️タウン情報誌「こまち かがわ版」 5月号イベントページ掲載予定

   *第一回より、毎回のご掲載、ありがとうございます!

 ❤️育児フリーペパー「ミュウミュウ」 5月号イベントページ掲載予定

   *前回に引き続き、二回目のご掲載、ありがとうございます!

 その他、新聞各紙、テレビ・ラジオ各社にリリースを送付しておりますので、ひょっとすると、また別の媒体でもご紹介いただけるかも?

 当日の取材も大歓迎なんだけれど...。

 さあ、イベントまでの追い込み、他の参加者の皆様、それぞれに告知、宣伝活動の方、宜しくお願い申し上げます!

                     よろず語り部 夢追人拝

3月26日 「宗吉史跡まつり」で「ぶらり紙芝居屋 夢追人」

_DSC0006_20170327194943b7a.jpg
 数日前までは雨予報で心配してたんだけど、午前中はこの青空!





 第八回「宗吉史跡まつり」、イベント自体は11時からなんだけど、10時には現地着。

 なんせ開会式からいろんなアトラクションが目白押しだろうから、開会式前の方が、ゆっくりまったりと紙芝居を観ていただけるかと思って...。

 でも、スタッフさんも準備で忙しそうだし、来場者を乗せたシャトルバスも開会式ぎりまで到着しないし...。

 観客不在のまま、結構な作品数を演じた。

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「アンパンマンとおむすびまん」二回「まいごのこいのぼり」「あかんぼばあさん」「となりのさくら」「こぶとりじいさん」二回「みいちゃんの春」「きつねの盆踊り」「うらしまたろう」(「海の声」・うらしまたろう/桐谷健太 歌唱付き) 順不同







 「よろず歌唄い 夢追人」として、フリーライブでよくご一緒しているお方も、熱心に紙芝居を観て下さって、とっても嬉しかった。

 この前は西香川病院でもお会いしたしね...。

 今回、三豊市が誇る、”うどんシンガー”として活躍中のシンガーソングライター、石居直さんがライブに来られていた。

 彼女のFBより、動画をお借りして参りました!

 おお!紙芝居のおっさんも登場させていただいております。



 実は「うらしまたろう」をこのタイミングに持って来たのには、二つの狙いがありまして...。

 一つは、三豊市の市長さんが目の前におられたこと。

 *注 「うらしまたろう」は実は、香川県三豊市詫間町が舞台の昔話である

 しかも、市長は詫間町のご出身!

 で、「食いついてくれないかな〜?」って...。

 そして、もう一つは、石居直さんに「海の声」を一緒に唄って欲しかったので...。

 まあ、どちらの目論見も、脆く崩れ去りましたが...。(涙)

 彼女、目の前でうどん食べたばっかだし、自分のライブの本番前だもんね...。(笑)

 計画に無理がございました!

 でも、この動画を通して、web上でも交流が持てましたので...。

 石居直さま、七宝(三豊市)の風として、東京と香川を往復する生活、そして全国を巡る音楽活動、頑張って下さい!

 またお会いいたしましょう!

                    よろず語り部 夢追人拝

 この後、娘たちがOGである、三野津中学校吹奏楽部の演奏が始まり、ボクは一旦休憩状態へ...。

 ところが、昨夏納涼会でお世話になった、大見幼稚園の園長さんのお孫さんたちからリクエストが...。

 舞台上では、次にすぐタマスダレの演技が待ち構えているし...。

 ボクは、開会式の行われていた窯跡の階段下に場所を移し、吹奏楽部が楽器を片付けている隙に、実演を開始!

 しかし、こんな時に限って、ちょっと長めの「こぶとりじいさん」の再演依頼...。

 後半、タマスダレの本番が始まってしまい、声を潜めて演じ続けたのだった。

 まあ、上お得意様ですからね〜!

 多少の無理はきいちゃいます。(笑)

 流石に疲れ果て、本日はこれにて終演。

 家に帰って、動画を上げ、前日のブログ記事を頑張って書いたのであった。

 やっぱ、冷えると疲れるね?

 でも、本当に雨が降らないでよかった!

 皆様、ありがとう!

                    よろず語り部 夢追人拝

3月25日 「子夢の家」→うたづ臨海公園遊具広場で「ぶらり紙芝居屋 夢追人

_DSC0192.jpg
 本当にね〜、お久しぶりです!





 通町商店街での「みたから市」を後にし、まずボクが向かったのは「子夢の家」!

 いや〜、本当に久しぶり。

 最近、土曜日は出勤だったからね〜。

 「子夢の家」の皆様に紙芝居を観ていただけて光栄です!

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「うどんくんとおそばちゃん」「まいごのこいのぼり」

 いかん、既に何を演ったのか?記憶がごっちゃになってる...。(涙)

 多分、合ってると思うよ!



 ママの一人から「今日は雨が降ってないのに紙芝居のおじさんが来てくれた!」って...。

 そう、雨で作業が中止になった時が、ボクの訪問日だったからね〜。

 「ちゃんと覚えていて下さったんですね?ありがとうございます。」

 スタッフさんとの再会も嬉しかったよ!

 次行けるのはいつになるか分らないけど...。

 また、その内お伺いいたします!

                   よろず語り部 夢追人拝


_DSC0219.jpg
 実はうたづ臨海公園での自転車紙芝居もかなり久しぶりでして...。




 で、お次に向かったのは、うたづ臨海公園!

 「鶯のジョー」さんが、紙芝居に電源を必要とする旨、申請を更新しに...。

 そして、曇っててかなり肌寒いけど、久しぶりに遊具広場での自転車紙芝居を決行!

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「アンパンマンとおむすびまん」「まいごのこいのぼり」「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「かっぱのすもう」「おべんとうのえんそく」「ねずみちょうじゃ」「うらしまたろう」(「海の声」・うらしまたろう/桐谷健太の歌唱付き) 順不同





 寒かったけど、そこそこ沢山の子供たちが集まってくれて、やっぱり、改めて青天での自転車紙芝居はいいな〜!と...。(笑)

 ああ、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』が、なんとも待ち遠しい!

 ♫春よ来い! 早く来い!♫

                  よろず語り部 夢追人拝

3月25日 「みたから市」に「鶯のジョー」さんを訪ぬ!&more

_DSC0048.jpg _DSC0056_2017032620142740f.jpg _DSC0043_20170326201427db3.jpg _DSC0094.jpg _DSC0114.jpg _DSC0107.jpg _DSC0134.jpg _DSC0127.jpg
 「鶯のジョー」さんの紙芝居&寸劇「黄金バットナゾー編」&アニソン 写真をクリックで拡大表示





 「四国フォーク村」さんのブログ、「四国フォーク村 かわらばん」で「鶯のジョー」さんを発見して二ヶ月!

「四国フォーク村 かわらばん」

 とうとう、丸亀通町商店街で行われている「みたから市」において、鶯のジョーさんの紙芝居の実演を観ることができた!

 土曜日が休みになって本当によかった。

 「四国フォーク村」さんの「みたから市」での路上ライブは、朝10時から...。

 それから15時くらいまで、びっしり出演者で埋められている。

 ボクが紙芝居を演じる暇はないだろうが、一応、紙芝居自転車と市場カゴを持参した。

 何せ鶯のジョーさんにお会いするのはこれが初めて、実演を観ていただけなくとも、せめてボクの紙芝居の雰囲気は知っておいて貰いたい!

 会場である秋寅の館の前に着くと、既に「四国フォーク村」の皆さんと、鶯のジョーさんの姿が...。

 「よろず歌唄い 夢追人」としても馴染みのある、二組の方々が演奏を終えると、彼の出番だ!

 よく見ると、ギターの弾き語りの人たちと、マイクもスピーカーも別回線...。

 どうも「鶯のジョー」さんの自前らしい!

本日の彼のお題 「てぶくろ」「アンパンマンとうみのあくま」「アンパンマンとショウガナイさん」「注文の多い料理店」「黄金バット ナゾー編」(寸劇付き)

 事細かいことは今回は書かない!

 第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』を楽しみにしていて貰いたいからだ!

 ただ、山寺宏一さんの様に、一人で何役もこなせる声優さんばりに声色を使い分け、その上、サンプリングマシーンやPAを駆使し、爆発音など、あらゆる場面に効果音を盛り込んだ、かなり盛り沢山な紙芝居上演をするお方だと申し添えておこう!

 しかも...。

 自ら衣装を製作し、フォーク村のメンバーさんを引っ張り込んで「黄金バット」の寸劇まで演じる、かなりマルチな演じ手なのだ。

 そして...。

 紙芝居が終わったかと思うと、今度は衣装替えをし、すっかり”アニキ”に変化!

 いや〜、やられた!

 こりゃ〜、紙芝居どころか歌までかぶってる...。(笑)

 紙芝居は内緒にしておきたいから、敢えて動画を録らなかったのだけど...。

 流石にこれだけは、「よろず歌唄い 夢追人」としてご一緒させていただいた上で、動画を公開させていただきましょう!



 もうね、エネルギッシュな上に多才過ぎて、思わず笑っちゃいます!

 紙芝居と歌で一時間以上...。

 「鶯のジョー・ワンマンショー」が繰り広げられたのです!

 ところで、最初に書いた通り、ボクはギャラリーに徹するつもりだったのだけど...。

 どうやら、出演予定者が一人来られなくなったみたいで、「四国フォーク村」さんの方から、「一枠空いてるので、紙芝居を!」というお話が...。

 いや〜、そんなこと言われたら、当然演るでしょう!

 「鶯のジョー」さんの紙芝居も観たかったけれど、内心ボクの紙芝居も彼に観て欲しかった。

 いい機会をいただきました。

本日のお題 「さらやしきのおきく」「あかんぼばあさん」





 まあ、いつの奴ですけどね...。(笑)

 お互い、手の内を見せ合ったところで、改めて第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』へのご参加をお願いした...。

 ただ...。

 この機材を全部持って来られると、他の演じ手の荷物を置くところがなくなる旨。

 園内は沢山の子供たちが動き回っているので、機材の管理、子供の安全の確保が難しい旨。

 近くの会場で同時に上演をする際に、余りに音量に差があり過ぎて他の演じ手が勝負にならない旨。

 それだけは、しっかりお伝えした!

 沢山の演じ手が一堂に会するイベント...。

 なるべく、皆様にいい条件での上演の場を提供したい!

 もちろん、「鶯のジョー」さんもこちらの意図はご察し下さり、バッテリー式でコンパクトな機材でまとめて下さるみたいだ。

 「ジョー」さん、初対面なのに無理を言って申し訳ございません!

 主催者としては、なるべく不平等のない条件を参加者全員に確保したく思い、また、どうしても子供たちの安全が最優先なので...。

 「人にどうやったら喜んで貰えるのか?を考えるのが一番楽しい!」とおっしゃておられた「ジョー」さんですから、きっとご理解いただけるものと思います。

 「鶯のジョー」さま、今後とも宜しくお願い申し上げます!

 そして、彼との間を繋いで下さった「四国フォーク村」の皆様、こころより御礼申し上げます!

                   よろず語り部 夢追人拝

_DSC0154.jpg
 「アニキ〜!宜しく〜。」

☆3月26日 「宗吉史跡まつり」にて「投げ銭紙芝居屋 夢追人」?

kjhbv079.jpg
 これは去年の写真。




 どうなの?行けるの?今回...。

 次の工事の準備が始まってはいるが、今のところ残業もなし、休日出勤が必要なほどは立て込んでいない。

ということで、行けそうな気もする。

 先日、「讃岐源之丞保存会」の定期公演でお世話に成った三野町公民館の館長さんにもお誘いいただいたことだし...。

 一応、告知をしておこう!

 ☆3月26日 香川県三豊市三野町 宗吉史跡公園

  第八回「宗吉史跡まつり」

  11時〜17時

 紙芝居の上演は、10時〜11時

 その後は開会式、他のアトラクションの隙間に随時。(午前中のみ)

 イベントは小雨決行、紙芝居は雨天中止で...。

 リクエスト大歓迎!

 久しぶりの自転車紙芝居、ボクも楽しみにしております。

                     よろず語り部 夢追人拝

3月20日 讃岐源之丞保存会の定期公演の撮影&more

_DSC0137.jpg
 南あわじ市立南淡中学校郷土芸能部の太夫さん!




 本日は讃岐源之丞保存会さんの定期公演の日。

 朝から体調を整え、10時過ぎに会場であるふれあいパークみのに向かう。

 しかしなんだ?この渋滞ぷり、駐車場は満杯だし...。

 今までこんなことはなかったぞ!

 山をちょっと下ったところの待避場に駐車したけれど、その間もず〜っと路駐の車列が...。(苦笑)

 人形浄瑠璃については感想を書かない!

 だって、もの凄く長くなるもん。

 で、もちろん、我が「讃岐源之丞保存会」の実演も熱演でよかったのだけど、今回のボクにとってのMVPは、写真の義太夫の彼!

 南淡中学校郷土芸能部の部長さん。

 部の紹介をしてる時はシャイな感じだったんだけど、いざ本番が始まり、太夫として舞台を務めてる時の彼の堂の入り方ったら...。

 いや〜、いい面魂でした!

 惚れ惚れするわ!

 さて、前回の定期公演では、第三回『さぬきの国 紙芝居サミット』にご参加いただいた小林さんにお会いしたのだけど..。

 「今回もきっと来られるだろう!」とボクはフライヤーを用意して、手ぐすね引いて待ってました。

 来られました小林さん、やっぱり!

 渡しましたよフライヤー、小林さんが実演してるところの写真を使った奴。

 「今年もされるんですか?」

と問われたので、「お待ちしております!」

と伝えた。

 きっとご都合を合わせて来ていただけると信じている。

 「小林さん、是非是非第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』に足をお運び下さい。こころより、お待ち申し上げております。」

                      よろず語り部 夢追人拝

3月19日 喫茶アレスト「アフタヌーンライブ」で紙芝居

_DSC0060_20170319204128508.jpg
 参加の皆さんで始まったセッション!左端が紙芝居を制作中のバニラさん。




 本日は朝一崖、「アフタヌーンライブ」までの間、うたづ臨海公園で紙芝居、それからよろず歌唄いとしてライブ参戦のはずだったのだけど...。

 昨夜、会社の先輩と飲みに行ったので、当たり前のことだが二日酔い!

 崖も紙芝居もぶっ飛びました...。(涙)

 何とか体調を整え、喫茶アレストで行われる、堀江さん主催の「アフタヌーンライブ」には辿り着けた。

 で、紙芝居の制作をお願いしたバニラさんもご参戦のことだし、ボクも紙芝居を演じたかったので、「よろず歌唄い」として唄わずに、「よろず語り部 夢追人」でのエントリー。

本日のお題 「愛染かつら」(映画「愛染かつら」の主題歌「旅の夜風」の歌唱付き)

 まあね、まだ酒が残ってたみたいで、結構噛みまくってるし、「旅の夜風」のメロディラインもぐずぐずですけど...。



 バニラさん、原稿用紙にしたためた紙芝居の脚本とラフスケッチをご持参でした。

 本日、いろいろ打ち合わせをしたので、バニラさんは原画の作画に入ります。

 ボクは原稿をお預かりして、まずは実際に演じてみることに...。

 目で読むだけでは、紙芝居の脚本は理解できないので...。

 声に出して演じてみないと分からない部分が多いのです!

 多少、言葉を変えたり、文を短くしたり、逆に加筆をお願いすることがあるかと思います。

 バニラさん、急がず焦らず、ゆっくり仕上げようぜ!

 いろいろご紹介したいところだけど、まだまだ内緒。

 その内、ライブの場でご披露するし、うたづ臨海公園の青空の下、バニラさんのギター演奏と一緒に子供たちの前で演じる機会を作ります。

 お楽しみに!

                     よろず語り部 夢追人拝

次の工事が始まり、囚われの身となりそうです...。

f451314.jpg
 これは随分前の現場の写真だけれど...。今、こんな心境です!(涙)





 半年通ってやっと竣工検査を終えて...。

 つかの間の休みもあっという間に過ぎ去り...。

 既に、次の工事の準備が始まってしまいました!

 まだ、発注者からの設計図面や書類に目を通して始めただけだけれど...。

 今回は、前回とは違い、一応経験者としての扱いとなるので、少しは責任のある立場に立たされそうなのです。

 作業よりも書類作成に重心が置かれる立場。

 ああ〜、今以上に時間も、気力も、体力も奪われることでしょう!

 まさに囚われの身...。

 10年以上の経験を持つ先輩でも、身を削りながら何とかやり遂げた仕事を、横で見てただけの人間が真似できやしない!

 いくら、陰で先輩方がサポートして下さっても...。

 いや〜、冗談だと言ってくれ!

 前も、冗談でカマかけられてたし、きっと今回だって...。

 いずれにせよ、紙芝居に割ける時間は激減するだろう。

ということで、引き続きイベントへの出演依頼は丁重にお断り申し上げます。

 本当に申し訳ございません!

 「行ければ喜んで、行けなかったらごめんなさい!」で大丈夫なお方だけ、ご相談に応じます。

 まあ、期待せずにお待ち下さい!

 自分でも、先のことが全く分からないので...。

                   よろず語り部 夢追人拝

3月12日 「よろず歌唄い 夢追人」として知り合ったバニラさんに、紙芝居制作を依頼

_DSC0064 のコピー
 演奏後に、自作のイラストをご披露するバニラさん。





 うたづ臨海公園での「ぶらり紙芝居屋 夢追人」を終えて向かったのは、丸亀市の喫茶アレスト。

 「よろず歌唄い 夢追人」として、フリーライブに参加させていただいているお店だ!

 この日は放坊さん主催の「弦遊倶楽部」の日。

 ボクはいつもの様にアカペラで二曲唄ったのだけど、そのレポはここでは書かない。(笑)

 で...。

 前回初めてお会いしたバニラさん(もちろん、芸名です 笑)とおっしゃる、エレキギターのインストをされてる方が、演奏後に自作のイラストをご披露されておられた。

 彼は昨年、大病を患って長期入院をされておられ、その間にイラストを描き始めたみたいだ。

 *注 ボクは音楽仲間のfacebookを通じて彼の存在を知り、ご本人に直接お会いする前から、FB上で繋がっていた

 彼が病床から発信したイラストの記事を見た時に、ボクはそれをシェアし、「紙芝居に仕立てませんか?」とコメントをつけた。

 バニラさんはそれに気づいてなかった様だが...。

 今回そのこともあって、ボクはライブ終了後に直接声をかけた。

 病床で人生を見つめ直した方が、どんな物語を紡ぎ出すのか興味があったし、その物語が人に何を伝え、何を与えるのかにも興味があったから...。

 そして、イラストを紙芝居化するという”お遊び”が、彼の生きる力、元気の素にもなってくれる様な気がして...。

 「そのイラストで、オリジナルの紙芝居を作りませんか?ストーリーもバニラさんの書きたい様に書いて下さって結構ですので...。」

 「ボクがその紙芝居を演じますから、バニラさんがバックでギターを弾いて...。うたづ臨海公園の海ホタルで、子供たちの前で演りましょうよ!」

 バニラさん、すぐに食いついて下さって...。

 「実際に夢追人さんの紙芝居を観ないと、インスピレーションが湧かない。いつなら観ることができますか?」

 ボクはフリーライブの終了後、放坊さんたちが機材を片付けているのを尻目に、紙芝居の実演を開始。

 「鉄は熱いうちに打て!」

本日のお題 「あんもちみっつ」



 真向かい、直近に座ったバニラさんに、さしの紙芝居実演。



 さあ、どうなるか?

 「バニラさん、急がなくていいからね。体調に配慮しながら、ゆっくりまったり、じっくりと完成させて下さい!」

             よろず語り部&よろず歌唄い 夢追人拝

3月12日 本当にお久しぶりのうたづ臨海公園で「ぶらり紙芝居屋 夢追人」

_DSC0003_20170312214311c00.jpg




 朝一番は崖へ!

 で、午後からは「よろず歌唄い 夢追人」としてフリーライブに参加の予定なのだけれど、それまでの間に、うたづ臨海公園で久々の紙芝居!

 まずは、遊具広場での実演。

 今日はフリーライブ参加がメインだから、自転車紙芝居ではなく、三脚&舞台での紙芝居。

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「アンパンマンとおむすびまん」「こぶとりじいさん」「かっぱのすもう」「にらめっこしましょ あっぷっぷ」「まんじゅうこわい」

 遊具広場での紙芝居って、ひょっとして第三回『さぬきの国 紙芝居サミット』ぶりだったりして?

 いや〜、この感じ、この感じ!

 拍子木の音、口上の声、集まって来る子供たち、笑顔の保護者さんたち...。

 いいね〜!やっぱり青空の下の紙芝居は最高だわ。

 で、海ホタル内のホールでも演って参りました!

 今日は13時から「四国フォーク村」の方々がライブをやるらしいので、それまでの間で紙芝居を...。

 というか、既に11時の時点で機材が並んでて、リハ(?)も始まってたんだっけど...。

 「公園のスタッフさんから、13時スタートって聞いたんですけど、ちょこっと紙芝居演っていいですかね?」

 「いいよ!」

とのことだったので、リハを止めていただきブッこんで来た!

本日のお題 「あかんぼばあさん」「うらしまたろう」(「海の声」の歌唱付き)

 「四国フォーク村」の人たち、「よろず歌唄い」で顔馴染みの人だったのでよかった。

 ちゃんと観客として席に着いて下さいましたよ!

 折角ミュージシャンの方々の前での紙芝居だったので、歌を唄うことのできる作品に絞って演りました。

 「海の声」、ちょっとは一緒に唄って下さったかな?

 4月28日にうたづ臨海公園のスタッフの方が、FM SUNに出演されるらしいのだけど、『さぬきの国 紙芝居サミット』についても告知していただけるらしい!

 「ボクは翌日の『LOVE・サタデー』に出演するんで。」

と伝えると、その番組も聴く様に宣伝しておくと言って下さった。

 ありたいことだ。

 さあ、ボクも、また何度かうたづ臨海公園で「ぶらり紙芝居 夢追人」をやって、第四回『さぬきの国 紙芝居サミット』の告知をしておかなくちゃ!

                   よろず語り部 夢追人拝

3月11日 西香川病院の白衣の天使さまからの写真をご紹介

17269545_2281320315425875_1311512794_o.jpg

17200736_2281320362092537_428620789_o.jpg

17273219_2281320508759189_334723942_o.jpg

17269265_2281320562092517_1231144219_o.jpg

  M さま、沢山撮ってお送りいただだき、ありがとうございました!

 また、機会があったらお伺いいたします。

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

                     よろず語り部 夢追人拝

3月11日 崖→西香川病院で紙芝居→「富岡わがまち」→三野町図書館で「読み聞かせ請負人」

E1000010.jpg
 1月4日以来、2ヶ月ぶりの崖詣で!




 竣工検査を終えての三連休二日目。

 今日こそは、まずは二ヶ月ぶりの崖詣で!

 まあ、そのレポはここでは書かないけれど...。

 お約束通り14時にお伺いしたのは西香川病院。

 クリスマスイベント以来の訪問。

 本日の訪問のメインは、ボランティア登録の書類の提出だったのだけれど、もちろん演って参りました、紙芝居。

本日のお題 「みいちゃんの春」「愛染かつら」(「旅の夜風」の歌唱付き)「こいのおんがえし」アカペラ「川の流れのように」(美空ひばり 一番だけ)

 相変わらず写真も動画もないのですが、その内、白衣の天使から公開しても大丈夫な写真が送られてくるはず...。

 M さん、楽しみに待ってます!

 今回は入院患者さんだけだろうと思って、ちびっ子用の作品を持参していなかったのだけど、お見舞いの子や、院内保育所の子など、子供の観客の姿も見られた。

 いずれにせよ、土日祝日の訪問になるだろうから、次回からは子供用の作品も一応持参しておこう!

 最後には歌詞カードを配って、皆で美空費ばりの「川の流れのように」を唄ったのだけれど...。

 歌詞カードを持つのも大変そうな患者さんもおられ、負担になる様にも感じた。

 次回はどうしようかな?

 本日は反省点の多い慰問公演となった。

 スタッフさんと相談して、ブラッシュアップに努めたいと思う。

 さて、M さんとの音楽談義がちょっと長くなってしまい、ご迷惑をおかけして退散。(仕事中なのに失礼!)

 次に向かったのは仁尾町の父母ケ浜。

 「富岡わがまち」の動画撮影のため。

 今日は東北大震災から6年の節目...。

 福島にお伺いすることはできないが、せめて、かつて訪れ紙芝居慰問を行った、福島県富岡町の町民歌を一緒に唄いたかった。

 今日は被災地各地で、追悼集会が行われていると思うので...。

 その様子は、この動画にて。



 最後に向かったのは、三野町図書館。

 今日も先週に続いて、「読み聞かせ請負人 夢追人」として待機。

本日のお題 「アンパンマンとそっくりぱん」

 一作だけだったけど、男の子がママに頼んで依頼してくれた。

 ありがとう!また会おうぜ。

                      よろず語り部 夢追人拝

3月9日 半年通った工事現場の竣工検査が終わり...。

w0005.jpg






 半年通った工事現場の竣工検査が無事終わり、久しぶりの三連休を満喫しているボクです!

とは言っても、昨夜の一人打ち上げで飲み過ぎ(焼酎4合瓶一本)、朝からのたうち回って折角の三連休の一日目が終了。

 明日は今日行くはずだった崖に、新しく買ったロープのデビュー戦に行き、午後には西香川病院で紙芝居を予定。

 明後日は「よろず歌唄い 夢追人」として、フリーライブに参加のつもり。

 短い休息を遊び三昧で走り抜きます!

 しばらくしたら、また次の現場が始まる。

 まずは書類の作成からかな...。

と言うことで、今後もイベントへの出演はお約束できかねますが...。

 「来れたら来てくれてもいいよ!」的なイベントの出演予定を、備忘録に上げて参りますので、期待しないで待ってて下さい!

 今後ともペースダウンした「よろず語り部 夢追人」の活動を、まったりと楽しんで下さいね。

                   よろず語り部 夢追人拝

3月5日 「うたづの町家とおひなさん」→三野町図書館→音楽酒場ブギナイトで紙芝居

_DSC0011.jpg
 「おひなさんの話」を演じる、宇多津中学校剣道部の男子ボランティアさん二人。





 午前中は畑にじゃがいもの種芋を植えに...。

 なんせ、休日出勤続きで大分前に買ってあったのだけど、植えられず仕舞いで...。

 間に合うかな〜?

 さて、シャワーを浴びて向かったのは「うたづの町家とおひなさん」会場。

 今年も池之宮コミュニティーセンターでは、「香川県親善人形の会」の方々が地元宇多津中学校のボランティアさんと、高松桜井高校放送部の部員さんで、オリジナル紙芝居を上演中!

 実は「香川県親善人形の会」さんは、今季をもって20年の活動を終えて解散することになっている。

 今回の「うたづの町家とおひさなん」が多分、最後のイベント参加となるだろう。

 *注 ひょっとすると、夏に行われている坂出市大橋記念図書館での図書館まつりが最後かも知れない

ということで、やっと休日出勤を免れたこの日、陣中見舞いに駆けつけたって訳。

 残るは13時の回と、15時の回の二回のみ!

 ボクはコミュニティーセンターの客席の端っこに荷物を置き、舞台&三脚を入り口に据えて紙芝居「おひなさんの話」をディスプレーした後、雛人形がそこら中に飾られたうたづ古街を拍子木を鳴らしながら、口上を述べて周った。

 「とざい と〜ざい!13時より、池之宮コミュニティーセンタにおいて紙芝居の上演があります。観覧無料です。よかったらど〜ぞ!」

 拍子木に真っ赤な作務衣、雪駄履きのボクは目立ったのか?絵になったのか?盛んにアマチュアカメラマンにシャッターを切られた。

 会場に戻ると、会員の山地先生と高松桜井高校放送部の二人の姿が!

 第三回『さぬきの国 紙芝居サミット』に参加してくれたあの二人だ。

 そして、今回の宇多津中学校のボランティアさんは?

 なんと男子二人!(今までボクが見たのは全て女子だった)

 そして、彼らが担当したのは...。

 紙芝居「おひなさんの話」(制作 香川県親善人形の会)

 いや〜、男子二人が演じる、主人公の小学生の女子の掛け合い...。

 声変わりするかしないかだからか、そんなには違和感なかったけれど...。

 お二人とも頑張ってたね、お疲れさん!

 ちょっと動画をアップするね。



 さて、お次は高松桜井高校放送部のお二人の「温ちゃんとミス香川」。

 相変わらず大山くんは、特高警察のドスの利いた声色が迫真の演技だった。

 彼女の方は...。

 「...?あれ...。最近、鼻濁音に拘ってるのかな?」

 放送部だから美しい発声を心がけているのかも知れないけれど、雑音混じりの紙芝居会場では声が届き難くなる傾向がある。

 どっちがいいとボクは言えないけれど、後ろの観客まで声が届いてたかな?

 いろいろな場所で、いろいろな条件で経験を積めばいい!

 放送部も、アナウンサーも、紙芝居のおっさんも、人に”言の葉”を届けるのが使命ですから...。

 今回は15時からの最後の舞台、「ジュリーちゃんとミス香川物語」でのラストシーンの動画を上げさせていただこう。



 そして...。

 彼らが13時の回を終えて、時間つぶしに散策してた頃、ボクは地元ボランティアさんと一人残った親善人形の会員さん相手に、紙芝居「おひなさんの話」を!

本日のお題 「おひなさんの話」(制作 香川県親善人形の会)



 本当は中学生の彼らや、放送部のお二人にも観て貰いたかったのだが...。(苦笑)

 他人が同じ作品を演じているのを観るのは、とっても参考になるのでね。

 いいところ悪いところ、自分と違うところを観察して、自分の実演に活かせる様にいろいろ考えればいい!

 人の実演を観るのはとても、勉強になるよ。

 例え、相手が下手な演じ手であっても...。

 唯一残った香川県親善人形の会の会員さんに、何かが伝わってればいいのだが...。

 さて、15時の回を終えて、会場の片付けを手伝って、ボクはうたづを後にした。

 向かった先は三野町図書館。

 お久しぶりの「読み聞かせ請負人 夢追人」!

 今回、なんとホームラン!

本日のお題 「ひなにんぎょうのむかし」「いいから いいから」「いいから いいから4」「チンチンボンボさん」

 これ、一人の女の子に読んで欲しいと頼まれたんだけど...。

 最初はディスプレーしてあった紙芝居を演じたんだけど、彼女のスイッチが入ってしまい...。

 「あれも、これも...。」と頼まれて...。

 読み聞かせのおっさん冥利に尽きます!

 本当はまだ次を頼まれそうになったのだけど、その後の予定があったので、ごめんなさいをさせていただいて。

 その次に向かったのは、音楽酒場ブギナイト!

 今夜は月一のフリーライブの日。

 一巡目はちゃんと「よろず歌唄い 夢追人」として歌を唄ったのだけど、二巡目が回って来た!

 お店にはマスターの息子さんとその友達(?)の姿が...。

 子供がいるなら演るしかないでしょ!

 舞台も拍子木も積んでなかったけれど、前夜のカフェ・ポテトのために用意してあった紙芝居がまだ積みっぱなしになっていて...。

本日のお題 「あかんぼばあさん」

 その様子はもちろん動画で!



 記事を上げるのが遅くなってしまったけれど...。

 楽しい、忙しい、充実した一日でした!

                     よろず語り部 夢追人拝

_DSC0092.jpg
 今年で定年を迎えるという山地先生...。会がなくなっても『サミット』に遊びに来てね!

3月4日 カフェ・ポテトフリーライブにて、一ヶ月ぶりの紙芝居

17106065_2276107932613780_891556554_o.jpg 20170304_200311 のコピー
 みどりさんより、紙芝居「みいちゃんの春」。  堀江さんより「仰げば尊し」独唱中。





 本当に久しぶりの紙芝居だった!

 三野町図書館で「読み聞かせ請負人 夢追人」として、子供たちのリクエストに応えて以来、一ヶ月ぶりの紙芝居。

 琴平町にほど近い、丸亀市内のカフェ・ポテトさんでは、月二回、それぞれ昼間と夜にフリーライブが行われている。

 ボクは「よろず歌唄い 夢追人」として、たまに行ける方にお邪魔させていただいているのだけれど...。

 今回は、歌も唄うけれど、どうしても紙芝居が演りたくて、一作だけ持ちこまさせていただいた。

 ここしばらく残業・休日出勤続きで、全く紙芝居に触れる暇がなかった!

 一昨日の夜、フリーライブに向け、「みいちゃんの春」を探している時、妙なよそよそしさを感じた。

 「ボクたちのこと、放ったらかしにして...。」(涙)

という、紙芝居たちのつぶやきが聞こえた。

 「済まんかったの〜。全く自分の時間がなかったんよ!」

 さて、仕事は給料日だったので、残業なし!

 これで、心おきなくフリーライブに参加できる。

 ラーメン屋で腹ごしらえして、カフェ・ポテトに到着。

 お店のマスターがオープニングアクトを務めている真っ最中だった。

 次いで堀江さんが舞台へ。

 そして、次にご指名いただいたのがボクだった!(いつもは店に来てホワイトボードにエントリーした順番だが、本日は出番を終えた人が、次の方を指名するシステムだった様だ)

 今回、着替える間もなかったし、前もって作務衣を用意する余裕もなかったので、会社の制服のままでの紙芝居。

本日のお題 「みいちゃんの春」

 はい、皆、少しは唄ってくれましたよ!「うれしいひなまつり」。

 一ヶ月ぶりの紙芝居、音楽仲間の前での童謡の歌唱は中々感慨深いものがありました。

 さて、紙芝居はこれでお終い!

 その後の様子は、こちらをご覧下さい。(笑)



 カフェ・ポテトのマスター、フリーライブ参加者の皆さん、久しぶりの紙芝居の観客になって下さり、ありがとうございました!

 そして、写真を送って下さった、みどりさん、堀江さんにもありがとう!

              よろず語り部&よろず歌唄い 夢追人拝

「香川県親善人形の会」さんに納めた紙芝居の複製版三作を、どなたでも借りれるらしいです!

_DSC0110.jpg qw0122.jpg DSC07266_20141127215052969.jpg





 本日発行された「香川県親善人形の会」さんの会報によりますと、ボクが複写を依頼され、会に納めた紙芝居三作の複製版が、坂出市大橋記念図書館に寄贈され、どなたでも借り出すことができる様になったらしいです!

 「ジュリーちゃんとミス香川物語」(上の写真はちびっ子版だが、寄贈されたのはオリジナル版だと思われる)

 「温ちゃんとミス香川」

 「おひなさんの話」

 さあ皆さん、是非是非貸し出して貰って、どんどん演じて下さい!

                     よろず語り部 夢追人拝

地元、三豊市の図書館再編構想に物申す!

 本日、半年通った現場の工期が終了し、後は書類作成と竣工検査の準備の追い込みとなった。

 まだまだ忙しい毎日が続くが、午前様になって帰宅の昨夜にかわり、本日ボクは定時に退社することができた。(現場監督は残業!)

 で、前から気になっていた「三豊市図書館再編構想」へのパブリックコメント募集の情報を検索すると...。

三豊市ホームページより「三豊市図書館再編構想」関連の記事

 既に締め切られていた。

 しかも、本日17時が締め切り...。(涙)

 「間に合わなかった〜!」

ということで、ここで言いたい放題ぶちまける。

 市役所関係者の方、誰か読んでないかな〜?ボクのブログ...。

 さて、我が三豊市にはなんと図書館が6館、そして図書室が1つある。

 そもそも7町が合併したからで、三豊市役所も支所が6ヶ所ある。

 それぞれが元々は町役場で、図書館もそれに付属した建物の一室だったり、同じ敷地内にあるものがほとんどだ。

 三豊市では人口減少、利用者の減少、予算財源の減少を理由に、新たに中央図書館を開館して7館を集約・合併させ、利用率の少ない館を閉鎖して行こうという構想を打ち立てている。

 各館の独自性を打ち出し、それぞれの分野に特化させて利用者を増やそうという案もあるにはあるらしい。

 今回はその構想に関するパブリックコメントの募集で、ボクが仕事の昼休みによく利用している、◯◯町図書館にもその募集用紙が置いてあったのだが、工期末の忙しさで手が回らなかったのだ。

 確かに田舎の市で7館の図書館は多いかも知れない!

 ボクも新たに図書館を7館建設するというのであれば、間違いなく反対するであろう。

 しかし、大規模な中央図書館を建てて、既設の館をなくすというのであれば、ボクは反対の立場を取りたい。

 確かに人口密度の少ない市であるが、その面積は結構広い!

 車を利用できる人なら何の問題もないかも知れないが、学生やお年寄りは、なんでも揃った大型図書館よりは、気軽に行ける近くの図書館の方が利用し易いはずだ。

 広い図書館は使い辛いという面もある。

 例え蔵書数が限られていて、いろいろな要望に応えられるラインナップが揃っていなくても、毎日気軽に行ける図書館の存在。

 「市のコミュニティバスで図書館に通えばいい!」という意見もある様だが、片道30分〜1時間もかけて図書館に行くのは億劫。

 というか、そこまでして行く人いるのか?

 市の端っこの地域の人は、とんでもなく利用率が下がるだろうね!

 利便性の格差がより激しくなる。

 そもそも、中央図書館を新設する費用が幾らいると思ってるの?

 旧来の図書館を解体する費用も...。

 それに、まだ建てて間もない(といっても10年近くは経つけれど)館もあるしね...。

 確かに7館で同じ様な本をかぶって購入し、人員も沢山必要で、財源が無駄になるという考えも分かる。

 でも、逆に考えれば、こんなに豊かな市はない!

 観音寺市で3館

 丸亀市で3館。

 善通寺市で1館。

 坂出市で1館。

 高松市で5館。

 *注 高松市内には県立図書館があるが、これは市立図書館としての館数

 多分三豊市の図書館数、県下最大!

 ちなみに香川県では、高松市・丸亀市に次いで人口が多い市なんだそうな!

 もちろん、同じ本がかぶってるから、蔵書数で言えば返って少ないのかも知れないが...。

 三豊市には七宝山という山があって、ミュージシャンの中西圭三氏に楽曲制作を依頼した、「七宝の風」という歌まである。

三豊市ホームページより、「七宝の風」の記事

 折角、現状7館あるのだから、それを七宝になぞらえて、”地域の宝”と思っていただけないか?

 もちろん、老朽化、耐震性のこともあり、”緩やか”に再編されて行くのは仕方ないと思うのだが...。

 緩やかであって欲しい!

 三豊市という名前も、環境、文化、人材の豊かな土地だという風に解釈して欲しい!

 経費節減というと、すぐに「人件費を削れ!」というお話になるが...。

 市の雇用を確保し、人材を育て、守るということも大事だと思いますよ。

 但し、多少の連携はあるにせよ、元々の7町の”垣根”というのが確かに残っていて、結構バラバラなんだな...。

 もう市政10年を越えたのだから、そろそろいらない垣根は取っ払って、一致団結して新刊の購入やイベントの開催を一括計画的に行って欲しい!

 箱物的に中央図書館を配備しなくとも、図書館スタッフの一括管理で、組織の再編は可能なはず!

 いや、まとめて人数を減らし、首を飛ばせって話ではない。

 ボクが言いたいのは、図書館職員に◯◯町図書館の職員という狭い帰属意識ではなく、三豊市図書館の一員であり、その中で地域に密着し、市民の窓口となっているという高い意識を持っていて欲しいということなのだ。

 ちなみに、読み聞かせ関係のイベント開催、「おはなし会」の数も半端なく多い恵まれた町である!

 特に詫間町図書館は5団体を抱え、毎週土曜日、そして月一だが日曜日英語の読み聞かせがある、「おはなし会」の激戦区である。

 これは高松の中央図書館と同じくらいの頻度!

 市内利用者は7館をハシゴすれば、毎週確実に「おはなし会」に参加でき、それぞれの団体の特色ある読み聞かせを堪能できる。

 これって凄いことだよね〜?

 まあ、数が多けりゃいいってもんでもないけれど...。(笑)

 贅沢なお話です!

 「利用者が少ないからなくせ!」ってことじゃなくて、ありがたくも恵まれて持っている既存のものは、如何に活用できるかをまずは考えるべきだと思う。

 増やさないけれど、無理にも減らさない。

 緩やかな移行を切に望む!

 休日出勤、残業続きで頭が回ってなくて上手く書けないけれど...。

 あるものを最大限利用するのが、一番無駄遣いの少ない、エコな方法だとボクは考える。

 折角のお宝が持ち腐れにならない様に!

                     よろず語り部 夢追人拝

いかんやん!これ、紙芝居する暇がない...。

_DSCkjhgf067.jpg
 これは転職した翌年の年賀状。




 この2月で、土建屋に転職して丸3年を越した。

 元々カメラマンだったボク。

 全くの別業種への転職で戸惑うことばかり...。

 それは今も変わらない!

 当初、進学校卒のボクを、社長さんは現場監督見習いという立場で入社させた。

 正直ボクは何でもよかったんだ!

 仕事にありつけて、家族を養うことができれば...。

 半年、ハローワークに通って、うどん屋でちょっとの間頑張って、遺跡の発掘で短期労働して、やっと得た定職だったのだ。

 でも、現実は甘くない!

 土木業を全く知らないボクが、現場を全く知らないボクが、何をできる訳でもなく、入社して数日後には、現場監督見習いの立場を外されて(?)、いきなり作業員として真冬の現場に放り込まれた。

 そして、1年、2年...。

 今また、ボクの立場は現場監督見習いだ。(苦笑)

 作業員としての仕事は精一杯やったつもりだ。

 資格も才能もセンスもないけれど、人の嫌がる仕事も進んでやった。

 職人としての腕は上がらないけど、手間は惜しまなかった。

 雑用係として重宝された(?)。

 しかし、今、年下の現場監督の下について、書類と格闘してる...。

 まあ、書類を作るのはその先輩で、ボクはファイルのタイトルをテプラで打ち出したり、インデックスを作って貼ったり、コピーを並べ直したり、図面を折ったり...。

 ここに来ても雑用係ではあるけれど...。

 兎に角、工期終了間際のこの頃、提出書類の作成に追われ、また、現場も追い込みにかかっていて大忙し!

 この現場に入ってから、元々、土曜祝日は出勤だったけど、このところ、日曜日まで出勤、その上毎日残業の状態...。

 正直、これでは紙芝居ができない!

 先の無期限活動休止はメンタルの問題だったが、最早今はそれどころではない!

 物理的に紙芝居をする暇がないのだ!

 折角、精神的には盛り返して来たのに...。(苦笑)

 見てよ!

 この白紙のスケジュールを...。(備忘録参照のこと)

 何の予定も入れられないんだぜ!

 紙芝居もプライベートも...。

 明日が休みになるのかどうかも分からない!

 ってことで、今しばらくイベントへの出演依頼にはお応えすることができません。

 唯一の紙芝居の活動の場は、「ぶらり紙芝居屋 夢追人」。

 身体が空いたら、どっかに捻じ込むぜ!

 「読み聞かせ請負人」はリクエストが来ないと、ひたすら待ち惚けだからな...。(苦笑)

 待っていてよ!

 天気のいい日曜、やっと身体が空いた僕は青空の下、うたづ臨海公園の芝生の上で自転車紙芝居をしてるかも...。

 ああ〜、うづくぜ!

                    よろず語り部 夢追人拝
ご挨拶

 よろず語り部 夢追人

Author: よろず語り部 夢追人
香川県三豊市在住。

 非営利で、紙芝居と絵本の読み聞かせパフォーマンスをしている、ひげのおっさんだよ。よろしくね!十八番は、かがくいさんの作品。ばいきんまんの声色、鬼や、閻魔や、やまんばなどの怖いもの系!がらの悪い坊さんとか...。

追伸 ボランティアではありますが、イベント出演を依頼された場合、交通費と任意で謝礼金をいただいております。これは活動への協力応援金として受け取り、専用口座に一度入金した後、紙芝居の購入などに充てております。一切自分の懐には入れていません。

 有料での紙芝居上演・公演には当たらないという認識でおります。

 ご理解いただけると幸いです!

   よろず語り部 夢追人拝

新ネタ
新コメ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
お品書き
よろず語り部の伝言板
メール(ご意見・イベント出演依頼)

名前:
メール:
件名:
本文:

おっさんの仲間
夢とも会員申請フォーム

この人とブロともになる

ジョーのクロスカウンター
昔の記事も見て頂戴!

全ての記事を表示する

月別一覧