FC2ブログ

初めまして! 紙芝居のおっさん「よろず語り部 夢追人」です。

_KA20005.jpg
 観音寺市大野原町 「花稲の夏祭り 夕やけコンサート」にて。





 初めまして!ボクのブログ、「よろず語り部 夢追人 絵本語り」にアクセス下さいまして、ありがとうございます!

 今後とも宜しくお願い申し上げます。

           よろず語り部 夢追人拝


「よろず語り部 夢追人」所蔵の紙芝居リスト

よろず語り部 夢追人 facebook

「瀬戸内 紙芝居サミット」facebook

ブログの新カテゴリー 「瀬戸内 紙芝居サミット」

テーマ : 読み聞かせ
ジャンル : 本・雑誌

転職に伴う、「よろず語り部 夢追人」の活動形態の変化について

48362961_1819057141556054_5722902948208443392_n.jpg
 飛び込み上演、慰問専門の紙芝居師ということになりそうです!







 「よろず語り部 夢追人」は、平成31年1月より注文住宅建設会社に転職し、その営業補助(見習い)として新しい生活を始めることとなりました!

 これに伴い、土曜日・日曜日・祝日はボクにとって休日ではなくなり、唯一、水曜日が休日ということになります。

 また、その唯一の休日である水曜日も、営業という職種上お客様とのお打ち合わせや、稼働している現場との調整などで出勤になる可能性もあり、今までの様な活動は実質行えなくなりそうです。

 今後、私「よろず語り部 夢追人」は、身体が空いた時だけの飛び込み上演で、「ぶらり紙芝居屋 夢追人」としてのみ活動を続けることとなります!

 今までの様に、いろいろなイベントに参加したり、招聘されての上演は、残念ながらできなくなってしまいました。

 よって、今後ご出演依頼をいただいても、一切対処できなくなります。(涙)

 悪しからずご了承下さい!

 ボクも大変残念ですが、家族を支えて行くためには致し方ありません。

 ただ、唯一の希望としては、「会社のイベントの際に、是非紙芝居を上演して欲しい!」と、社長から言われていることです!

 それは「よろず語り部 夢追人」としての活動ではないので、こちらのブログに上演情報を上げることは致しませんが...。

 「よろず語り部 夢追人」としての新しい模索としては、現状、飛び込み上演を許されている団体・組織・施設・場所などでの上演以外に、新しい受け入れ先を開拓して行ければと考えています!

 「今日、身体が空いたから、そちらにお伺いして紙芝居してもいい?」

 そんな、緩い活動ですが、今後もまったりと紙芝居を続けて行ければと考えております!

 今後とも宜しくお願い申し上げます!

              よろず語り部 夢追人拝

新年からの備忘録(転職後)

◉1月分


済★1日 伊豫神社で焚き火紙芝居(0時過ぎより、一作のみ)

  2日

  3日

済★4日 放課後児童クラブ紙芝居慰問

  5日(土)

  6日(日)

済★7日(月)初出勤

  9日(水)

  16日(水)

  23日(水)

 ★26日(土) 新会社新年会で紙芝居

 ★27日(日) 「どろんこ亭」での「異世代交流カフェサロン 新春初夢大会」で紙芝居


◉2月分


  6日(水)

  13日(水)

  20日(水)

  27日(水)


◉3月分


  6日(水)

  13日(水)

  20日(水)

 ☆21日(祝) 讃岐源之丞保存会定期公演の撮影

  28日(水)
                            以上

 注文住宅建設会社営業見習い社員への転職に伴い、就業形態が変化したので、現時点では営業職としての休日(水曜日)の日程を上げているが、実際の予定は会社の都合に合わせて変化すると思われる。

 接客的な要素を含む業界なので、水曜日も出勤日になる可能性があり、また、訪問実演が決まっていてもドタキャンの可能性が前業種より増す可能性がある。

 あくまでもボランティアとしての活動であり、会社の一員としての責務を全うするため、家族を養うため、仕事優先になることを悪しからずご了承いただきたい!

                     よろず語り部 夢追人拝

1月17日 とうとう仕事の中での紙芝居をスタート


 余り詳しくは書けないのだけど...。

 本日、仕事の一環としての紙芝居をお披露目した!

 かなり、押し売り的ではあったが...。(苦笑)

 午前中、我が社の手がけたMさま邸で、完成したお家のお引き渡し式が行われた。

 一通りの式典が無事終了し、駆け付けてた我が社スタッフ面々、協力業者の方々が三々五々帰ってく中、新人であるボクともう一人の営業が、中を見学させていただけることになった。

 Mさまにはお子様が二人おられるので、密かに紙芝居実演の機会を狙っていた!

 式典の途中、社長からボクもご紹介いただき、「どこんこ亭」での紙芝居のことをご案内しておられたので、ここはチャンスとお家の中での紙芝居乱入を決行!

 丁度お子様は畳の小上がりで寛いでいた。

 「紙芝居観る?」

 突然話しかけられて、キョトンとしてたけど、ママさんが助け船を出して下さった。

 おもむろにビジネスバックから、紙芝居道具を取り出し、一作だけの特別上演!

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」

 寒い中、式典に付き合って、ちょっと疲れ気味だったお嬢ちゃん、満面の笑みで喜んでくれました。

 弟くんはプレゼントのお菓子に夢中だったけど...。

 最後にパパさんと一緒に拍子木を叩いて貰って、初めての勤務中の紙芝居は終了。

 施主さまご一家に喜んでいただけていたら、本望です! 

 同席されてた、社長始め、会社の諸先輩方はどう感じておられたのだろう?

 「うちの現場でも演ってくれない?」

 もし、そう先輩たちから言われたら、こんな嬉しいことはない!

 Mさま、是非是非「どろんこ亭」に遊びに来て下さい!

                  山倉建設 盛り上げ隊 〇〇拝

1月16日 「子夢の家」にお仕事着での紙芝居


 本日、仕事はお休み!

 だけど、仕事絡みで中古物件の目視確認ツアー。

 ネットに出てる不動産情報だけだと周辺の様子も分からないので、やはり進入路の広さとか、日当たりとか...。

 現場で見てみないと分からないことが多いので...。

 夕方の社長主催の勉強会も、自由参加だけど休日出勤して受講。

 簿記の勉強だったので、チンプンカンプンだったけど...。

 その前に微妙な時間が空いたので、「子夢の家」に寄って来た。

 勉強会前なので、会社に行く格好での紙芝居。

 つまり、ネクタイにジャケット姿!

本日のお題 「アンパンマンとおむすびまん」「ごきげんのわるいコックさん」絵本「おもちのきもち」

 そこそこの組数がおられたし、皆いい笑顔で観てくれた。

 今日は一軒だけの訪問だったけど、いい雰囲気で実演することができたので、満足満足!

 皆、格好的には違和感がなかったのかな?

 まあ、作務衣の方が見慣れてないか?

                      よろず語り部 夢追人拝

営業紙芝居師(?)それとも、紙芝居営業マン(?)

_DSC0431.jpg
 右の紙芝居舞台、拍子木、紙芝居三作くらいなら、もちろんビジネス手帳やら、図面のファイルケースも!








 本日、前から狙いをつけておいたビジネスバックを買って来た!

 まあまあいい値段だったけど...。(しばらく稼ぎのなかった身としては...。)

 通常のビジネスバックより一回り大きく、A3サイズくらいかな?

 兎に角、紙芝居舞台のすっぽりと入るビジネスバックが欲しくって...。

 営業に行った先の家庭で、お子さんに紙芝居を見せる機会があったら...。

 紙芝居もできる営業マン?

 いや、営業もできる紙芝居師?

 まあ、どっちでもいいんだけど、打合せの合間に子供がぐずった時とか...。

 さりげなくビジネスバックから取り出した紙芝居道具で、いきなり紙芝居実演を始め、子供が笑顔になって、商談も笑顔で成立とかかっこよくね?(アホ 笑)

 少なくとも顔を覚えては貰えるやろ?

 家を建てようと思ってくれるかどうか?は分からないけど...。

 いいのいいの、このバックを買ったことによって、自分のテンションが上がれば!

 まずは自分が前向きな気持ちにならないことには。

 紙芝居セットの入ったビジネスバック。

 ボクの戦闘スタイルです!

 さあ、最初に実演するのはどこでになるだろう?

 乞うご期待!

                      よろず語り部 夢追人拝

★1月27日 「異世代交流サロンカフェ 新春初夢大会」で紙芝居

RIMG0071 のコピー
 これは昨年の時の写真だけど...。





 さて、日曜日は勤務の営業職だけど、多少は交代で休めるらしく、既にチラシに名前や写真が出てしまっているボクは、この日を休日にして貰った。

 ということで、「どろんこ亭」での「異世代交流サロンカフェ 新春初夢大会」に紙芝居で参加決定!

 ただし、山倉建設社員としてではなく、あくまでも「NPOおたすけネットワーククラブ」のサポーターとしての参加である!

 勤務中ではないので、宜しく!

 ただ、幕紙は「よろず語り部 夢追人」ではなく、「山倉建設 盛り上げ隊」という名前になります。

 ちっとは宣伝せんと...。

 営業なんやし....。

 あ、紙芝居実演中に営業的な勧誘接客はしないのでご安心!

 では、「どろんこ亭」で会いましょう!

                     よろず語り部 夢追人拝

1月9日 勤めて初休日は、子育て支援NPO巡りの旅

RIMG0046.jpg
 バランスボールのイベントの後だったから、結構な人が観て下さったよ!





 本日は、勤め始めて初めての休日!

 とは言っても、入社三日目だから、会社に行ったのはたったの二日間だけ...。

 「これで休んでええんですか?」と言っても、営業はそういうシフトだから...。

 そんなこんなで、子育て支援NPO巡りをすることにした!

 まず向かったのは、ハローワーク。

 担当の人にはかなり親身になっていただき、情報提供していただいたので...。

 再就職達成のご挨拶と、お礼方々...。

 次に向かったのは写真の「サニーハウス」。

 丁度バランスボールのイベントをされていたので、ちょっと時間調整して、再び訪問。

 結構な人数がおられ、初めてお目にかかるスタッフさんもおられ...。

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「おむすびくん」「ごきげんのわるいコックさん」

 その後の鳴り物叩きタイム、記念写真タイムもそこそこ盛り上がって...。

 いつも突然で済まんな〜!

 で、発掘作業員時代に通ってた善通寺のうどん屋を再訪してランチ。

 時間を調整して、「子育てひろばくすくす」へ!

 ありゃ〜、母子連れ一組しかおらんがな〜。

 でも大丈夫、久々に再会したスマイルボスが機転を利かせ、「スマイル」から何人か児童を連れて来て下さいました!

 そして、実演の途中に来所したの母子の姿も...。

本日のお題 「アンパンマンとカレーパンマン」「おむすびくん」「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「きかんしゃトーマス ピンクのジェームス」

 終演間際に入ってこられたので、追加に「トーマス」をさせていただいて、眺めで終了。

 「スマイル」の子たち、ちょっと飽きてたかな...。(苦笑)

 こちらも記念写真タイムをやりましたよ。

 続けて、「子夢の家」に移動。

 こちらも二組しか親子がおられず...。

 でも、大丈夫、実演途中に増えました。

本日のお題 「アンパンマンとカレーパンマン」「おむすびくん」「きかんしゃトーマス ピンクのジェームス」

 お姉ちゃんと弟君の記念撮影タイム、ボクが弟君を抱え紙芝居舞台の中に、お姉ちゃんがそれに寄り添って...。

 お母さん、いい写真が撮れたと喜んで下さいましたよ!

 このお姉ちゃん、外遊びに出たついでに、門のところまで送ってくれた。

 ちょっと去り際が寂しそうで、キュンと来た!

 そうか、髭のおっさんにそんなに愛着を持ってくれたのか?

 紙芝居のおっさん冥利に尽きるな。

 で、一旦会社に差し入れに寄って、今度は「さぬきっずコムシアター」さんへ! 

 *注 営業課は休みだけど、その他の部署は通常営業中!

 こちらは結構な母子が集まっておられ、タイミングはおやつ中...。

 隣室でちょっと時間調整させていただいて、おやつ終了後に突入。

本日のお題 「アンパンマンとしょくぱんまん」「おべんとうのえんそく」

 ちびっ子が多かったので、二作であっさり終えたけれど、鳴り物叩きタイムと記念撮影タイムはやって来た。

 「ちびっ子たちが真剣に聞いてた!」とお母さん方が口々に言ってたよ。

 そして、そのまま流れで「どっきん★くらぶ」で紙芝居。

 *注 「さぬきっずコムシアター」さんの管理する放課後児童クラブのこと

 学校から帰ってすぐは宿題タイムらしく、ボクも居室で待機。

 低学年の女子が見つけて、拍子木を叩いたり騒ぎ始めた。

 まだ宿題が残ってる子もいる。

 仕方がないので、ひそひそ声で「おばけのゆきがっせん」を実演。

 途中、先生が宿題を中断して紙芝居観覧を決行!

本日のお題 「ゆきおんな」「あかんぼばあさん」

 皆、かなり真剣に集中してくれ、こっちがびっくり!

 アンコールの声も上がったのだが、屋外での縄跳びタイムがあり、外部講師の先生も既に来られていたので、紙芝居を終演。

 「もっと観たかったのに〜!」の声に感謝。

 ハードな子育て支援NPO巡りの疲れが吹っ飛ぶ嬉しさでしたよ!

 各NPOの皆様、ありがとうございました。

 そして、遅まきながら「明けましておめでとうございます!」

 転職のご報告もでき、「土日が仕事になり、逆に水曜が休みになったので、今度は平日にお伺いできる様になりました!」との報告もできました。

 今後ともよろしくお願い申し上げます!

                      よろず語り部 夢追人拝

1月5日「駄菓子屋ひなた」さんの新年・再就職のご挨拶&「ぶらり紙芝居屋 夢追人」

_DSC0110_2019010516434140b.jpg
 拍子木叩き方教室の様子。






 「駄菓子屋ひなた」さんにはちょい鬱疑惑の時から、かなりお世話になってますからね...。

 再就職のご報告をせねばということで、新年のご挨拶&「ぶらり紙芝居屋 夢追人」と兼ねて行って参りました!

 なんせ仕事が始まってしまうと、土日、祝日も勤務日になってまして、今までの様に紙芝居訪問もできなくなってしまいます。

 もちろん、水曜にお伺いしてもいいのだけど、平日はお客さん自体が少なめだろうからね...。

 天気が悪く、少し肌寒いせいもあるけど、駄菓子屋さんに客はいても、紙芝居の観客は少なめ...。

 何作か無人状態の奉納紙芝居を演ったよ!

 でも、写真や動画の通り、どうにか有終の美を飾ることができました!

 隣のスペースを借りてる、富原さんにも観ていただけたしね...。

 *注 富原さんは紙芝居や絵本の読み聞かせ、人形劇、お芝居もされておられる方

本日のお題 「あんもちみっつ」「あかんぼばあさん」「いっすんぼうし」「さるかにがっせん」「おむすびくん」「うどんくんとおそばちゃん」「かさじそう」(教育画劇版) 順不同





 拍子木もしっかり叩いて帰ってくれたよ!

 寒い中紙芝居を観て下さった皆様、ありがとうございました!

 余りの熱演に泣いちゃった乳幼児ちゃんとそのお母さん、びっくりさせてごめんなさいよ!

 最後になりましたが、「駄菓子屋ひなた」オーナーの近藤さま、いろいろとお世話になりました!

 擬態うつの時、そちらで紙芝居をさせていただき、人前で紙芝居ができることを確認したのが、大分心の支えになってました!

 試しの”場”をご提供いただいて、本当に助かりました!

 中々身体が空かないかも知れないけど、その内「ぶらり」とまたお伺いします。

 ありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝

1月5日 宗吉史跡公園での「もちつき with ミトヨン」に「ぶらり紙芝居屋 夢追人」

_DSC0099.jpg
 雨が降って来たので、後半戦は屋根の下に移動。







 宗吉史跡公園のもちつきに参加したのは何年ぶりだったか?

 久しく行ってなかった様な...。

 昨日夕方、休館前に駆け込んで、紙芝居の乱入を打診させていただいた。

 他にアトラクションがあったら、音が邪魔になる可能性もあるし、一応確認しておかないと!

 勤め出したら、恒例の「宗吉史跡まつり」も、いけそうにないし...。

 家を出る時から、いつ降り出してもおかしくない暑い雲。

 寒くはないけど、寒々しい天気。

 会場には思ったより人出があり、羽子板をしたり、凧揚げをしたり...。

 餅つきが始まるまでの時間を楽しんでいる。

 ボクは雨の可能性も考え、窯跡の屋根の下を観客席に見立て、紙芝居自転車をセッティング。

 でも、誰も寄って来ない!

 今にも降りそうだし、無人で紙芝居を演じ始める。

 本日、餅関係を中心にしたラインナップ。

本日のお題 「おむすびころりん」「あんもちみっつ」「おばけのゆきがっせん」「ぼたもちをくったほとけさま」「さるかにがっせん」「あかんぼばあさん」「うどんくんとおそばちゃん」「機関車トーマス ゆきのひのできごと」 順不同





 途中、やはり降り出したので、一度撤収して、窯跡の屋根の下に自転車を退避。

 ボクも餅つきの方に行って、実行委員の方々と新年のご挨拶&四方山話。

 が、途中で、紙芝居自転車に人だかりが...。

 こりゃ〜、演らん訳にはいかん!

 後半戦も結構盛り上がって終了。

 途中、幕間に興味を持ったのか、小学生くらいの男の子が、自分で紙芝居を演じ始めた。

 ちょっと背が足んなくて、背伸びして演ってる。

 微笑ましいので、そのまま任せて置いたのだが、どうしても1枚目を読んだ後、表側を抜いて、自分側に挿すという構造が理解できないらしく、フリーズしてしまった。

 残念だが、助け舟を出して、結局ボクが残りを演ることになった。

 またの挑戦を心よりお待ちしております!

 飛び入り実演体験大歓迎!

 また、拍子木叩き方教室にご参加に皆、ありがとう!

 帰りにスタッフさんたちに挨拶に行ったら、結構な量の餅をお土産に渡されました。

 「餅が減るどころか増えたぞ!」(苦笑)

 と思ったけど、丁度昼ご飯中の家族が、ペロリと食べてしまったぞ!

 恐るべし。

 皆様、ありがとうございました!

                    よろず語り部 夢追人拝

2019010511170001.jpg
頑張って背伸びしてます!(笑)

紙芝居の実演で、盛るか盛らないか?

_KA20056.jpg
 これは「駄菓子屋ひなた」さんで大型紙芝居を演じた時の写真。






 三豊市内の放課後児童クラブへの冬休み慰問も、昨日で終了した!

 全15箇所、1箇所アンコール上演をした以外、上演した作品はどこも同じである。

定番のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」

 一日最高6箇所、同じ紙芝居を演ると、流石に飽きる!

 が、大型紙芝居の所蔵作品数が少ないからもあるが、同じ作品をほぼ同じ演り方で演って、子供たちの反応がどう変わるかを実験した様な意味もある。

 これが、不思議なほどに同じところで笑うし、同じ様な反応をするのだ!

 でも、「そこ笑わすためのとこではないよね?」って場所もあって面白い!

 例えば、「じごくのそうべえ」のちくあんという医者の名前。

 これは、特に言い方をデフォルメしていないのだが、毎回男子が、

 「ちくあん?ちくわ?」

ってツッコミを入れる。

 逆に脚本的に、ここは笑わすための伏線を張ってあるな?って場所は、そのまま演じるとスルーされ易い!

 文章的な積み重ねによる笑いには反応が鈍いみたい。

 多分、文章の読解力が落ちてるんだと思う。

 で、どうするかというと、ジェスチャーや声色を使って少し盛ってあげる。

 その部分を、「ここは笑うところですよ!」と分かり易く強調する。

 そうすると、やっとウケてくれる。

 これはね、テレビのお笑いなどでテロップを多用したことの弊害かも知れない!

 サクラ的に笑い声を足したりね...。

 「笑う場所ですよ!」と導いてやんないと、反応が薄くなってる。

 自分で文章を読み解く力や、貪欲に面白いものを探すアグレッシブさに欠けてるんだな。

 サービス過剰、大人が先回りして、外堀を埋めて本丸まで導き過ぎて、自ら求めることをしなくなった世代なのかも知れない!

 で、ボクもサービス過剰気味な訳だ!

 これでは底なし沼な気もする。

 かと言って、ウケないまま終わる紙芝居はツマラナイ!

 面白がって貰ってなんぼ、楽しんで貰ってなんぼ...。

 その辺の判断が難しいところ...。

 ボクは盛り過ぎだと思うけれど、では、一般的な読み聞かせボランティアさんが指導を受けている、盛らない演じ方だと子供たちはどんな反応を示すのだろう?

 こればかりは、自分の演じて来たデータではデータ不足である!

 ボクは盛らずには演ってないから...。

 誰か、同じ条件で同じ紙芝居、演ってくれないかな?

 他の人の「じごくのそうべえ」観てみたい!

 盛らずに盛り上がるのであれば、それが一番なんだけどね...。

 ただ...。

 いつも言われるのだが...。

 「皆、ちゃんと座って観てましたね?凄いですね!」って...。

 例えば三作品、大体20分くらいだと思うのだけど、全員が席を立たずに集中して観てくれたとしても、ボクはそれで好しとはしない!

 それは前提であって、そこから笑いが起こり、ツッコミや嬌声や「もっと読んで〜!」のアンコールが出て初めて満足できる実演と判断する。

 「今度はいつ来てくれるの?」とか、最高の賛辞でしょう?

 だから、ただ黙ったまま座っていられると、「ウケなかった。」としか受け取れない!

 それが、怖くてつい盛ってしまうのだ。

 多分、求めてる帰着点が違うのだと思う!

 ボクは紙芝居を通じて、何かを伝えたいのではなく、ひととき子供たちと遊びたいのだ!

 面白くて楽しかったという記憶だけ残ればいい!

 いや、記憶にすら残らなくていい。

 その時笑い合えれば、それで何かは伝わっている!

 それは知識とか、そういうもんではなく、人と人との間の機微の様なものかも知れない。

 また、次も盛ってしまうのだろうな?

                  よろず語り部 夢追人拝

1月4日 放課後児童クラブ慰問、プラス2箇所

RIMG0056.jpg
 稲積山からの夕景。







 本日、年明けの放課後児童クラブ再開。

 早速、年末にお約束していた二校に行って来た!

 実はこの二校の放課後児童クラブは、地元の読み聞かせボランティア団体、「げんきのき」さんが母体となって運営されているクラブ。

 そこに紙芝居のおっさんが乱入するのでは「気が悪いかな?」とも思ったのだが、リーダーの宮武さんにお伺いすると、「読み手が変わると子供たちにとっても面白いから...。」とご快諾いただいたので...。

 お約束のちょっと前に到着したので、廊下でスタンバッていると、居室じゃない広間にご案内いただけた。

 これでゆっくりセッティングができる!

 座布団を並べていると、男子が一人...。

 「なんかお手伝いすることありますか?」

 「ああ、じゃあ座布団人数分並べて貰えるかな?」

 中学年くらいだと思うけど、なんか大人びた対応だな〜!

 普通なら、「おっちゃん、紙芝居何読むん?」くらいの感じじゃなかろうか?

で、セッティング完了したくらいに打診があったので、早めにスタート!

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」

 皆、おかっこまり(正座)で観よるし!

 「ええんで〜、おっちゃんの紙芝居はお勉強でなくて、遊びの紙芝居やきん!」

って言ったんだけど、そんなに足崩さんし...。(苦笑)

 「こりゃ〜、躾が行き届いとるわい!」

 拍子木叩きコーナーになると少しは気心が知れたか、幾分子供っぽい面も見せてくれた。

 宮武さん、如何でしたでしょうか?

 かなりオーバージェスチャーで、声色たっぷり、「げんきのき」さんの演り方とは大分かけ離れているでしょうが、ボクのはあくまでもアトラクションの紙芝居...。

 まあ、たまにはこんなんもええでしょう?

 そして、そのまま〇〇放課後児童クラブへ!

 が、実は大失態を...。

 拍子木、前のクラブに忘れた〜!

 セッティング中に気がついたのだけど、後の祭り...。

 申し訳ないけど、このクラブの子たちには、拍子木なしでの実演をせざるを得ない...。

 「ごめんね〜!おっちゃん、新春から大ポカやわ...。」(苦笑)

 演目は全く同じ。

 でも、子供たちから後のリクエストが...。

 お弁当を控えた時間でなければ喜んでアンコールに答えるんだけど、結構いい時間!

 コーヒーをいただきながら、児童からの質問タイム。

 「持っている紙芝居の名前、全部言って下さい!」

 「いや、300作品はあるから、全部言ってたら、一時間くらいかかるで!」(笑)

 盛り上がってくれてありがとう!

 で、一度前のクラブに戻り拍子木を回収して、うどん屋で昼食を摂って時間調節。

 再び、〇〇放課後児童クラブへ!

 拍子木なしの紙芝居のお詫びに、せめて「鳴り物叩きタイム」くらいは再演したい!

 で、歯磨きタイムを終えた子供たちに、拍子木を叩いて貰った。

 むっちゃ喜んでくれた!

 指導員の先生も、「貴重な体験をさせて下さいまして!」と喜んでいただけたみたい。

 「いやいや、拍子木なしの紙芝居で大変失礼いたしました。やはり、拍子木を持って再訪してよかった!」

 「皆、残り少ない冬休みを楽しんでね!」

                 よろず語り部 夢追人拝

1月1日 「ふれあいパークみの」にて「ぶらり紙芝居屋 夢追人」

_DSC0040.jpg
 午前中は晴れてたんだけどね...。





 午前中は実家・午後イチはかみさん宅にお年始。

 昼食はかみさん宅でおご馳走をいただき、腹ごなしに「ふれあいパークみの」で紙芝居。

 でも、午前中は穏やかに晴れてたのだけど、午後からは厚い雲がかかり、肌寒い風が吹いていた。

 短期決戦!

 それに、どれほど来園者がいるかも分からない...。

 ってことで、ダメ元で行くだけ行って来た。

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」(大型紙芝居)





 いや〜、寒かった〜!

 でも、そこそこお客さんは集まってくれたし、拍子木も叩いてくれた。

 本当は、一回休憩を入れてもう一回実演を開始するつもりでいたのだけど、風も強くなって来たし、新しく来園して来る親子も少なかったので、今日はこれで撤収!

 短い時間でしたが、元旦に紙芝居ができてよかった!

 寒い中立ち止まって観て下さった皆さま、本当にありがとうございました!

                    よろず語り部 夢追人拝

1月1日 伊豫神社にて、奉納焚き火紙芝居

_DSC0029.jpg






 今年も演って参りました!

 恒例、伊豫神社での奉納焚き火紙芝居!

 「紅白」を視終え、「往く年来る年」を視て、実家を出発。

 地元の氏神である伊豫神社の境内には、地元のボランティアが甘酒の振る舞い。

 お参りと記帳を済ませ、焚き火の傍に三脚&舞台をセッティング。

 毎年、少しづつではあるが参拝客が減っている気がする。

 少し地元を盛り上げる意味もあり、自分の紙芝居の一年を占う意味もあり...。

 今年は大型紙芝居を選択。

本日のお題 「たべられたやまんば」(大型紙芝居)



 観客は少なかったけれど、前編観てくれたし、拍子木も叩いて帰ってくれた。

 参拝客にとっても、恒例行事になってくれればいいなと思う!

 自分には、焚き火の光だけで演じる滅多とない機会。

 ありがたいと思う!

 このブログをご訪問の皆様、改めて明けましておめでとうございます!

 今年も宜しくお願い申し上げます。

 本年で紙芝居を始めて満10年を迎え、節目の年となるかと思います!

 まだまだ、紙芝居の熱は冷めそうにありません。

 今後とも紙芝居を演じ続けて参ります!

                   よろず語り部 夢追人拝

12月31日 前の会社の先輩のご実家での、恒例の「年越し蕎麦の集い」で、絵本の読み聞かせ

2018123110570000.jpg 2018123110190002.jpg 2018123111060000.jpg 2018123111070000.jpg







 会社を辞めることを決め、先輩にご挨拶に行った時、

 「お前、『年越し蕎麦の集い』には来いよ!来てええんぞ!というか、お前が来な、誰が蕎麦洗うんぞ?〇〇ちゃん(チビのこと)も連れて来いよ!」

と言っていただき、一昨日も電話がかかって来たので、遠慮なくお伺いしたのだ。

 いや、本当に図々しい奴だし、最早、会社の関係を飛び越えたレベルで、今まで先輩のご実家とお付き合いをさせていただいて来たので...。

 「行きますよ!参りますとも!」(笑)

 ご実家から救急車に乗って運ばれもしましたしね...。

 色々な思い出がございます!(苦笑)

 父娘で、蕎麦・うどんの水洗い、パッキング作業に精を出して参りました!

 最早、定例行事でございます。

 まあ、蕎麦関係のレポはしないので...。

 で、先輩のお孫さんたちが来て、うどんを食べ、座敷で寛いでいるタイミングで、本日は恒例の紙芝居ではなく、絵本の読み聞かせをして参りました!

 毎回紙芝居だと、流石に飽きるのでね...。

本日のお題 「もったいないばあさんがくるよ」「いちにちぶんぼうぐ」「いちにちのりもの」「おまえうまそうだな」「せきとりしりとり」 順不同

 そして、焚き火を囲んでいる、”昔の子供さん”たちにも一冊だけ...。

本日のお題 「いかりのギョーザ」

 皆様、毎年お世話になってます!

 既に「来年も来いよ!」とのお誘いを受けております。

 お土産の年越し蕎麦・うどん、紅白を視ながら食べさせていただきます。

 よいお年を!

                  よろず語り部 夢追人拝

備忘録 年末まで

◉9月分

  1日

済★2日 三豊市主催講演会「紙芝居の世界」観覧

  8日

  9日

  16日

  17日

  23日

  24日

  29日

  30日


◉10月分

  7日

  8日

  13日

  14日

  20日

済★21日 「仏生山大名行列 2018」での「仏生山まちいち」にて紙芝居

  27日

済★28日 仕事の国家資格試験



◉11月分

  3日

  4日

  10日

  11日

  17日

  18日

済★23日 讃岐源之丞保存会定期公演撮影

済★24日 大坊市で投げ銭紙芝居屋

済★25日 大坊市で投げ銭紙芝居屋



◉12月分

  1日

  2日

  8日

  9日

済★15日 紙芝居道場「こめ蔵」でアンティーク紙芝居展示に乱入

済★16日 三豊市詫間町「箱裏マルシェ」に紙芝居乱入

  23日

  24日

  30日

 ★31日 元の会社の先輩の実家で「年越し蕎麦の集い」紙芝居あり


                        以上



 新年より、転職に伴う活動形態の大幅な変更あり!

 追ってご報告いたします。

                    よろず語り部 夢追人拝

12月28日 新しい会社のミーティング観覧と忘年会参加

RIMG0639d.jpg
 モデルハウスの別アングル。






 昨夜、年明けから勤める注文住宅建設会社の月末ミーティングを観覧し、その後の忘年会に出席して来た!

 「いや〜、仕事もしてないのに、いきなり忘年会に出席してええんですか?」

とは思ったが、初出勤前に社員全員に顔見せをさせて、少しでも会社に馴染み易い様にと、社長さんがご配慮下さってのことだろう。

 有難くお言葉に甘えて、入社前の忘年会参加となった。

 まあ、ミーティングや忘年会の様子については一切書けないけれど、なんとなく皆さんの雰囲気が感じられて、「この人たちの仲間になって行くんだな。」と少しはイメージが湧いた様に思う。

 社長さんの粋な計らいに感謝いたします!

 で、今後、会社関係の記事は、このブログでは書かないし、書けない!

 それは「よろず語り部 夢追人」としての活動ではないし、会社のことには守秘義務もあろう?

 前の会社で色々書いて、ご迷惑をおかけしたので...。(苦笑)

 幸いにも、新しい会社で個人アカウントで、会社での様子や紙芝居の実演などについて書くブログ、或いはFBを更新させていただけそうなので、会社関係はそちらで情報発信して行くこととなります!

 敢えて、「よろず語り部 夢追人」関連のサイトとは連動しないけれど...。

 「紙芝居」ってワードで検索すると、すぐ出て来ちゃうんだろうな?(苦笑)

 皆様、今年もお世話になりました!

 ボクにとっては色々大変な一年であり、また、多くの人にご迷惑をおかけした一年でした...。

 謹んでお詫び申し上げますとともに、改めて今後とも宜しくお願い申し上げます!

 皆様、よいお年を!

                      よろず語り部 夢追人拝

飛び込み押し掛け紙芝居の是非


 いきなりピンポンされて、

 「飛び込みで申し訳ないんですが、紙芝居のボランティアしてるので、よかったら受け入れて貰えませんか?」

と押し掛けられたら、あなたはどういうリアクションを返すだろうか?

 「帰って下さい!」

と言う人だっているよね?

 当然です!

 ただ、ボクはいつもそのパターンで訪問紙芝居をしていることが多い。

 何故か?

 例えば、放課後児童クラブなどの連絡先は、一応市のホームページとかに書かれてはいる。

 その施設の固定電話だったり、指導員リーダーが持っている携帯電話の番号だったりするのだが...。

 そこにいきなり電話をかけるのと、直接現地に行くのと...。

 どっちが不審だろうか?

 多分、どっちも不審なことには変わりない!

 ボクは直接顔を合わせた方が、受け入れて貰い易いと考えている。

 電話で、声だけの打診だと断られることが多い!

 これは今までの経験則だ 。

 もちろん、門前払いは覚悟の上である!

 が、人間同士、顔を合わせるとそこまで無下には断れないものだ。

 まして、相手の都合のいい日・時間に出直して調整しますという配慮を見せれば、それなりに受け入れていただけることが多い。

 だから、失礼は承知で飛び込み押し掛け紙芝居を続けている。

 担当の指導員さんには要らぬ気を遣わせることになるが、結果、「来て貰って良かった!」と言っていただける様に努めている。

 そして、それが積み重なって信用を得られれば、次の時にはウエルカムな雰囲気で受け入れをしていただける。

 そもそも、放課後児童クラブで30分間、子供たちが一つのことに集中して大人しくしてくれるのは、この時期の長期滞在においては、指導員にとっても児童にとっても、かなりありがたいことなのだ!

 一度指導員を経験してみれば分かる!

 暇を持て余した大勢の子供たちの相手が、如何に大変かを...。

 少なくとも、紙芝居を観ている間は、皆が一つのことに集中していてくれるのだ!

 指導員さんの束の間の休息。

 そのためにボクを利用してくれればいい!

 ボクは元同僚として、そう思っている。

 そして、子供たちもまた、サプライズのアトラクションをしばし楽しんでくれればいい。

 今回の放課後児童クラブ訪問も13箇所を数えた。

 市内にはまだまだ沢山のクラブがあるけれど...。

 制覇は流石に難しかろうな?(笑)

 責任者の皆様、無理にとは言いません、ご都合がよかったら、ボクの紙芝居訪問を受け入れて下さいね!

                    よろず語り部 夢追人拝

12月27日 サンタさんより、二日遅れのクリスマスプレゼントが届きました!

RIMG0633h.png
 株式会社 〇〇建設 モデルハウス






 最終面接が行われたのは、クリスマスの一昨日。

 二時間に渡るお話し合いの末、やっと新しい職場が決定いたしました!

 皆様、大変ご心配をおかけいたしました。

 先ほどサンタさんより、二日遅れのクリスマスプレゼントをいただきました!

 初出勤は年明けからとなりますが、株式会社 〇〇建設(注文住宅建築)の営業補助(見習い)として、新しい生活をスタートさせていただけることになりました!

 *注 まだ社名は内緒!

 全く想定外の職種に正直戸惑いを隠せませんが、今まで多くの人間と関わり、沢山の人間を視て来られた社長さんから、

「貴方ならできるでしょう!私はそう思いますよ。」

 そう仰っていただけましたので、そのお言葉を信じて頑張って参りたいと思います!

 まあもちろん、血の滲むような努力が必要なのは言うまでもありませんが...。(苦笑)

 今後、この転職に伴い、「よろず語り部 夢追人」の活動形態は大きく変化するものと思います。

 今までいろいろお世話になった方々と、中々お会いできる機会が減ってしまうかも知れません!

 が、家族を支えて行くための大きな挑戦、新しい世界への船出です。

 温かい目で見守ってやって下さい!

 そして、新しい世界でこれからお世話になる皆様、粗忽者ではありますが、宜しくお願い申し上げます!

 細々かも知れませんが、「よろず語り部 夢追人」は紙芝居を続けて参ります。

 また、どこかでお目にかかりましょう!

 あっ、申し遅れました、株式会社 〇〇建設入社予定の☆☆です!

 新しい家を建てたいとお考えのお方、リフォームをお考えのお方、古民家再生にご興味のあるお方、未熟者ながら私☆☆が、こころを込めてアテンドさせていただきます。

 そちらの方面でもご愛顧いただけます様、謹んで宜しくお願い申し上げます!

                   よろず語り部 夢追人 九拝

12月27日 三豊市内の放課後児童クラブ巡り、プラス2箇所


 本日は、南の方の放課後児童クラブにお伺いした!

 相変わらず演目は、

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」(大型紙芝居)

 この二つの放課後児童クラブは、何校かの小学校が合併してできた小学校のクラブなので、とんでもなく児童数が多いのか?と思っていたのだが、そうでもない!

 ボクが勤務してた頃とそんなに規模が変わらず、丁度よいくらいの状態で紙芝居を観ていただくことができた。

 しかし、〇〇町のクラブは、以前もそうだったけど、クラブハウスが変わっている!

 以前は町議会の議員控え室が居室で、議場が運動場代わり。

 あの時、紙芝居は議場で演らせていただいたんだよね...。(笑)

 今度はログハウスの居室だ!

 いや〜、あの雰囲気の中紙芝居をできたのは、ボクにとってもいい体験でした!

 そろそろ、今年の放課後児童クラブ巡りは終了かな?

 皆、また会おう!

                     よろず語り部 夢追人拝

12月26日 三豊市内放課後児童クラブ巡り、プラス4箇所


 本日は、昨日の面接の結果が知らされるXデーなんだけど、家にいて待っていても落ち着かないので、相変わらず放課後児童巡り行脚!

 午前中は1箇所だけ。

 午後から3箇所連チャン!

 演目は統一の

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」(大型紙芝居

 そして、2箇所目だけ、アンコールがあったので追加で「あひるのおうさま」(大型紙芝居)。

 これで市内の放課後児童クラブ11箇所目。

 もちろん、全部は巡り切らないと思うけど...。

 まだ行けるかな〜?

 ところで現状、まだ「サクラサク」の一報はいただいておりません!

 ドキドキするぜ!

 しかし、本日は大所帯のクラブが多かったのだけど、やはり大型紙芝居の醍醐味!

 これがB4サイズだったら、こうは行かないよな?

 大人数でも大きければ安心して演れる。

 しかし、どうしても子供たちが前に座りたがるのは変わらない。

 「そんな前に座ったら、首が痛くなるぞ〜!」と言っても聞かない。(苦笑)

 急な訪問を受け入れて下さいましてありがとうございました!

                     よろず語り部 夢追人拝

12月25日 怒涛の三豊市放課後児童クラブ6カ所巡り


 残念ながら、写真はないんだな〜!

 本日、夕方仕事の本面接があるので、それまで紙芝居三昧!(笑)

 今日も、前回に引き続き大型紙芝居特集。

 そして、全演目統一で一気に巡る!

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「じごくのそうべえ −後編−」(大型紙芝居)

 10時過ぎの〇〇を初めに午前中三カ所。

 昼食のうどんを挟んで午後に三カ所。

 いや〜、あっという間だった〜!

 面接がなきゃ、後2カ所は行けたんだけどな〜。(笑)

 同じ演目を、ほぼ同じ演り方で演じたはずだけど、微妙に受ける場所、受け方が違って面白かった!

 各放課後児童クラブのリーダーさま、指導員の皆様、突然の訪問で失礼いたしました。

 懐かしい先生方のお顔を久しぶりに見ることができ、再会を喜び合えてよかったです。

 引退を間近に控えられた先生もおられて...。

 初めてボクを見た方々、またお伺いすることもあるかと思いますので、ボクのことを覚えていて下さいね!

 皆、メリークリスマス!

 ニセサンタによるサプライズプレゼントでした〜!

                   よろず語り部 夢追人拝

12月24日 「まろっ子ひろば」→「児童デイサービス・かみふうせん」にニセサンタ登場!

RIMG0271.jpg
 はい、お友達に「ど〜ぞ!」できるかな?






本日、高松に用があったので、ドライブがてらチビを伴ってお出かけ。

 もちろん、車には紙芝居道具を積んでいる!(笑)

 途中、いろいろなところで道草しながら、まず最初に寄ったのは「まろっ子ひろば」。

 この前は居室での紙芝居だったけど、本日は外遊びだけの解放。

 二組の親子連れがいたので、早速演って来た。

本日のお題(まろっ子ひろば) 「くれよんさんのけんか」「ごきげんのわるいコックさん」(大型紙芝居)

 先日の放課後児童クラブ以来、大型紙芝居セットを積んだままだったので、本日は大型紙芝居のみの上演。

 流石にイブで子供は少なめだったけど、ちゃんと声を出してくれたし、記念写真タイムも楽しんでいただけたみたい。

 で、また、高松の何ヶ所かをブラブラ巡って、今度は「仏生山大名行列」でいつもお世話になってる「児童デイサービス・かみふうせん」さんに乱入!

 こちらもイブで少ないかと重っったのだけど、これは嬉しい誤算。

 沢山の児童に観ていただけてハッピー!

 職員さんも多めでこれまたラッキー!

本日のお題(児童デイサービス・かみふうせん) 「おだんごころころ」「じごくのそうべえ −前編−」「地獄のそうべえ −後編−」(大型紙芝居)

 これまた結構盛り上がってくれて、クリスマスイブに紙芝居の実演を届けた甲斐があった!

 「皆〜、メリークリスマス&ハッピーニューイヤー!」

 またその内会おうぜ〜!

 で、カフェ・アジールでクリームブリュレをチビにご馳走し、おやじの道草ドライブに長々と付き合わせた礼をして、本日は終了!

 紙芝居もそろそろ演り納めかな?

 恒例の「年越し蕎麦の集い」が残ってるけど...。(笑)

                     よろず語り部 夢追人拝

12月23日 「えほんのへや」さんの「クリスマス会」を見学

RIMG0130.jpg RIMG0114.jpg RIMG0116.jpg RIMG0164.jpg RIMG0169.jpg RIMG0174.jpg RIMG0157_201812231533458bb.jpg
                              小さい写真はクリックで拡大表示





昨日に続いて、三豊市の読み聞かせボランティアさんによる、「おはなし会」を見学して来た!

 今回は、大変お久しぶりの「えほんのへや」さんの「クリスマス会」。

 かつては、うちのチビを連れてよく行ってたな〜。

 会員の方には、「何年ぶり?」と言われる始末...。

 だってね〜、もう中学生だもん、着いて来てはくれなくなって久しいもん!

 相変わらずキャラの立った、芸達者な方々の集団で飽きさせない!

 笑いあり、歌ありの一時間だった。

 ちょっと小さめの絵本がメインだったのが残念ではあったが、ちびっ子相手に10作品も保たせるのは至難の業。

 間の劇や歌がいい感じに刺激なって、最後まで集中して観てましたね。

 因みに、ドレス三姉妹の中で、キーボードを弾いてるのが高校時代の同級生!

 彼女との立ち話の中で、以前、財田の「鮎返りの滝」で再会した同窓生の彼女も、この「えほんのへや」の会員さんだということが発覚!

 うわ〜、皆繋がってるな〜。(笑)

 本日は残念ながら紙芝居はなかったのだけど、パネルシアターは盛り上がってたし、同級生の演奏も聞けたし...。

 そして、貴重な男性の会員さんも見ることができたし!

 行ってよかったと思いました。

 「えほんのへや」の皆さま、ありがとう!

 できたら...。

 「クリスマスメドレー」、一曲でいいから子供たちと一緒に唄いたかったです!

                      よろず語り部 夢追人拝

12月22日 みとよ未来図書館で、「おはなしの会たかせ」さんの「おはなし会」見学

2018122210580000.jpg
 ラストは紙芝居「かさじぞう」(教育画劇版)






 昨日の延長戦で、放課後児童クラブ巡りと洒落込もうと思ったのだけど...。

 流石に三連休の初日、土曜日は休所だったらしく...。

 そのまま家に帰るのも癪なので、みとよ未来図書館に立ち寄る。

 入館は二度目かな?

 「漫画でも読んで...。」と思っていたのだが、入り口に「おはなし会」の案内が...。

 「赤ちゃんコーナー」では、既に「おはなしの会たかせ」の会員さんが紙芝居の舞台をご用意されておられ...。

 「こりゃ〜、いいタイミングに来た!折角だから見学して帰ろう。」

と思ったのだが、館内に子供の姿が見えない。

 そもそも、午後の「おはなし会」ではなく、午前のは珍しい!

 「このまま誰も来なかったら、おっさん1人相手には演ってくれないだろうな〜。」

そう思っていたところ、この前の「Okiru食堂」でもお会いした母子が入館されて来た!

 しかも、「おはなし会」に参加されそうな様子。

 彼女らについて、ボクも見学をお願いした。

 スタッフは女性3人。

 大型絵本などを交え、クリスマス関係の絵本も入れながら、四作を読み聞かせ。

 そして、最後に登場したのは、紙芝居「かさじぞう」!

 しかも、ボクが普段演じている童心社版「かさじぞう」ではなく、教育画劇版の「かさじぞう」。

 実は、ボクは両作とも所蔵しているのだが、もっぱら童心社版ばかりを演じているのだ。

 それは、歌を唄うシーンがあるからなんだけど...。(笑)

 教育画劇版は、おじいさんがおばあさんの織った布を売りに出るのではなく、薪を売りに出る設定だしね...。

 そもそも、ボクは教育画劇版を人が演じているところすら、観るのが初めてだったのである!

 だから、「おはなしの会たかせ」のスタッフさんに、その旨と感謝の気持ちをお伝えした!

 子供たちには、お土産に「ブタ・たぬき・キツネ・ネコ」の折り紙と、みかんがプレゼントされた。

 ボクもみかんを手渡された。(笑)

 で、皆が帰った後、少しだけお話をすることができた。

 どうやら、彼女たちは一度「さぬきの国 紙芝居サミット」を見学しに来て下さったことがあったらしい!

 午前中の部だけだったらしいのが、是非、機会があったら、新しくなった「瀬戸内 紙芝居サミット」に参加して欲しいものだ。

 可愛い母子連れさんのお陰で、紙芝居を観ることができてよかった!

 ありがとう〜!

                      よろず語り部 夢追人拝

12月21日 ○○放課後児童クラブに大型紙芝居で再訪


 本日、ふと思い立って○○放課後児童クラブを再訪して来た!

 多分、今日が終業式で、本日冬休みのクラブの初日だったんだよね。

 お陰で、この前とは児童の数が違う!

 そして、何故か男子高校生の姿が...。

 「ん?児童のお兄ちゃんでも遊びに来とるんか?」

 最初はそう思っていたのだけど...。

本日のお題 「おだんごころころ」「じごくのそうべい 前編」「じごくのそうべい 後編」 (全て大型紙芝居)

 ミニ拍子木持参だったもんで、そこいら中から拍子木の音が聞こえる状態での実演。(苦笑)

 男子は高校生の膝の上で...。

 「オレが指導員だった時は、女の子がもぶれついて来たけど...。最近は男子が甘えん坊さんか〜?」

 さらっと三作を演り、早々に撤収!

 おやつの時間の前だったんでね...。

 長居は無用です!(笑)

 車に荷物を積みに行ってたら、先生がおやつのイチゴをお土産に持たせて下さった。

 済みませんね...。

 今日はボクが指導員として在籍していた当時の先生がおられ、再会を懐かしんだ。

 またまた O さんにも会えたしね...。

 ところで、件の高校生、実はバイトの指導員らしい!

 三豊市直営の放課後児童クラブではなく、NPO法人主管なので、それが可能みたいだね。

 大人の先生方も、「よく子供たちと遊んでくれる!」と喜んでおられた。

 突然の訪問、失礼しました。

                     よろず語り部 夢追人拝

12月17日 西香川病院の病棟に久々の慰問紙芝居

48384714_905497279659386_1821991467028054016_n.jpg 48362961_1819057141556054_5722902948208443392_n.jpg 48382470_466802157057390_6792165829988319232_n.jpg
                  写真撮影 白衣の天使   下段の写真、クリックで拡大表示





 今まで、いつも日曜日に慰問紙芝居をさせていただいてた。

 でも、現在転職で平日も空いているタイミングなので、少しでも職員さんの手が足りている平日にお伺いしたいと思っていた。

 上の写真の様に、車椅子では観られない方も多い。

 ベッドを移動させるのは大ごとなので、どうしても職員さんの手を煩わせる。

 人手が要る!

 今回、早めにこの日を候補日とご提案いただいていたのだが、「行けそうです!」と返事をして、ボクはそれで決定事項と勘違いしてた...。(苦笑)

 保留扱いだったんだね?却って振り回して申し訳ないです...。

 が、受け入れていただいて、ありがとうございました!

 ちょっとクリスマス気分を入れて、真っ赤な作務衣での訪問。

 白い髭の代わりにマスク!(本当はちょっと鼻風邪気味。インフルも流行ってるし...。)

本日のお題 アカペラ「きよしこの夜」(英語バージョン)「昭和の窓」「父のかお 母のかお」「花咲き山」

 後半二作は、ちょっとしっとりしたお話だったから、余り笑い声とかなかったけれど、熱心に聞いてて下さったと思う。

 車椅子のおばあちゃんには、「紙芝居道場こめ蔵」でいただいたおじゃみ(お手玉)を握っていただいた。

 また、何人かの方にはミニ拍子木も叩いて貰った。

 日曜日がお休みのスタッフさんが、「初めて観れた!」とご挨拶に来て下さった。

 やはり、平日に来所できたのはよかったみたい。

 終演後、みどりちゃんとボランティアに来られてた、院内のカフェマスターのYさんとお茶をして雑談。

 お二人とも、「よろず歌唄い 夢追人」として音楽イベントでご一緒させていただいてるご縁。

 しばしフリーライブ参加を自粛してる身なので、久々にお会いできてよかった!

 みどりちゃん、沢山写真を撮っていただいてありがとう!

 カメラ目線のものが結構あって、自分でも笑った。(苦笑)

 照れ臭いので、三枚に絞らせて貰いました。

 ご了承下さい!

 今後共宜しくお願い申し上げます。

                    よろず語り部 夢追人拝

12月16日 「箱裏マルシェ」に「押し掛け紙芝居屋 夢追人」

_DSC0014_20181217094302c77.jpg
 天気が保ってよかった!このベンチがボクのメイン舞台でした。




箱浦ビジターセンターで行われるマルシェイベントには数年前、飛び入りで参加させていただいた。

 その後、主催者が三豊市ではなく、まちづくり推進隊詫間に移行したらしいのだが、全くご無沙汰のまま第8回目を迎えていたらしい!

 知人のFBでその開催を知り、予定的には行けそうな感じだったので、まちづくり推進隊詫間さんのFBコメントを通じて、押し掛け乱入上演の可否を問い、今回参加のお許しをいただいた。

 「押し掛け紙芝居屋 夢追人」を自称しつつも、完全に当日の飛び入り乱入をする訳じゃない!

 一応、事前にお問合せはするのだ!

 ただ...。

 出店者募集の時期に応募はできない!

 全く予定が立たないので...。

 本当は企画段階から関与すべきだとは思うのだ。

 だが、きっちりとカリキュラムに組み込まれるのは好きじゃない!

 あくまでもボランティア、あくまでも隙間産業(産業でもないけど)!

 身体が空いたら、ふわっと行って、さらっと参加して、しゅっといなくなるのがいい。

 「どこでも、いつでも、誰にでも」を標榜している、紙芝居のおっさんは神出鬼没。

 偶然出くわすからいいのである!

 もちろん、当日対応が大変で主催者の方にはご迷惑がかかる。

 だから、その時の都合で断って下さってもいいのだ!

 実演場所も、きちんとご用意いただかなくてもいい。

 どっか隙間を見つけて、端っこで演る。

 街頭紙芝居とはそんなものだ。

 今回は特に沢山の出店者さんがおられ、正直、断れるのが前提のダメ元打診だった。

 雨の予報もあり、当初、推進隊の担当者の方からはビジターハウス内をご提案された。

 でも、中も出店者でひしめき合っており、また、知人もマッサージなどで出店していて、リラックスムードを壊すといけないので屋外での上演を選択させていただいた。

 うるさいのでね...。(苦笑)

 矢車型のベンチが邪魔で、そのスペースが出店の隙間になってたので、そこに三脚&舞台をセッティング。

 開会の挨拶終了後、すぐさま紙芝居を開始!

本日のお題 「アンパンマンとおばけさわぎ」「アンパンマンとおむすびまん」「アンパンマンとばいきんまん「うどんくんとおそばちゃん」「おりょうりだいすきエプロンさん」「あかんぼばあさん」「さぎとり」「あんもちみっつ」「かっぱのすもう」 順不同







 最初は皆、買い物に夢中な感じで余り人が集まらず、隊員さんのお嬢ちゃんがず〜っと観てくれて、いい感じの盛り上げ役になってくれていた。

 途中お母さんに連れて帰られるまで、ほとんど全作観ていたんじゃないか?

 彼女らはメインステージでのアトラクションにも積極的で、演者のそばでいいキャラをしていた。

 コマツリーさん、いいお客さんで助かってたよね?お互い...。(笑)

 途中、コマツリーさんのライブ、寄贈されたケヅメリクガメの命名式、エキサイト中條さんのライブもあった。

 実はエキサイトさんは、「よろず歌唄い 夢追人」としての、ライブ仲間!

 紙芝居は放ったらかしで応援に徹する。



 相変わらず、アツい男っす!

 で、その熱気にやられ、本当はベンチのとこでこそっと演るつもりだった計画があったのだけど、スタッフさんに無理を言ってメインステージで一作だけ演らせていただくことに...。

本日のメインのお題 「うらしまたろう」(「海の声」のアカペラ歌唱付き)

 やっぱりね、「うらしまたろう」の舞台となった香川県三豊市詫間町の箱浦地区ですから...。

 ここで演らない訳にはいかないでしょう?



 ちょっと観客が遠かったけど、そろそろイベント終了、雨も降り始めるか?というタイミング、無理矢理な紙芝居乱入&対して上手くもない歌の押し売りで大変失礼いたしました!

 今回のイベント、何気に同級生・知り合い・旧知の人との再会が多く..。

 やはり地元のイベントは温かいな!

 終了の14時を迎え、パラパラと雨粒が落ち始めた。

 ボクはまず紙芝居道具を撤収し、ほんの少しだけではあるが、机や椅子やテントの片付けを手伝って現地を後にした。

 ここのイベント、運営スタッフの年齢層がちょっと若い!

 うちの自治体は、公民館活動をされているお年寄りがメインの働き手だが...。

 準備片付けの労力はもちろん、企画運営から若手が参画しているのはいいことだと思う!

 また、来場者と思われる若手が撤収に手を貸していたのもいい!

 イベントは皆で作って、皆で楽しんで、皆で片付けるのがいい!

 これからはそんな遣り方でいかないと、地方のイベントは成り立たないと思う。

 ここに見習うべき点は多いと感じた。

 兎にも角にも、「押し掛け紙芝居屋 夢追人」皆様には大変お世話になりました!

 特に、隣に出店のされておられた、ダイシモチ麦の方々、試食やほうじ茶ラテ・カフェラテを差し入れいただいて誠にありがとうございました!

 喉に優しくて助かりました。

 また、うるさくして済みませんでした!

 少しは集客にご協力できてたらいいのですが...。

 邪魔にしかなってないか?(苦笑)

                    よろず語り部 夢追人拝

_DSC0021_20181217094303057.jpg
遠巻きではあるけど、わざわざ集まって下さった人々...。ありがとうございました!

12月15日 「紙芝居道場こめ蔵」での「アンティーク紙芝居の展示・上演会」

RIMG0195.jpg RIMG0068.jpg RIMG0182.jpg RIMG0059.jpg RIMG0038_20181216050202eab.jpg RIMG0010.jpg RIMG0011.jpg RIMG0013.jpg RIMG0063.jpg RIMG0064.jpg RIMG0157.jpg RIMG0066.jpg RIMG0176.jpg RIMG0117_20181216050209571.jpg RIMG0079.jpg RIMG0077.jpg RIMG0159.jpg RIMG0171.jpg
 新旧「わらしべ長者」を比較実演するまさちゃん。 小さい写真はクリックで拡大表示







随分前からお誘いを受けていたので、本日、「紙芝居道場こめ蔵」での「アンティーク紙芝居の展示・上演会」に行って来た!

 まさちゃんこと、石井昌文さんが収集した、戦前戦後のアンティーク紙芝居の展示イベントに...。

 合間に、「わらしべ長者」(旧 65年前くらいの作品)と「わらしべちょうじゃ」(新 28年くらい前の作品)を同時に上演して、その細部の変化、伝承の危うさを検証する企画もあった。

 一人でず〜っと演ってると声も保たないので、「あんたも演っていた!」(いたは東讃岐の方言で、して下さいの意)と言われ、ボクも実演はやりたいと思っていたので、開場後、ある程度人が集まるまでの間、場保たせに先行して上演を開始!

本日のお題 「あかんぼばあさん」「かさじぞう」「花嫁さん」「昭和の窓」「愛染かつら」「父のかお 母のかお」「さらやしきのおきく」「おっぱい山」 順不同

 これは10時・13時・15時の本公演に併せて演った紙芝居である。

 今回は動画の数も多いので、リンクを貼らない!

 興味がある方は、facebookに飛んで再生して視て欲しい。

 この後、石井さんが手持ちのアンティーク紙芝居と、地元地域の偉人を題材としたオリジナル紙芝居を本公演として演じた。

石井さんのお題 「わらしべ長者」(旧 65年前の作品)「わらしべちょうじゃ」(新 28年前の作品)「ソロモン海戦」「たけいっぽん しおいっしょう」「小村田之助」(地域の偉人 オリジナル) 各公演に一回づつ 順不同

 また、石井さんはウクレレギター漫談(牧伸二)をし、ウクレレ弾き語りで「スキー」・「薔薇が咲いた」なども唄われた。

 それが今回のメインエベントなので、一部の動画を公開しよう!















 「電話で告知しただけや!」とおっしゃっておられたが、朝日新聞・四国新聞にも記事が載ったらしいので、まずまずの集客だった。

 新旧「わらしべ長者」の比較、戦中紙芝居の実演後には、初老の方々よりいろいろな発言が出て、盛り上がりを見せていた。

 観客の中には、所謂郷土史研究家的な方もおられ、紙芝居の制作時期や、その時の時代・文化的背景などにも質問が及んだ。

 石井さんもボクもタジタジである!(苦笑)

 レポは詳しく書こうと思うと際限ないので、この辺にしておくけれど...。

 最後になりましたが、ず〜っと2階で照明担当をされておられた方、外で来場者の誘導をされておられた方、風の入る入り口でず〜っとモギリをされておられた石井さんの奥様、本当にありがとうございました!

 今度は、年明けの1月26日にバラエティーに富んだ演目でまたイベントを開催されるらしい。

 ご案内があったら、また、紹介記事を載せるので、興味のある方は是非、「紙芝居道場こめ蔵」に足を運んで欲しい!

 もちろん、まさちゃんは紙芝居を演じられます!

                   よろず語り部 夢追人拝

_DSC0065.jpg
もちろん、ボクも幕間に演って参りました!

旧知の方と、紙芝居関係者としての再会

2018121414240000.jpg
 「高室舞台」オリジナル紙芝居「つくもやまのしずかひめ」






ハローワークに行った帰り、「駄菓子屋ひなた」に立ち寄り、おやつ用のブタメン各種を大人買いした。(笑)

 お店の奥では、大工さんが工事を行なっている。

 オーナーさんと立ち話をしていて、前回紙芝居をしに来た時に、知人の富原さんが奥を使いたいとオーナーに言っていたのを思い出した。

 「ああ、工事が始まったんだな?」

くらいに思っていたら、どうやら富原さんご本人らしい!

 ボクはブタメンの袋を車に放り込むと、彼のところにご挨拶に行った。

 先日、「どろんこ亭」での紙芝居の後、「観音寺の方で夢追人さんのこと知ってるって言う、お芝居をされてる人が来ましたよ!」と聞いていた。

 多分、富原さんのことだと思ったのだ。

 そして、それは正解だった!

 今度の日曜、彼の所属しているグループで、「どろんこ亭」でイベントを開催するらしく、その準備をしているらしい。

 色々お話をして帰ろうかと腰を上げたら、

 「そう言えば、紙芝居って見ましたっけ?ボクが作った奴。」

 「いや、見せていただいてませんよ!」

 そう言って出してくれたのが写真の紙芝居!

 「高室舞台」富原稔 作・絵 オリジナル紙芝居「つくもやまのしずかひめ」

 横幅1メートルはある、大型紙芝居だ!

 しかも、切り絵で、自分でグラデーションに染めた和紙を透かしてある。

 これは是非、現物をアップで観ていただきたい!

 今回のイベントでも上演されるらしいのだが...。

 年に一回、2月に開催される観音寺市室本の九十九山のウォーキングの際に、山上の城跡で定期上演されるみたいだ。

 この紙芝居を担いで山を登るとのことで、大変である!

 以前、紙芝居にご縁があるらしいことはお聞きしたことがあった。

 その際、「さぬきの国 紙芝居サミット」への参加を頼んだのだが、その時は実現しなかった。

 今回、改めて「瀬戸内 紙芝居サミット」への出演をご依頼した!

 多分来ていただけるんじゃないかな?

 もう一作、オリジナルがあるらしいので、少なくとも2作品は上演できる。

 しかも、鳴り物や音響もご持参いただいての上演となるらしい!

 いや〜、「駄菓子屋ひなた」に寄ってよかった!

 そして、彼に声をかけてよかった!

 元々知っている方ではあったが、今度こそ紙芝居関係者としての邂逅を果たせた様に思う。

 「瀬戸内 紙芝居サミット」の候補者1名ゲットだぜ〜!(笑)

                    よろず語り部 夢追人拝
ご挨拶

 よろず語り部 夢追人

Author: よろず語り部 夢追人
香川県三豊市在住。

 非営利で、紙芝居と絵本の読み聞かせパフォーマンスをしている、ひげのおっさんだよ。よろしくね!十八番は、かがくいさんの作品。ばいきんまんの声色、鬼や、閻魔や、やまんばなどの怖いもの系!がらの悪い坊さんとか...。

追伸 ボランティアではありますが、イベント出演を依頼された場合、交通費と任意で謝礼金をいただいております。これは活動への協力応援金として受け取り、専用口座に一度入金した後、紙芝居の購入などに充てております。一切自分の懐には入れていません。

 有料での紙芝居上演・公演には当たらないという認識でおります。

 ご理解いただけると幸いです!

   よろず語り部 夢追人拝

新ネタ
新コメ
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お品書き
よろず語り部の伝言板
メール(ご意見・イベント出演依頼)

名前:
メール:
件名:
本文:

おっさんの仲間
夢とも会員申請フォーム

この人とブロともになる

ジョーのクロスカウンター
昔の記事も見て頂戴!

全ての記事を表示する

月別一覧